我傍的、ここだけの話


Category~について(基本的な考え方) 1/10

現世か来世に傾き過ぎる危険と、見かけだけの平等へ走る者の末路

検索していて秀逸な記事を見つけたのでご紹介。『てんきゅうぶのはてダ(仮題)』さんより ⇒現世と来世の危ういバランスもし、人生というものが「たかだか一世紀弱生きて、死んだらそれでパー」というだけのものでしか無いとしたら、人間は現世における目先の快楽のみを追求し、将来へ向けた活動、例えば勉強なり社会貢献なりを行う基盤が全く失われてしまうことになる。そのいきつくところは利己主義と拝金主義でしかなく、だから...

  •  -
  •  -

矛盾は成長の証? 考えが変わったということ

前記事、『賛辞を無視してきた私も、人間の言葉は無視できない』に関連して。過去、こちらの記事で見事に矛盾したことを書いていたことに気付き、自分で驚いている。他人の評価と自分は関係ないものと考えるしかなく、と言うことは結局、有名になろうがなるまいが現世に遺る評価は「自分とは関係ない」ことになる。これは現在生存する有名人でも同じ話だと思いますよ。現代の芸能人はネットでエゴサーチをするようだが、どうしてそ...

  •  -
  •  -

「令和」……ですか (新元号の感想と、元号について)

今日は休みで元号発表を見ていたけど、「令和(れいわ)」だそうで。万葉集からとのこと。初めて中国の故事ではなく日本の古典からとったということらしい。【意味】 令: 立派。法。 和: 穏やか。【出典】 万葉集 梅の花三十二首序文 初春(しよしゆん)の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和(やはら)ぎ、梅は鏡前(きやうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(かう)を薫(かをら)...

  •  -
  •  -

「言わぬが花」について補足。言うべきこと、言わぬべきこと

前記事で「言わぬが花」という言葉を使ったけど、これは現代では、「言えば波風が立つようなことを黙っている」という意味に使われることが多いかな。※「言わぬが花」本来の意味: あえて説明しないほうが趣があること。「言わなくても分かることを言うのは無粋」という考えで省くなど。ただし現代では「波風立てないために黙るべき=口は災いのもと」の意味に使われるほうが多い。ということは現代的には、前記事の用例で使うの...

  •  -
  •  -

私がここで、標本となって伝えたいことは何か?

最近アクセスの高い、『経緯2.記録と向き合う。「現実調査」の過程 』を読み返していて、今さらながら「時代は変わった……」と思い知った。皆様はあの記事を読んで、表の左側を「後から創作した話」と思っているだろう?でも私は17歳当時、本当に何も知らないで左側に書かれた内容を思い出したのだよね。たとえば“忠臣の鑑”というワードも、周囲の人々から言われた言葉として(意訳で)思い出した。そう呼ばれた人は何万人もい...

  •  -
  •  -

社畜派、ニート擁護者どちら?など 筆者の思想スタンスまとめ

近況報告。いつもこの時期はそうなのですが、会社では経理(と税務)も担当しているため税務申告で仕事に追われる昨今です。持ち帰り仕事でやっていまして、ブログ更新やメールチェックが遅れています。ご理解のほどお願い致します。そのようなわけでしばらく更新が滞るため、皆様の暇つぶし用に過去記事をご案内しておきます。筆者の思想を探って面白がっていただければ幸い。/他記事と重複する話があるかもしれませんが、確認と...

  •  -
  •  -

「プリンアラモードさえあれば生きていける」発言にほっとする

今年は険悪にならないことを目標としていたのに、さっそく気持ちの悪い人々の話を書いて申し訳ない。今日、上司が「二十歳のころ、プリン・ア・ラ・モードを食べて“こんなうまいものがあるのか!”と思って、“プリンアラモードさえあれば生きていける”と思った」と言ったので笑って力が抜けた。……女子か! 笑ちなみにこの上司は60歳男性。本当にいいね、こういう普通の感性で生きている人は。最近「社畜(サラリーマン)」を異常...

  •  -
  •  -

アフィリブログの文に何か価値があるのか? 「社畜やめた」人々の末路

タイム・イズ・マネーに関連して。ついでに気になったので書いておくと、未だに「ブロガーになって社畜やめる」とか「リーマンはバカ! ブログ書け! ブログ書かない奴は駄目人間」などと布教活動をしている人々がいるのだね。心底驚いた。こちらのマンガを描いたかいちさんも信者であるらしい。あのマンガの結末も「ブログ書け」になるのだろうな、アリスで。(ブロックチェーンに足を入れておくのは悪くないと思うけどね)せっ...

  •  -
  •  -

タイム・イズ・マネー追記。個人が地上で持ち得る財産は「経験」のみ

昨日書いた、「時間が大切」という言葉についてもう少し詳しく話をします。時間の有効性ここで言う「大切な時間」とは単純に時そのもののことではなくて、時間を何に使うか・どれだけ味わうかという「有効性」の話。「時間の有効性」と言うと、たいていの人が「一秒でいくら稼げるか? たとえばビル・ゲイツは7280円……」という話に終始する。とにかく金に換算できることだけが価値だと考えているわけだ。多くの人は目に見える物だ...

  •  -
  •  -

『仮想通貨体験記~300万円失って気づいたこと』を読み、思うこと

昨日の夜中、かいちというネット漫画家さんの作品を読んでいた。金を求め金に翻弄され、人生を失う人々。そんな現代人をよく表した名作だと思う。(ここで言う「金」は「成功」や「権力」と読み替えても同じ) https://kokodakenobekkan-2018.tumblr.com/post/182151399696/マンガで読む仮想通貨投資の失敗談-alis ※『考えない教育で育てられたボクたち』は相変わらずイケダハヤトを教祖とする宗教から脱していない感がある。「考...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com