2016年11月の記事は見つかりませんでした。

投稿画像

続きを読む

晴読雨読。公園で読書するのもいいですよ

先日、晴れの日でも雨の日でも関係なく本を持ち歩いて読む自分の習性を「晴読雨読」と表現したのだけど、返信コメントで「晴耕雨読、なんて良い言葉でしょう」と仰っていただき、あれ誤字だと思われたかな……説明不足で申し訳ないな、と思いました。「いや。そうではありません。晴読雨読なんです!」などと説明を始めたらまた話が長くなるし嫌な感じなので、否定せずありがたく受け取っておきました。その昔、紙の本がまだ希少だっ...

投稿画像

続きを読む

16の性格診断 MBTI紹介

ツイッターで流れてきた性格診断テストをご紹介します。 占星術とも不思議な共通項あり。(ここは占いブログのため、占いの話を含みます)2021/5/31  自分はINTPと気付いたため書き直し。 〔目次〕 ・16の性格診断テストとは ・筆者結果「INTJ」について ・グラフの読み方 16の性格診断テストとは 「16の性格診断テスト」とは、欧米で「MBTI」(Myers–Briggs Type Indicator)と呼ばれているポピュラーな性格診断テストで...

投稿画像

続きを読む

怖いお化けの種類は何ですか?

「トラックバックテーマ」って懐かしいな。昔、ブログネタ切れの際によく利用させていただいたものですが最近は覗くこともなくなった。今回だけちょっと目に留まりました。『怖いお化けの種類は何ですか?』怖いお化けの種類って……お化けに種類あるの?(笑) と思って気になった次第。「お化け」は狭義では幽霊。広義では妖怪を含む。上のテーマを担当されている方は「ゾンビが怖い」と仰っているので、うん、なるほど「動く死体」...

投稿画像

続きを読む

春江一也『プラハの春』感想(本)

〔この記事は旧読書ブログからの移動記事です〕 2000年刊行の本。積読から引き出して読んだ。 2016年読んだなかで最もはまった小説。Amazon内容:若き日本国大使館員の堀江亮介は、プラハ郊外で車が故障して困っていた女性を助ける。美しい女性に魅了された亮介だったが、会話の中で彼女が東ドイツ人であり「関わってはならない」ことを知る。しかし頭では分かっていながら運命に抗えず彼女へ惹かれていく。1968年「プラハの春」...

投稿画像

続きを読む

トランプ氏のホロスコープ

前記事の続き。公表されている出生情報に基づき出したトランプ氏のホロスコープを貼っておきます。存命中の人物であるため、出生日時はテキスト表記しません。情報が必要な方は検索して調べてください。 画像内に表示しましたので拡大してください。こちらはアスペクト表。ASC獅子座29度、ですか。ちょっと意外ですね。トランプ氏は「まさに獅子座」と言える性格のため、15度~20度くらいかと思っていましたが。もしかしたら30分...

投稿画像

続きを読む

トランプ氏のASCは獅子座

あまり時間がないのでまだじっくり分析は出来ていないのですが、さっそくネットにトランプ氏のホロスコープを公開されている方がいますね。すごいな。何故に詳細な出生時間が出回っているのか謎ではあります。「アメリカ大統領は立候補時に出生証明書を公表するから、正しい情報が出回る」と仰っている人がいたのだが……、そのわりオバマ氏の出生証明書公表はかなり後で混乱した気がするのだけど、実際アメリカの法律でどうなってい...

投稿画像

続きを読む

12星座の特徴が分からないと言う方へ、これならどうでしょう?

こちらもツイッターで見つけたものですが、12星座の特徴が分かりやすく書かれています。 ⇒12星座の裏の顔この『裏の顔』はけっこうステレオタイプで、余計な情報が少なめなので「星座の特徴が全く頭に入って来ない!!」と悩んでらっしゃる初心者の方にはお奨めだと思います。(実は、12星座の流れを抑えずにいきなり星座の特徴から入るのはお奨めできないのですが、どうしても理解できないと仰る方が多いので。上サイトは...

投稿画像

続きを読む

本好きの多さに、ちょっと孤独が癒される

先日ネタ引用のためだけにツイッターを始めたのですが、ツイッターでは本好き(読書好き)さんが多くて癒されています。今まで毛嫌いしていたツイッター、意外にちょっと楽しくなってきたかも。※その後、一般向けツイッターはすぐ挫折して2022年現在アカウントありません(政治用に時々アカウント作ります)ツイッターは今登録者数が多いから、少々マニアックな話題でも届きやすい、という利点がありますよね。最近、ブログで本レ...

投稿画像

続きを読む

マリー・アントワネットのホロスコープを眺める

フランス革命で処刑されたマリーアントワネットのホロスコープと人生を眺めてみました。〔目次〕・マリー・アントワネット展を本人はどう見るのだろう ・大衆の恐ろしさと、マリーのホロスコープ ・ホロスコープ解釈(アスペクト等) ・サビアンで深層解釈 マリー・アントワネット展を本人はどう見るのだろう六本木でマリー・アントワネット展が開催されるとのことで、さっき紹介の番組を眺めていたのですが。重いね。画面を通して...