我傍的、ここだけの話

吉野圭のプライベートブログです。『我傍』裏話や前世、軽めの話+占星術
 メニュー・新着

-

私は1%の人間なのか? (サイデリアル・トロピカル問題で)

前記事の件で、「宇宙人が占星術を持ち込んだと仮定した場合は、サイデリアルとトロピカルのどちらが正しくなるか?」と想像を巡らせていました。(危ない人の異次元妄想。今に始まったことではないので、放置してください。笑)ここで言う「正しい」とは、どちらが使い勝手が良いか? というだけの基準。つまり、地球上における時空を表わす座標として、サイデリアルとトロピカルのどちらが長期の使用に耐え得るか? ということ...
-

“汝、自身を知れ” 地に立つということ、ヘリオセントリックをどう見るべきか〔定義追加〕

思いつくまま書きます。思考メモなので、まとまりのないことご容赦を。(以下、常体です)最近『我傍に立つ』のレビューをいただいたことをきっかけに、自分が二十代のころに書いた文章を見返し、「地に立つべきだ」と書いていたことを思い出して少々驚いている。そう言えば、あの頃は「地上」つまり「人」としての立ち位置をとても重視していたな。中庸とは何か、より再転載「まず君は、君自身を知らなければいけない」/「そうだ...
-

レス、sora様・m様・I様

まとめてしまって申し訳ないのですが、「ちゃんとメール読んでいます」というお知らせと感謝のために、短めの返信をさせていただきます。sora様まず先日アマゾンへレビューをくださったsora様、このブログに気付いてくださったうえメールをありがとうございます。再び、心に沁みる温かいお言葉に感動しています。>あのレビューは、私の稚拙な文章で、しかも自分の勝手な解釈や思い込みで色々書いてしまったので、……稚拙だなどと、...
-

中庸とは何か?(2018年版) 伝えることの難しさ

いただいたメールに刺激を受けてこれを書きます。(B様、ありがとうございます。これは返信記事ではないのですが、いつもヒントになり記事を書きたくなるお話に感謝致します)引用私が「我傍に立つ」の中で一番印象に残っているのは至暁が義理の息子に、人は常に真中を選択することがよい、と伝える場面です。これこそがまさに水瓶座の理想とする世界のように感じ、このように世界をおさめようとする方がいらっしゃったのだ、と非...
-

道義心ゼロ、暴力を愉しむ「色なし」たち。アメフト反則事件

どこを見ても同じ話題で皆様うんざりしているだろうから、あまり世間を騒がせるニュースに反応したくないのだが。二十歳の青年の会見があまりにも立派だったのと、明かされた酷い精神的暴力に憤りを抑えることができず書いてしまう。 こちらのレポートが詳しい。⇒アメフト反則事件、日大選手の会見詳細理不尽なマラソン十周などの懲罰を受け。日本代表となる夢まで断たれ。あげく、「試合に出たければ相手を壊せ」と強迫されて犯...
-

5/20『我傍』アマゾンレビュー投稿へ感謝

今、気付きました。2018/5/20 sora様。『我傍に立つ』へレビュー投稿、ありがとうございました。(ここをご覧になっている方なのかどうかは分かりませんが。いつか届くと信じて書きます)お互いがお互いを必要としながら、決して依存的ではなく、命の輝きのようなものを分けあい与え合っている。本当に素晴らしいと思いました。涙の出るご感想でした。そう、あの時は、お互い(我々の全員が)そんなふうに生きようとしていました...
-

『やりすぎ都市伝説外伝 2018春(関スペシャル)』感想。2030年以降の未来予想図

(c)NASA昨夜、テレビ東京『やりすぎ都市伝説』外伝を面白く眺めていた。陰謀論ネタでお馴染み、関暁夫氏だけが語るスペシャル。(以下、敬称略)マツコが参戦して番組全体のオタク度がアップしたのが面白かったな。関も通常の番組よりテンションが高く、興奮して喋っていたところが面白い。宗教教祖になる気か?と少々心配になるが。笑個人的に私はこういうオカルト世界観は嫌いではなく(深入りはしたくないけど)、趣味として愉...
-

心理テストのタイプ名や星座で、「~は性格悪い」と検索する人々

コンソール(解析)で検索ワードを眺めていて目につくのは、心理テストのタイプ名や星座などで「~は性格悪い」と検索している人たちが、かなり多いということ。つまりこの人たちは誰かのことを「性格悪い」と言いたい。悪口をばらまくつもりでいる。だから悪口の裏付けとなるウェブページを探してる。……性格、悪っ。笑病んでいるねえ、皆さん。笑えるのは、上の「~」に入るのは一つ二つではなくて、その心理テストタイプや星座の...
-

『僕が見つけた前世』 ご感想(5/16)

B様、嬉しいお言葉と小説ご感想ありがとうございました。ドラゴンヘッドの記事もご満足いただけたようで、嬉しく思います。「返信は必要ない」とのことでしたが、小説のご感想は大変貴重ですので引用させていただきます。もしご不快だったらご連絡ください。(ご感想文以外の文と、ネタバレ箇所は伏せます)「僕が見つけた前世」読みました。……面白かったです。「我傍に立つ」を読んでいたので、これはこのシーン!などと思い出さ...
My profile

Author : 吉野 圭

→プロフィール・お奨め記事

【お願い】
当ブログの記事を気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)

記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

検索フォーム

Translate,翻譯

過去ログ v Co リバース

管理者 別サイト

現在位置

トップ > 2018年05月

このブログはPG12です。→保護者の方へ

メモ帳

【別窓で開く】