我傍的、ここだけの話

吉野圭のプライベートブログです。自作品『我傍に立つ』裏話と世間雑記、占星術メモ
 メニュー・新着

-

満月生まれと、月食生まれ

満月・月食の占星術的な意味について書いてみました。2018/1/11、月末の獅子座月食を前にリライト。(目次、画像設置。文章推敲)〔目次〕・2017年夏の日食について、世間話 ・西洋占星術での一般的な月食・日食の扱い ・月食解釈の前に~満月生まれの人は? ・個人のホロスコープ解釈、月食生まれの人 ・アイデンティティに悩む月食生まれの方へ ・付録 オーソドックスな月の解釈 Photo by (c)Tomo.Yun2017年夏の日食について、...
-

新しい水瓶座の時代、この宗教中心の世界が崩壊したら?

ブログにログインすると軽めの話題を先に書こうとしてしまう。それで疲れ切って肝心の話ができずに終わるのがいつものパターン。本当は、くだらない世間話を書くつもりはなかったのだが。もしかしたらもう、卑近な話をするような時間は残されていないかもしれない。実は占星術的に言っても、スピリチュアル的に言っても「新しい時代」は既に始まっているようだ。星回りの計算上、2017年末~2020年にかけて本当に新しい時代...
-

競争心が生理的に無理、という話

前記事に続き、取り留めのない雑談。囲碁・将棋の話で、私は(囲碁・将棋を)避けた理由としてもう一つ、相手がぶつけてくる感情が嫌で嫌でたまらなかったということもあるが。「お前に勝って見下してやる」という相手のプライド、勝つことで優越欲求を満たしたいという欲望がたまらなく嫌で、気持ちが悪いと感じてしまう。と書いた。これは特に子供の頃、強く思っていたこと。さすがに今は趣味で囲碁・将棋を愉しむ大人を見て「気...
-

囲碁・将棋の擬人化~盤上ゲームが苦手な理由

この話に唸る。囲碁が将棋に比べて取っつきにくいイメージを持たれるのは擬人化しづらいからかと思って、擬人化して説明する方法を考えてた時期があるんだけど、「周囲を敵に完全に囲まれたら逃げ道がなくなってボコられて死ぬ」というルールは色々生々しすぎて、却って一部の人にしか受けないものになってしまった。— 佐藤ケイ(´ヮ` )2月新刊 (@K9uNS7uFrBC31BA) 2017年7月21日例えば捨て駒にした駒が最後の最後でこっちの...
-

自殺すると罰を与えられるのかどうか?

何度もこのテーマで書いているな。「同じ話ばかり。しつこい」と怒られるだろうけど、前記事でご紹介したサイト『自殺の甘い罠』に触れて改めて思うところがあったので書いておく。「自殺してはいけない」への反論者こちらの「質問と回答」ページで見られるように、「自殺してはいけない」という主張には必ずと言っていいほど激しく絡む人が現れる。絡む人の多くは、自殺したくてしたくてたまらない、強い自殺願望を持つ人なのでは...
-

自己を捧げ尽くした人の死後

安易で危険なスピリチュアルに誘われる人を眺めていてうんざりしたので、しばらくスピリチュアル話を書かないように心がけていたのだが、現実の話ばかりしていたら私自身が疲れ切ってエネルギー不足になってしまった。現代は本当に、地上の欲だけ貪る人たちが多い。貪るために平然と汚いことをする。堂々と嘘をつく。そんな人々はいつの時代にも存在するので諦めているのだが、現代が特殊なのは、欲深い嘘つきのほうが圧倒で称賛さ...
My profile

Author : 吉野 圭

勤め人。趣味は読書、占星術。
一見様はこちらへ。
→プロフィール・お奨め記事

【お願い】
当ブログの記事を気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)

記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

検索フォーム

Translate,翻譯

過去ログ v Co リバース

管理者 別サイト

現在位置

トップ > 2017年07月

このブログはPG12です。→保護者の方へ