我傍的、ここだけの話


Archive2017年10月 1/2

自己反省。「あの頃は、テンパっていて申し訳なかったなぁ」等、作品中に書けなかったこと

  •  -
  •  -

アインシュタインの幸福論

前記事にも少し関連する話だけど、ニュースにもなったアインシュタインの『幸福論』に心が温かくなった。静かで質素な生活は、絶え間ない不安に縛られた成功の追求よりも多くの喜びをもたらす――Albert Einstein全くその通りだと思う。(私ごとき一般人が偉そうに言うと皆さまはバカにして嗤うだろうが、感覚として深いところから賛同する)「成功者」と呼ばれる人々がどれだけ苦しく、不自由な生活を送っているか。それに比べ誰に...

  •  -
  •  -

動物より人間を格上と思ったり、「有名人」や「成功した人」をレベルの高い魂だと思うのは、あなたの魂が未熟な証拠

「前世の記憶を思い出す方法」で検索していたら、こちらがトップでヒットしました。 『記憶をよみがえらせるヒント集 前世の記憶を思い出す方法』 https://uranailady.com/07_zensei1.html※お手数ですが営利濃厚なキュレーションサイトのためコピペ移動でお願いしますディスる(批判する)つもりは全くないのですが、少し「違うのでは?」と気になった点だけ指摘してみます。〔目次〕・人間は価値が高くて、他の動物は価値が低...

  •  -
  •  -

「実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?」 K産主義ではないけどね

<<前記事から分けました。■『実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?』、付きまとう科学者臭もう一つ、同じライターの記事。 ⇒実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由「墨者」とは、上記事の定義だと「科学者・技術者」のギルド集団のことである。科学者か……なるほどね。文系のくせに、何故か付きまとう科学者臭。占星術的な余談、やはりこの人物はASC水瓶座だろうと結論付けられる。 参照:諸葛亮の星座は太...

  •  -
  •  -

三国時代の食事は和食に近い。「孔明の最期の晩餐は一体何を食べていたの?」

キュレーションサイト『はじめての三国志』の記事へコメントさせていただきます。『孔明の最期の晩餐』について書かれた記事まずはこちらの記事から。『孔明の最期の晩餐は一体何を食べていたの?』https://hajimete-sangokushi.com/2016/11/18/孔明の最期の晩餐は一体何を食べていたの?そうだな考えたことはないけど、言われてみれば食べ物は大事だな。私も食べ物にはあまり興味がない。女子たちがSNSで「今日は〇〇食べました!...

  •  -
  •  -

池上さんの選挙報道を見ながら

帰宅してからずっと池上氏の選挙報道を眺めていたのだが、相変わらずタブー無しで面白い。思えば「あの宗教団体」に斬り込んだのは地上波初。その他にも右とか左で食べている方々のことも。誰もが知っているけどテレビでは語られなかったことだらけ。今回も“悪魔の辞典”は凄かった。フリーメーソンにインタビューしていたので噴きそうになった。オカルトバラエティではあるまいし。でも池上氏が触れるということは黙殺できないほど...

  •  -
  •  -

小雨降る湘南、芦ノ湖

明日は仕事なので期日前投票し、その「ついで」にドライブでプチ観光旅行。久しぶりに海など満喫しました。近場でも、出来る限り日本を観光しておきたいものだよね。いつ見られなくなるか分からないのだし(自分が死ぬかもしれないし、災害もあるかもしれない)。湘南の海。台風が近いので写真は暗いけど、小雨の日の海も私は好きだ。 吉野圭さん(@yoshino334)がシェアした投稿 - 2017 10月 21 7:15午前 PDT 芦ノ湖。ここも久しぶ...

  •  -
  •  -

クラウゼヴィッツと孫子の比較(簡易)と、現在の東アジア情勢について

今、ブログを色々と整理していて読書館も移転中です。整理作業のなかで、もしかしたらここへ来られている方が興味あるかな、と思える記事を見つけたのでご紹介。(注、オジサン向けな内容です) ⇒守屋 淳『孫子とビジネス戦略』読み始めメモ守屋先生の「クラウゼヴィッツと孫子の比較」に少し突っ込みを入れています。まあ、守屋氏の比較は現代人として妥当ですがね。たぶん守屋氏が思っている、・孫子 = 尊敬すべき古代思想家...

  •  -
  •  -

もはや法治国家ではない。東名夫婦死亡事故の話

心の健康に良くないと思いながら、昨日もまた悲惨な事件の報道を眺めていた。どうしてこの国ではこんな理不尽なことが毎日起き続けるのか……? ⇒東名で夫婦死亡、25歳男を殺人罪に問えるか高速道路で夫婦の車の前に割り込み、無理やり停止させた結果、背後からトラックが衝突し夫婦は死亡。この事故を誘発した車の運転手と、急ブレーキをかけたが停まることができず衝突してしまった背後のトラック運転手が全く同じ「過失運転致死傷...

  •  -
  •  -

妻の知能が低いと離婚する? 善悪のIQで判断すべき

さっき相方の見ていたテレビ番組で、「夫のほうが妻より賢い夫婦は、離婚する確率が高い。妻が賢い夫婦か、同程度のほうが長続きする」と言っていた。何故?学歴が高くエリート意識のある男は、女を虐げようとする傾向があるのか? と私はDVが蔓延する世情と照らして考えてしまったのだが、そうではなく夫側の意見で、「妻と会話が合わない。自分が仕事で失敗し、落ち込んだ時にも支えになってくれないから」だとか。共感してしま...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com