Category世俗な話 1/16

「令和」騒動、雑感。中国ネット民の反応など眺め、色々思った

令和に関して、最後の雑感です。世間を眺めて思ったこと。(あまり興味を持たれない記事のようなので、迷惑にならないよう畳みます)...

  •  -
  •  -

「羽生悪口書き込みバイト」…誹謗中傷がネットに溢れるときは、誰かが利益を得ている

少し疲れる世俗話を続けますね。皆様には関係ない話と思われるかもしれませんが、ネット上の情報を鵜呑みにすることの怖さを少し真面目に考えてみてください。羽生悪口書き込みバイト、炎上クラウドソーシングにて、羽生選手など著名人の悪質な悪口を書き込むよう発注する求人がツイッターで拡散され炎上、話題となっている。 ⇒「『羽生選手』『キモすぎ』で記事書いて」 氾濫するトレンドブログ求人、仲介業者も対応強化へまあ...

  •  -
  •  -

「日本は世界一冷たい国」記事に思うこと

なるべく世俗の険悪な話に触れないようにしているのだけれども。気になったので少しだけ世俗の話を書きます。最近、世間を騒がせている『東大祝辞』について書かれた以下の記事。 ⇒東大祝辞の核心「日本は世界一冷たい国」「失敗する人間は徹底的にたたくべし」「何もかもが自己責任。迷惑はかけないが、かけられるのはもってのほか」「人は自分の成功や人生に責任を持てばよく、他人のことにかまう暇はない」――。そんな声ばかり...

  •  -
  •  -

東から太陽が昇ることを知らない若者。日本人の教養はやはり落ち続けているか

昨夜少し見かけた番組、『そんなコト考えた事なかったクイズ トリニクって何の肉!?』。番組タイトルは「トリニクって何の肉か」という問題に答えられない平成生まれが多かったことから。平成生まれが“常識的知識”を持っていないことをネタにして嘲笑する番組で、どうなのかと始め思っていた。我々だって教養のない世代、昔の人たちが「常識」と思っていたことをほとんど知らなかった(たとえば三国志人物の名を一度も聴いたこと...

  •  -
  •  -

儒教まで許容? 古代文化を謳歌する現代中国。危うい状況を眺める

少々世俗の話をします。政治に関わるかもしれないことご容赦を。中国から来ている方は閲覧ご注意ください。※後で気付いたが、ここで引用している動画には台湾のものが含まれるかもしれない。いまいち私には区別がつかないので情報求む。ただおそらく、簡体字が使われているコメントは大陸人によるものと思う。中国動画の感性に唸る古琴や『TK』曲など、中国の音楽動画をオートで再生するようになった流れで、辿り着いた動画に驚い...

  •  -
  •  -

山口真帆さんは現代のジャンヌダルク? と、イチロー引退について

ちょっと世間話も書いていきます。世界観が変わり過ぎて皆様疲れるでしょうか、すみません。(筆者の頭の中を雑多な世界観が飛び交っているので。笑)一部敬称略。イチローにお疲れ様まず、イチロー引退のこと。お疲れ様です。あなたの前半人生は立派でした!と讃えたい。引き際も見事で爽やかだ。誰もが現役でいたいのは当たり前だが、周囲に気を遣われながらしがみつくのは迷惑だし格好悪い。人は年齢によって状況が変わり次のス...

  •  -
  •  -

沖縄の住民投票で感じた恐怖。軍事に民主主義は向かない理由 ※再投稿

※4/6 RSSで読まれている方には通知が行ってしまっているかと思います、申し訳ありません。この記事は他ブログへ移すために削除しましたが、ここのブログにも関連した「軍事と民主主義」の話を含むため再度投稿しておきます。なお、この記事は民主主義を完全否定するために書いたものではありません。沖縄の住民投票結果について少しだけ苦言。ここを政治ブログ化するつもりはないので、ふわっとした一般論だけ書く。沖縄県民投票...

  •  -
  •  -

幼児が親の暴力を「しつけとして受容していた」と述べる、異常判決

また険悪な話で申し訳ない。近ごろ凄惨な児童虐待のニュースが多く、憤りを覚えながらもなるべく触れないようにしようと耐えていたのだけど、今日の横浜地裁の判決には我慢できなくなった……。幼児が親の暴力を「しつけとして受容していた」と述べた深沢茂之裁判長の言葉に、憤りで震える。(残虐で辛い話が苦手な方は続きをクリックしないようご注意ください)...

  •  -
  •  -

伝書猫ニュースと、動物たちの自由について

今は残虐な事件を見るのが辛いので、あえて心が温かくなるものを眺めるようにしている。今日はヤフーニュースにほっこりした。(元記事はデイリースポーツ。リンク先は元記事)話題になったツイートなのだけど、こういう話をニュースに選ぶセンスが好きだ。うちのデッキにちょくちょく遊びに来ていたシロクロ猫…勝手にクロちゃんと命名。ある日、ノミ取り首輪を付けていたので、『やはり飼い猫だったのかぁ』と思い、その首輪に小...

  •  -
  •  -

『ラ・ラ・ランド』には人生の素晴らしさが集約されている

数日ぶりに自宅へ戻って休養。息抜きに、ちょうど放送されていた『ラ・ラ・ランド』を鑑賞しました。ミュージカル映画は苦手……と思っていましたが、観て良かった。長く心に刻まれそうな映画です。(感想は常体で書きます)日本での売り方は違うと思った革新的な手法を使った新感覚ミュージカル映画だの、アカデミー賞ノミネートだの、珠玉の恋愛映画だの。日本ではそのようなコピーが躍っていて、私は興味が持てなかった。日本での...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com