我傍的、ここだけの話


Category~について(基本的な考え方) 1/11

「一括り」に考えてはならないことと、同じと考えるべきこと

過去記事を読み直していて気付いたことを捕捉しておきます。少々危険な話にも触れますが、誤読しないでいただきたいのでこの記事では伏字をせずに書くことにします。かつて私は「スピリチュアルにも大きく分けて二種あるから一括りにするな。一括りこそ危険」と書いたことがありました。このことは繰り返し述べています。【例】 ・バシャールの話・危険なスピリチュアル、「色即是空」の甘い罠先日私が遭遇した“社会活動家”の高校...

  •  -
  •  -

「無名無力」を噛み締める。今この時は有名に帰りたいと思う

さっき、この方のツイートを噛み締めていた。この状況で平和デモ。 #チベット ・ #ウイグル は平和を優先して国を失った。温厚で優しすぎるのだ。#香港 も同じ。だから私は見捨てることが出来ない。悲しいことに私は無名。応援しかできないことが悔やまれる。この様な人達を救えないことが悲しい。 https://t.co/rTgSyf6TrP— 上岡 龍次 (@box217) October 2, 2019 私も同感だった。あの人々を救いたい。香港の人々も。洗脳...

  •  -
  •  -

「唯物論は破綻している」他、いただいたメールより引用

唯物論・ビックバン等についてのお話です。T様からいただいたメールで、「広めて欲しい」との箇所をここに引用させていただきます。※政治思想的な話、残虐な話もありますので、苦手な方は「つづき」をクリックしないようご注意ください...

  •  -
  •  -

共産党について掲示板へ書き込み。自分の意見を保存するために上げる記事

数日前、某掲示板にてこのブログが「共産党嫌い代表 (笑…確かに)」として書き込みされていたようです。と言っても、それほど険悪な感じの掲示板ではありません。住人の皆さまには冷静に観察していただき、ありがたく思います。むしろ政治思想ブログではない、このような雑談場をウォッチしていただき誠に申し訳ない……。エンタメ異次元な記事ばかりでお恥ずかしい限りです。該当の掲示板は、右派によって荒らされたら申し訳ないので...

  •  -
  •  -

生き残っていることに感謝、という話

新ブログのほうから、雑談記事の 心理的な話のみ更新報告だけはしていきましょう。(三国志関連は需要がないと思うので報告しません)これはいつも書いていることの繰り返しかな。 ⇒今生きている人は皆がサバイバー。生きる意味を探すより生を肯定して歩こうスピリチュアルも占星術も抜いた現実限定の話だからこそ、説ける話もあります。(もちろん裏付けとしての体験があるから言えるのだけど)この種の話は賛同も批判も両方ある...

  •  -
  •  -

小学生革命家ゆたぽんくんの「勉強しなくていい」主張は、典型的なお子様の勘違い

前記事『勉強できるタイプには二種いるらしい』にて、「テキストはあまり読み込まない。一度読み」「家で教科書を開いたことがあまりないタイプだった」という自分の学生時代の勉強スタイルを披歴。さらに「要は情報を仕入れて判断するという、検索力と理解力が重要で、予め自分で全ての知識を持っている必要などない」と書いた。そのうえで、「若い子たち、どうか筆者の勉強法を真似しないでね。たぶん私は勉強に関しては、ある種...

  •  -
  •  -

勉強できるタイプには二種いるらしい。バトルが目的で長時間勉強するか、マイペースか

録画で見た7/22放送『しくじり先生』、山口真由さんの回について、恋愛以外で思うことを書いておきます。山口さんの著書は前にも紹介して、その時は勉強法を認めて褒めたのだが今回印象が変わった。※という前半の話は『蜀同盟』で上げました ⇒「恋愛偏差値が低い女」は、実は人間偏差値が低いあの人たちと自分は、違う人種だと気付いた今回、彼女の話を聞いていて分かったことがある。 やはりテキストを七回も読み込む人は自分と...

  •  -
  •  -

辺見庸が語る『月』。犯罪に文学を感じる人が多い不思議

このあいだテレ東『ハイパーハードボイルドグルメ リポート』を観て、ちょうど『もの食う人々』を思い出していたところ。今日は偶然にも目を留めたEテレで、辺見庸氏が小説『月』について独り語るのを聴いている。関心の向けどころが違うのかもしれないが、さすがに言葉のプロだなあと尊敬の念を抱いた。インタビューも無いのに独り淡々と静かに、しかし淀みなく流れるような語り口が心地よい。楽器の独奏にも似ている。内容は重苦...

  •  -
  •  -

悪魔が世界を統治? 悪癖を持つ者たちの本質を見据えること

去年末からいっこうに穏やかな話ができなくて、申し訳なく思っています。おそらく世界も日本も今、危機的状況にあるため私の神経も逆立っているのだと思いますが……。しかしこんな世界の片隅で叫んでいても効果がなさそう。ここへ来られる奇特な数人の方々へ届いた種が、いずれ芽を出す僅かな望みに期待をかけるのみです。もはや炎上もウェルカム。ご批判を含めて拡散いただけるとありがたい。前記事を書いたとたんさっそくグーグル...

  •  -
  •  -

人道に反してはいけない、というシンプルな基準を蘇らせるべき

前記事、ロンブー亮が嘘をついていたことに怒った件、あまり興味を持たれないかなと思ったら意外とアクセスが高い。あの後何点か追記したからご確認のほどお願い致します。志らく氏の『謹慎処分の芸人ら謝罪文をバッサリ「被害者に対して誰もわびていない」』を読み、そう言えば私も記事で被害者に触れた箇所はカットしてしまったと思い出し改めて書き足しておいた。詐欺で稼いだ金を受け取ったことは罪。被害者に謝罪すべき。そん...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com

 カウントは2014年頃から、お休み期間もあり