我傍的、ここだけの話

吉野圭のプライベートブログです。小説裏話、前世+占星術
 メニュー・新着

-

羊文学『光るとき』は人類への応援歌

あまり「音感弱い」などと宣伝していると、全く音楽を聴かない人間だと思われそうですが。そこまで重症ではありませんので念のため。ただ若干、音楽が苦手でアーティストの名にも疎いというだけのこと。たまたま耳にした曲で、歌詞が良かったりすれば聴きますよ。(やはり言語優位タイプで歌詞がポイントなのかもしれない)だから最近はボカロ系「歌ってみた」ならよく聴きます。ネガティブなことでも歌えるようになってきた最近の...
-

灯になりたいという夢、叶っていたようで嬉しく思います【返信】

少し遅くなりました、N様より3/23にいただいたメールの返信です。引用させていただきます。 はじめまして! いつもブログ読んでいます。 お伝えしたいことがいろいろ増えましてご連絡いたします。 僕はここ数年、思索も人生も迷宮入りしちゃってたんですけど、吉野さんのブログからたくさんヒントをもらって、立ち往生してた思索がとっても進んだんです! といってもまだ、立ち位置も定まらないコドモではあるのですが。 真...
-

「戯けて笑うのは この道が暗いから」せめて灯りになりたかった

〔tumblrで引用・コメントした文ですがあまりにも素晴らしくて、長く残したかったためこちらに転載〕憂鬱が風に散らばりyuuutsu ga kaze ni chirabari憂鬱隨風飄零吹き溜まって 影になるfukidamatte kage ni naru聚堆成影僕らの足音は 無用を饒舌に諭すbokura no ashioto wa muyou wo jouzetsu ni satosu我們的腳步聲喋喋不休說著徒勞君の瞳の深さを覗き見て狼狽えるkimi no hitomi no fukasa wo nozokimite urotaeru在窺探你雙...
-

伝説のミステリー『MONSTER』『BANANA FISH』など、往年のアニメで息抜き

雑談その2。息抜きのために最近は無料配信のアニメを観始めた、と前に書きましたね。『呪術廻戦』はさすがに若向け過ぎて途中でギブアップしています。すみません。『鬼滅』とは違った。今は昔のマンガ原作のアニメのほうが良くてはまっています。結局、年寄りはこうなる。笑少し、今観ているアニメの感想を書いていきます。BANANA FISH『BANANA FISH』(リンクはWikipedia)という1980年代に連載されていた漫画のアニメを...
-

最近見る夢は日常ばかり

〔常体記事。呟きです〕季節はずれだけど春によく聴いたこの曲のMVをまた、眺めている。(ヨルシカ - 春泥棒)切な過ぎて怖いな。あまりの切なさ、愛おしさ、美しさに胸を掻きむしるような恐さも覚えてしまう。……これを見ながら昨夜見た夢を思い出した。今のパートナーとただいつも通り日常を過ごしている夢。触れた手の温かさ、肌の柔らかさ、何でもないことで笑い合う日常がはっきりと実感を伴い。切れ切れの場面として眩しく流...
-

「純粋」とはバカのことなのか?問題、再考 (『琅琊榜』12話までを観て)

あれから『琅琊榜』は12話まで観ました。正直言って8話あたりまであまり展開が無いのでやめようかなと思ったのですが(笑)、ブログで紹介した手前、やめづらくて見続けていました。(『三国志TK』はごめんなさい、3話でギブ。内容はともかく時間が無くて降参)琅琊榜12話までの感想『琅琊榜』は11話・12話から急に面白くなってきます。次第に主人公の義に篤い性格が明らかとなってくるのが良い。また、過去に触れる話も多...
-

前世で最期に見た朝の景色を思い出す(Andre Gagnonを聴いて)

「いつもどんな音楽を聴いていますか?」の質問に答えるシリーズ。(この記事は常体で書きます) 他に音楽の話 →音楽タグめぐり遭いYouTubeでAndre Gagnonの曲と遭遇して、懐かしく聴いていた。彼の曲のなかでこの邦題『めぐり遭い』が一番好きだ。これもかなり昔の曲。たいてい執筆のBGMや、寝る前にリラックスするためにかけていただけで当時は夢中になったというほどではなかったのだが、今久しぶりに聴くと心に沁みる。Andre...
-

“Rainy days,never say goodbye…”雨の日に『I Like Chopin 』を聴きながら

険悪な世間話が続いたから少し肩の力を抜いてプライベートの話。先日YouTubeでガゼボ本人の『I Like Chopin 』を見つけ、懐かしく聴いていた。雨の日に合う曲です。読書のBGMに、いかが?2016年に日本でカバー曲が出たらしいので、もしかしたら若い方も聴いたことがあるかもしれないけど、きっと原曲は聴いたこともないでしょう。と言いつつ私自身もリアルタイムではあまり記憶にないのだが。(日本では小林麻美が歌った『雨音はシ...
-

ヨルシカの詞が胸に響き過ぎる

最近の、ボカロ系楽曲の「ネガティブの良さ」を度々称賛しているが。これは特に、胸に響き過ぎて痛かった。ヨルシカ『ヒッチコック』「先生、人生相談です。この先どうなら楽ですか。涙が人を強くするなんて全部詭弁でした。ああ、この先どうでもいいわけなくて、現実だけがちらついて、夏が遠くて。これでも本当にいいんですか。このまま生きてもいいんですか。そんなの君にしかわからないよ なんて言われますか。ただ 夏の匂い...
-

「蛍の光」原曲を聴きながら想う。北欧メロディが懐かしいのは自分だけ?

年末31日まで目一杯仕事です。なのであまり長文の記事は書けず、翻訳も進まなくて申し訳ないです。息抜きにYouTubeでこんな曲を聴いていました。去り行く平成に相応しい、かもしれない。「ほーたーるの、ひーかーり、まぁどーのゆーきー(蛍の光、窓の雪)……」などと頭の中で歌ってしまうのはどうにも抵抗できない。日本人だな自分。笑純粋に歌詞なしのメロディでも既に美しいというのに。しかしこの曲もそうだけど、『アメージ...
My profile

Author : 吉野 圭

→プロフィール・お奨め記事

小説ご感想(総合)

【お願い】
当ブログの記事を気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)

記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

検索フォーム

Translate,翻譯

過去ログ v Co リバース

管理者 別サイト

現在位置

トップ > タグ「音楽」

このブログはPG12です。→保護者の方へ

メモ帳

【別窓で開く】