我傍的、ここだけの話

昼ドラ歴史家の話より、BLのほうがましだと思い始める〔若干の追記あり〕

-
東京は、めずらしい桜と雪のコラボレーションに息を飲む美しさです。と言っても外出はできないので、窓から遠くの景色を眺めたりテレビやネットで流される映像を愉しんでいます。さて、前回に引き続き歴史館の更新報告です。引き篭もっているのでブログ更新が進む進む。でも内容はそんなに楽しくないかな。同じ話ばかりしているようで申し訳ない。それと、腹が立っているので言葉が荒くてすみません。もはや体裁にこだわらず本音を...

変態「三国志」捏造おじさんの話と、三峡ダム決壊の危機【別館更新】

-
久々に三国志ネタでの別館更新です。と言ってもこれも純粋な昔話ではなく、結局は現代の問題ですが。 ⇒三国志 - 研究家の知られざる狂熱 -渡邉義浩〔本の紹介と感想〕 なんと3月23日の発刊だそうで、驚きました。あれだけファンたちに嘲笑されているのに懲りないことにも驚きですが。(必死でネット記事を削除し続けているので、批判も無かったことにできると思っているのでしょう。この権力による言論封じのやり方も、完全にC...

三国志好きの方(なおかつ変わったネタを探している方)へお奨め記事

-
最近、このブログにも三国志好きの方が来られるようになったようです。おそらく興味本位で閲覧されているのでしょうがそれでも構いません。知識ある方に興味を持っていただけるだけでありがたく思います。もし筆者の「妄想」にも興味を持っていただけるなら、以下の記事がお奨めです。これらの記事は今まで三国志カテゴリではなく、筆者小説の裏話として『我傍的な話』カテゴリに入れていたので分かりづらかったはず。あくまでも個...

人物紹介で、「不器用」と書いた件。三次元をフィクション化することの罪と危険

-
蜀同盟へ、三国志カテゴリの記事を少しずつ移動中です。一気にではなく毎日コツコツ移動。文章推敲しつつゆっくりコピーしています。「不器用」と書いた件『「ってどんな人」に史実で回答(初心者向け)』など、リンクを多くいただいている一部の記事はここへ残します。『どんな~』はそもそも作品の裏話と当ブログ捕捉として、「三国志って何?」というかつての私レベルの知識の方向けに、分かりやすく史実を紹介した記事です。三...

「三国志展」を楽しみにしている皆さまへ

-
上野・東京国立博物館で行われる『三国志展』について、昨夜はあのように書きましたが、楽しみにしている方もいらっしゃると思います。主催者は危険な相手だけど、趣味として展示物を楽しんでくるぶんには危険はないと思いますのでどうぞ皆様行かれてください。ただしカードでチケットを買うのはやめたほうがいいかもしれません。チケット会社は日本企業ですが、たとえば先般の7ペイ事件などのように個人情報がC国へ流出する可能...

W氏の記事や、KN氏へのレビューがネットから消されている…(再投稿です)

-
昨夜上げた記事の再投稿です。いつものことですがRSSで読まれている方、すみません。アクセスで危険を覚えたので撤去したものの、役に立つかもしれないのでやはり上げておくことにしました。強制で消されるまでは上げ続けましょう。ネット記事が次々消される不自然...

「三国志展」、ふなっしーの本音

-
この記事は⇒移動しました。...

管理用 anriy3@gmail.com