我傍的、ここだけの話

『永遠の雨、雲間の光』第四話~のこと

-
 ようやくメインストーリーの開始です。  ここに来てやっと、小説らしいストーリーが出て来ます。  今までの話も大切なのですが、客観的に物語として見ると難解で冗長だったと思う。私個人としては意義深い話ばかりでも、他人が読むものとして耐え得るのかどうか。  こんな個人的なものを小説として発表するのはどうなのかなあ?と思っていました。(だから十年近くも伏せて来たのです)   でも書き残すことを目的として...

管理用 anriy3@gmail.com