Tag諸葛亮 1/12

「忠臣の鑑」という噂の真相 (3/19 20:08改稿)

  •  -
  •  -

三国志 Three Kingdoms「紅塵客棧(諸葛亮 劉備)」YouTube動画の感想

前記事でも書いたが、最近はYouTubeで古琴の曲にはまり流れで中国系の音楽を聴いている。どうも自分は古い時代の琴(日本の琴とは違う)の音色が好きらしいと気付いて。それで、オートで再生していると似たような分野の動画が再生されていくのだが、最近『新三国MV』というドラマ?映画?の映像が出ていたことに気付いた。気付いた、と言うのは、バックで音楽を再生して画面は見ていないから。台詞が耳に入って来たので何だろうと...

  •  -
  •  -

ネイタルから読める「バカ正直さ」もとい、「純粋性」について(返信で占星術の話)

ブタノハナ様、公開返信ですみません。内容的に他の方にも伝えたいと思いまして。連投で諸葛亮の話で恐縮ですが、占星術に絡めたお話です。諸葛亮が純粋だったと聞いてとても意外に思いました。私のイメージはやはり冷静で智謀に長けた方でしたので…。そうですね、あまり「純粋バカ」と言い過ぎるとフィクションファンからまた怒られそうですが、「純粋」は史実です。(私が言っていいのかと疑問を覚えつつ)客観的に史実を読み解...

  •  -
  •  -

劉備に関する記事へのご感想と、公平さについて(返信2)

B様メールへの返信、続きです。「劉備が一国一城の主になれたほんとうの理由」……読ませていただきました。吉野様が彼の君のことを語る筆致はほんとうにあたたかくて、読んでいてうれしくなってしまいます。なんのこっちゃとお思いになるかもしれませんが(笑いえいえ、「なんのこっちゃ」とは思いません。ありがとうございます。こちらこそ嬉しくなります。何故かお恥ずかしいですが。笑劉備には厳しめの突っ込みもしているのでフ...

  •  -
  •  -

別館「正史翻訳」を作りました。新記事ご報告

正史の翻訳が進んでいなくて、すみません。とりあえずこのカテゴリのみ独立させ、別館を作ったことご報告です。 ⇒三国志 正史 翻訳用ブログ文字だけだとオッサンなイメージ100%ですね。笑本来、歴史ジャンルはこういう雰囲気のほうがオジサンたちが入りやすいだろうと思うのですが。むしろここのようにスピリチュアルとか占星術の記事があるとオジサンは入りづらいのではないかと思います。(まあ、歴史マニアの男性はこん...

  •  -
  •  -

もしも裴松之がいなかったら。細かいエピソードが、どれほど有難いか(感謝の話)

  •  -
  •  -

志って、何だろう? 裴松之の怒りが理解できなかった件

(一般の方々にも関係ありそうな話なので、トップに上げておきます。若干、占星術にも関係あります)一昨日、翻訳して『諸葛亮伝2 少年期~青年期 』を上げました。ざっと解説を書き、後でまた修正・追記しています。ここは「テキストを適当に読み流すだけ」などという諸葛亮の性格タイプが正しく表れたエピソードが書かれていて、自分でよく知っていると思い込んでいた箇所。しかし裴松之(はいしょうし。三国志の注を書いた人...

  •  -
  •  -

諸葛亮の青年期

移動しました。  ⇒正史『諸葛亮伝』2 少年期~青年期...

  •  -
  •  -

「天意」再UPと、ネタ。#諸葛亮祈祷やめろ

前記事「形而上に片足を入れている」と書いた件に関連し、天気についての話を再UPしておきました。2015年記事。「マジか」などと口が悪くてすみません。現代育ちなもので。 →最近見た虹と、「天意」の話 これは、自分の現状を考えると「天気を動かせる人」などと誤解されたら嫌だなと思い、引っ込めておいたもの。天気をどうにかしてくれ、と依頼されても困るしね。そういったご依頼は絶対に受けませんので念のため。笑そんな...

  •  -
  •  -

孔明という名前(字)の意味

諸葛亮の字、「孔明」という熟語の意味を解説致します。※この記事は一人の実在人物の名について語ったものであり、名付けについての解説ページではありません。字(あざな)とは何かまず古代中国の名前について、基礎知識から。古代中国の成人は、「姓(氏)+名」とは別に「字」という呼び名を付けます。「字」は日本語で“アザナ”と読みます。日本で言う「通称」という意味のアザナ・あだ名とは違うので間違わないようにしてくだ...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com