Tag諸葛孔明 1/11

別館「正史翻訳」を作りました。新記事ご報告

正史の翻訳が進んでいなくて、すみません。とりあえずこのカテゴリのみ独立させ、別館を作ったことご報告です。 ⇒三国志 正史 翻訳用ブログ文字だけだとオッサンなイメージ100%ですね。笑本来、歴史ジャンルはこういう雰囲気のほうがオジサンたちが入りやすいだろうと思うのですが。むしろここのようにスピリチュアルとか占星術の記事があるとオジサンは入りづらいのではないかと思います。(まあ、歴史マニアの男性はこん...

  •  -
  •  -

もしも裴松之がいなかったら。細かいエピソードが、どれほど有難いか(感謝の話)

  •  -
  •  -

志って、何だろう? 裴松之の怒りが理解できなかった件

(一般の方々にも関係ありそうな話なので、トップに上げておきます。若干、占星術にも関係あります)一昨日、翻訳して『諸葛亮伝2 少年期~青年期 』を上げました。ざっと解説を書き、後でまた修正・追記しています。ここは「テキストを適当に読み流すだけ」などという諸葛亮の性格タイプが正しく表れたエピソードが書かれていて、自分でよく知っていると思い込んでいた箇所。しかし裴松之(はいしょうし。三国志の注を書いた人...

  •  -
  •  -

諸葛亮の青年期

移動しました。  ⇒正史『諸葛亮伝』2 少年期~青年期...

  •  -
  •  -

「天意」再UPと、ネタ。#諸葛亮祈祷やめろ

前記事「形而上に片足を入れている」と書いた件に関連し、天気についての話を再UPしておきました。2015年記事。「マジか」などと口が悪くてすみません。現代育ちなもので。 →最近見た虹と、「天意」の話 これは、自分の現状を考えると「天気を動かせる人」などと誤解されたら嫌だなと思い、引っ込めておいたもの。天気をどうにかしてくれ、と依頼されても困るしね。そういったご依頼は絶対に受けませんので念のため。笑そんな...

  •  -
  •  -

孔明という名前(字)の意味

諸葛亮の字、「孔明」という熟語の意味を解説致します。※この記事は一人の実在人物の名について語ったものであり、名付けについての解説ページではありません。 →名付けで調べている方はこちらの記事へ字(あざな)とは何かまず古代中国の名前について、基礎知識から。古代中国の成人は、「姓(氏)+名」とは別に「字」という呼び名を付けます。「字」は日本語で“アザナ”と読みます。日本で言う「通称」という意味のアザナ・あだ...

  •  -
  •  -

「蜀ファンへメッセージ」に対するお言葉に泣かされています(返信)

またこのジャンルへ戻り恐縮です。先日上げた『三国志ジャンルの捏造記事について +蜀ファンへメッセージ【拡散希望】』に関して、温かいお言葉や情報をいただいております。ありがとうございます。他にもご心配されている方がいるかもしれないので、差し支えのない範囲で、公開にて返信させていただきます。■中国事情について教えていただきましたまず、中国における諸葛亮評価についてたくさんの書き込みを教えていただきました...

  •  -
  •  -

蜀4

移動しました。  ⇒正史『諸葛亮伝』1 生まれ、幼少期...

  •  -
  •  -

八陣図の元型? 「ホロスコープは陣形から生まれた」説を考えてみる

歴史からSFスピリチュアル、果ては現代法律まで、我ながら色々書き過ぎているなと思います。多ジャンルが渋滞しているブログで、まことに申し訳ないです。占星術界隈の方々は最近かなり減った気がするな。言い訳しておくと、前も書いた通り「壬」気質なので興味が色々と分散してしまうのです。(あるいは、水瓶座気質と言ってもほぼ同じですが)SEO的にはたぶん最も不利な性格なのだろうと思います。笑やっと通常運営へ戻り、久し...

  •  -
  •  -

フィクション三国志の道徳観念(劉備の価値観)は諸葛亮が創ったのかもしれないという発見

毎度お邪魔様です。記事上げ。<<こちらの非公開記事「道徳教師か、自分? 再びのインテリ差別で激しく反応」より公開すべきところを抜粋しました。非公開記事より一部転載(『諸葛亮は曹操を目指していた!?』という女史の記事を読み)またしても「インテリ差別」され犯罪者扱いされた悲しきトラウマ――筆者自身の話です――を刺激され、反発してしまった。“バカの壁”を持つ人たち、二時間ドラマ的なチープな偏見フィルターを持つ...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com