津田大介氏の騒動。「言論弾圧」の抵抗として歴史捏造の痕跡こそ展示したほうがいい

-
各方面、険悪ですね。私まで(とても狭い三国志というジャンル限定で戦っている都合上)、世間の険悪な流れに乗ったようになってしまい申し訳ない。最新の険悪ニュースと言えばこれ、 ⇒抗議殺到…津田大介監督、涙の説明 従軍慰安婦像に似た平和の少女像展示「あいちトリエンナーレ」津田さん、命の危険まであるようで大変だ。いったい何故、この日韓が険悪な時期にこんなことをしたのだろう? わざとか?(津田大介は単なる「左...

デュープスを救う、ネオ人道主義のすすめ

-
以前から思っていたことをメモ。政治思想的な内容なので、G神様からペナルティを受けないために用語を濁しつつ書きます。...

中国人のBA回答「日本の駄目なところ」

-
この記事は移動しました。...

『帰ってきたヒトラー』で体感した、現代民主主義の恐怖

-
いよいよ大阪G20が始まった。日本社会は相変わらずお子様ばかりで世界への関心など皆無だが。テロなどなく、無事に終わることを祈る。そんな世紀のイベント直前の昨日、たまたま録画していた映画『帰ってきたヒトラー』(2015年ドイツ)を観た。軽いコメディだと思って観たのだが、意外にもシリアスで核心を突く映画だった。これは名作かもしれない。...

五行、道教弾圧について

-
同時掲載はやめ、ここはカットしておきます。⇒こちらへ移動アーカイブ...

「不登校は自由」と言う子たちへ、学校という思い出は私には幸福だよ

-
ライト?な世間話へ戻ります。少し前になるけど賛成VS反対の議論が沸騰し話題となっているYouTuber、「少年革命家ゆたぼん」くんが気になった。ゆたぼんはトレードマークの麦わら帽子をかぶり、「なんで不登校になったかというと、周りの子たちがロボットに見えたからです」「人生は冒険や」「不登校は不幸じゃない」「いやいや学校へ行ってる子たちの方が不幸だと思う」などとメッセージを発信している。ゆたぼんはおととし(2017...

-
この記事は移動しました。...

「羽生悪口書き込みバイト」…誹謗中傷がネットに溢れるときは、誰かが利益を得ている

-
少し疲れる世俗話を続けますね。皆様には関係ない話と思われるかもしれませんが、ネット上の情報を鵜呑みにすることの怖さを少し真面目に考えてみてください。羽生悪口書き込みバイト、炎上クラウドソーシングにて、羽生選手など著名人の悪質な悪口を書き込むよう発注する求人がツイッターで拡散され炎上、話題となっている。 ⇒「『羽生選手』『キモすぎ』で記事書いて」 氾濫するトレンドブログ求人、仲介業者も対応強化へまあ...

管理用 anriy3@gmail.com