我傍的、ここだけの話

吉野圭のプライベートブログです。自作品『我傍に立つ』裏話と世間雑記、占星術メモ
 メニュー・新着

-

「業病」などという発想は誤り。前世、転生思想を差別に使うな

東アジアは逼迫した情勢となっていますが、ここでは軍事や政治の話は避け、スピリチュアルと占星術に関わる話を続けています。一つだけ、世間話のうち当ブログにも関係するのではないかと思った話。8/2 文章の読みやすさのために少々推敲石原氏の「ALSは業病」発言問題のニュース。⇒石原慎太郎氏、ALS「業病」発言に異論続出 取材依頼も...関係者通じ「丁重にお断りしたい」⇒石原慎太郎氏「業病のALS」投稿を謝罪ツイートも…...
-

誹謗中傷を考える …この悪意に満ちた世界をどう生き抜くか?

遅い話題かもしれませんが少々世俗語りです。HK弾圧法案や米国のデモなど書きたいことは山ほどありましたが、ここで触れると支障があるので避けました。余裕があればまた別館にて書きます。ここではもう少し身近な話をしましょう。本当はこれこそ暗い気分になる話だからやめようと思っていたのですが、見て見ぬ振りをして黙るのも暴力をふるう側に加担することになる。ですから亡くなられた人々のために、具体的な話をすることにし...
-

心優しきワニくんの100日を読む。ダラダラ過ごす日常の幸福〔追記あり〕

きくちゆうき氏ツイートより引用昨日また、前世の死の光景などを思い出して振り返りをしていたのだが。そんな「死」について考えていた昨夜、奇遇にも有名な『「100日後に死ぬワニ」』が最終回を迎えていたらしい。 ⇒「100日後に死ぬワニ」(ねとらぼまとめ) 一気読みできます ※いきものがかりコラボ動画は削除しました。理由は下に追記。感想この作品のことを噂では知っていたのだけど、私は流行を追うのが苦手なので、ツイッ...
-

「魂は恐怖を付けて生まれて来る」友人に教えてもらった話

先日、古い友人からメールをもらい懐かしくて歓喜していました。圧倒の悪意に触れてここのところ疲れていた気持ちが蘇るのを感じました。人の力は凄まじいものだなと思います。死ぬほど心を疲れさせるのが人の悪事なら、蘇らせてくれるのも人の善意。そんな力をくれる友人が「夢で見た」という話を教えてくれたのですが、私は感覚的にスピリット界に触れる話だと感じました。昔は霊感などない友人だった気がするのですが…(笑)、し...
-

生き残っていることに感謝、という話

(別館更新報告だったのですが、ここへ移動しました)これはいつも書いていることの繰り返しかな。 『今生きている人は皆がサバイバー。生きる意味を探すより生を肯定して歩こう』スピリチュアルも占星術も抜いた現実限定の話だからこそ、説ける話もあります。(もちろん裏付けとしての体験があるから言えるのだけど)この種の話は賛同も批判も両方あるはず。でもとにかく平和だから単純に幸福とは言えない、ということは確か。平...
-

今生きている人は皆がサバイバー。生きる意味を探すより生を肯定して歩こう

〔はてなブログで書いた移動記事です〕 今週のお題(はてな)「人生最大の危機」に乗って書いてみます。 私にとっての危機は十代の頃 自分の人生で最大の危機はいつだったのかと考えてみると、やはり前も書いたように思春期の頃だったと思う。 インポスター症候群で危うく死ぬところだった。 平和な国で特に大きな病気をすることもなく育ったのに、自分で自分を殺しかけていたという。 再掲: rtk3alliance.kslabo.work あの後...
-

樹木葬はどうなのか? 死者にとって最も良い埋葬スタイルとは

ここのところ義父の墓を探してあちこち見学へ行っていた。義父が亡くなったのは今年始めなのだが、しばらく墓地を探す時間がなくて骨壺のまま自宅に安置していた。せめて夏までには埋葬したいと思い、急いで探し始めたもの。色々見て回った結果、高台にある眺めの良い霊園でほぼ決定。うちは後継ぎもないし、義父も古風な墓に納まることは嫌がるはずの現代的な人だったから、最近流行りの「樹木葬にしよう」と家族会議で決まった。...
-

現世か来世に傾き過ぎる危険と、見かけだけの平等へ走る者の末路

検索していて秀逸な記事を見つけたのでご紹介。『てんきゅうぶのはてダ(仮題)』さんより ⇒現世と来世の危ういバランスもし、人生というものが「たかだか一世紀弱生きて、死んだらそれでパー」というだけのものでしか無いとしたら、人間は現世における目先の快楽のみを追求し、将来へ向けた活動、例えば勉強なり社会貢献なりを行う基盤が全く失われてしまうことになる。そのいきつくところは利己主義と拝金主義でしかなく、だから...
-

スピリチュアルで死の悼(いた)みは癒せるのか? 死後世界を確信することの効能

ここのところ近親者が世を去ったことについて書いていたので、ご心配をかけてしまったかもしれません。温かいメールをいただいています、ありがとうございます。ようやく手続きも落ち着いてきて、今週末は休みが取れそうです。ゆっくり寝ますのでどうかご心配なさらず。前世記憶があることのメリット・デメリット皆様ご心配の心理面について。今のところまだ自分にとって少し距離のある親世代を失くしただけなので、私のダメージは...
My profile

Author : 吉野 圭

勤め人。趣味は読書、占星術。
一見様はこちらへ。
→プロフィール・お奨め記事

【お願い】
当ブログの記事を気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)

記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

検索フォーム

Translate,翻譯

過去ログ v Co リバース

管理者 別サイト

現在位置

トップ > タグ「死生観」

このブログはPG12です。→保護者の方へ