このタグの記事は見つかりませんでした。

v画像

続きを読む

本は雑読がおススメ。現代の毒書で魂を喰われないために

お気付きの方もいるかもしれませんが、少し前に読書ブログ『On a rainy day』を削除しました。もう更新する予定もないので。しかしここのところ読書に関する記事がクリックされることが多いため一部ここで復帰させています。たとえば・二流の読書でバカになる? 広く浅くの雑読を後押しする、嬉しい言葉とか。読書レビューは少なめにしていますが、よくクリックされている・『アルジャーノンに花束を』は、あなたを知る物語である...

v画像

続きを読む

毒に気付いたので、水瓶座の表現を改善しました

「水瓶座の時代」と大声で叫ばれるようになってから、水瓶座の解釈が注目されているようです。それでアクセスが上がりたまたま気付いたのですが、占星術ブログ「水瓶座のオーソドックスな解説」ページに不適切な表現がありました。改善したことをお知らせします。⇒12星座の基本解釈【水瓶座】以前の文章には“全体的な共感”や“個を超えた”という表現があったのですが、これは水瓶座が全体主義だと誤解されかねないニュアンスミス...

v画像

続きを読む

サイコメトラーが歴史の真実を解き明かす? 『アンビリーバボー』2024/3/27

歴史物ですが超常絡みなのでこちらで紹介しておきます。これは面白かった。サイコメトラー(超能力者)が残像思念を読み幕末の真実を解き明かす、というコンセプトの番組内容です。 ⇒『アンビリーバボー 超次元能力者VS歴史ミステリー』FODで4/10まで無料配信幕末好きの人から奨められて観たのですが、最初は正直「めんどくさいなあ」と思いながら観ていました。私はテレビ局が流す『歴史ミステリー』というタイトルの番組が嫌い...

v画像

続きを読む

「魂の性別と体の性別」へ追記。心が主なのに制度にこだわるのは矛盾では?

“復帰した”と言いながらなかなか更新できず、申し訳ないです。本当は「昨夜の『さよならマエストロ』感動した!」とかドラマの感想を書きたかったのですが、去年末テレビドラマで起きた悲劇のことなど色々考えてしまって褒めることに躊躇してしまいます。360度、罠ばかりの現代。褒めたコンテンツの裏に謀略があることもしばしば。素直に褒めることもしづらくなってしまって、息苦しい時代です。(まあ『マエストロ』に謀略があ...

v画像

続きを読む

80年代は蘇るか? 雑談として未来予測。占星術ジャンルの陰謀論に注意

2024年の春も近付いて参りました。あちこちで早咲きの桜がほころび始めていますね。今日は関東圏で雪が降っていて寒いのですが。春分を控えて占星術界隈は未来予測の花盛りです。私も暇があれば書こうと思っていましたが、今のところ昨年末に書いた話以上の見立てはありません。細かい予測をすればキリがないし、最悪想定は混乱を与えるだけなので(ここでは)やめておきます。昨年末の話:【別館】風時代、反転に酔うキャンセルカ...

v画像

続きを読む

“心が疲れる”理由。水瓶座否定の思考で擦り切れている

繰り返し書いていますが、最近は現世へ目を向ける時間が増えスピリチュアル本も読まなくなりました。…いや、もともとスピリチュアル本を自ら好んで読むタイプではなかったのですけど。以前は読者様からの紹介で読む機会が多かったのです。そんな紹介もここ数年なくなったのでほとんどスピ本を読んでいません。スピリチュアルジャンルそのものにも距離を置いています。たまにスピリチュアルジャンルを眺めれば、「人類は一つの生命...

v画像

続きを読む

元日からの被災にお見舞い申し上げます

夕方、日本海側大地震のニュースには驚きました。被災された方々へ心よりお見舞い申し上げます。元日から被災とは……。避難されている方々の辛さ恐怖を思うと胸が潰れそうです。まだ余震が続いているとのこと。どうか命を守ってくださいますように。一般人の身では何もできないのが辛い。被害のなかった地域に住む者としてできることと言えば、SNSなどの通信を邪魔しないよう発信を控えることくらいでしょう。(今のところ全国的な...

v画像

続きを読む

ドラマ版『パリピ孔明』が残念だった件、背後にいた人物

役者さんたちが頑張っているから文句を言ってはいけないと思って、あまり触れずに来た『パリピ孔明』ドラマ版の感想。世間ではどうなんですかね、盛り下がっているのではないでしょうか?辛口な感想と、盛り下がりを仕掛けた張本人がいたこと第一回目の放送こそ期待値で話題となったのですが、蓋を開けてみれば何か原作を薄めたような熱意のない展開……。アニメが良かっただけにこの盛り下がりは残念。「チキチキバンバンまあ~だ~...

v画像

続きを読む

みんな主人公になりたい? モブキャラとは何か(『フェルマーの料理』感想)

久々の雑談です。10/20から始まったドラマ『フェルマーの料理』、第1話から面白くて魅了されています。ドラマ感想数学者になる夢を絶たれて退学を言い渡され、人生を諦めていた高校生の岳。彼は自分を「モブキャラ」と呼んでいた。しかし有名なシェフに料理の才能を見出されて告げられる。「お前はモブキャラじゃない。主人公だ」素晴らしくスピード感があって意表を突く展開。しかも夢がある。マンガって凄いな。前期の『トリリ...

v画像

続きを読む

「主人」と呼びたくない、呼ばれたくない人たちの迷惑さ

リンチに明け暮れるメディアに疲れたため、今日は報道系を避けてライフハック系の雑学記事を眺めていました。ところが最近はそちらのジャンルも地獄のようです。わざわざ疲れる話を引用するのも申し訳なく思いながら…ちょうど先日当ブログで書いた話に関わりそうなので触れておきます。「主人」と呼ばれたくない人々先日小説内での君主の呼び方についての記事で、「主人」という呼称について言及しました。しかし最近は「主人」と...