我傍的、ここだけの話


Archive2019年04月 1/2

ご来訪の方へ

創作裏話とプライベート、世間話のブログです。+占星術。お探しの記事はこちらかも:前世 占星術 読書 三国志最新記事:この記事の次からが最新です。最新リスト表示はサイドの「MENU」を押してください。〔ご案内〕ここでは主に自作品に関する記事を書いています。★このブログのパスワード記事は小説内容に触れるため、下の二冊どちらかを最後までお読みいただいた方でなければ閲覧できません。 『我傍に立つ』 『僕が見つけ...

  •  -
  •  -

現世か来世に傾き過ぎる危険と、見かけだけの平等へ走る者の末路

検索していて秀逸な記事を見つけたのでご紹介。『てんきゅうぶのはてダ(仮題)』さんより ⇒現世と来世の危ういバランスもし、人生というものが「たかだか一世紀弱生きて、死んだらそれでパー」というだけのものでしか無いとしたら、人間は現世における目先の快楽のみを追求し、将来へ向けた活動、例えば勉強なり社会貢献なりを行う基盤が全く失われてしまうことになる。そのいきつくところは利己主義と拝金主義でしかなく、だから...

  •  -
  •  -

「令和」騒動、雑感。中国ネット民の反応など眺め、色々思った

令和に関して、最後の雑感です。世間を眺めて思ったこと。(あまり興味を持たれない記事のようなので、迷惑にならないよう畳みます)...

  •  -
  •  -

「羽生悪口書き込みバイト」…誹謗中傷がネットに溢れるときは、誰かが利益を得ている

少し疲れる世俗話を続けますね。皆様には関係ない話と思われるかもしれませんが、ネット上の情報を鵜呑みにすることの怖さを少し真面目に考えてみてください。羽生悪口書き込みバイト、炎上クラウドソーシングにて、羽生選手など著名人の悪質な悪口を書き込むよう発注する求人がツイッターで拡散され炎上、話題となっている。 ⇒「『羽生選手』『キモすぎ』で記事書いて」 氾濫するトレンドブログ求人、仲介業者も対応強化へまあ...

  •  -
  •  -

「日本は世界一冷たい国」記事に思うこと

なるべく世俗の険悪な話に触れないようにしているのだけれども。気になったので少しだけ世俗の話を書きます。最近、世間を騒がせている『東大祝辞』について書かれた以下の記事。 ⇒東大祝辞の核心「日本は世界一冷たい国」「失敗する人間は徹底的にたたくべし」「何もかもが自己責任。迷惑はかけないが、かけられるのはもってのほか」「人は自分の成功や人生に責任を持てばよく、他人のことにかまう暇はない」――。そんな声ばかり...

  •  -
  •  -

2019年春分図、上げておきます。解説は個人的な話のみ

参考までに2019年の春分図を上げておきます。図のみで、マンデーンの解説は控えます。マンデーンはプロの方の意見を参考にしてください。(C)Stargazer他でうまくアスペクトが表示されなかったのでStagazerの図をお借りしました。営利利用ではないためご容赦ください。アスペクトは私の方針によってオーブ緩めで、ここではソフトの出生用にセットしています。マンデーン解説はしませんがポイントだけ。山羊座が目立つチャートです...

  •  -
  •  -

2019年の春分図と「令和」のイメージについて(返信)

B様へ返信です。先に占星術の話に触れてくださったことへ、感謝。最近は占星術の記事を全く書かず、占星術館から来られる方に申し訳なかったです。私自身、ここのところ自分個人の変化に忙しかったためです。2019年の春分図すら見ていなかったことを反省します。新しい元号が発表されましたね。「令和」ときいたとき、そのときの星まわりが浮かんでどきりといたしました。「令」ということばは土星をイメージさせ、その土星がサビ...

  •  -
  •  -

記事を少し整理します。低俗に合わせれば低俗を招くことを反省

お気付きかもしれませんが、このブログ記事も少し整理中です。前々記事で書いた、「東から太陽が昇ることを知らない若者」を眺めて私も反省しました。アクセスが欲しいからとこの種の人々に合わせ、低俗な情報を提供していけば悪循環で世の中がどんどん低俗化していくのだと。硬い話はどうせ理解してもらえないだろう、閲覧してもらえないだろうと思って、分かりやすい記事を心がけてきたこのブログ。(それでも他のアクセス狙いの...

  •  -
  •  -

読書館、再移転

FC2の旧読書館ですが、スマホで見たところ広告が不快過ぎるため再移転しました。(前に使っていた場所)何度も移転して本当に申し訳ありません。 ⇒On a rainy day 「読書備忘録」...

  •  -
  •  -

東から太陽が昇ることを知らない若者。日本人の教養はやはり落ち続けているか

昨夜少し見かけた番組、『そんなコト考えた事なかったクイズ トリニクって何の肉!?』。番組タイトルは「トリニクって何の肉か」という問題に答えられない平成生まれが多かったことから。平成生まれが“常識的知識”を持っていないことをネタにして嘲笑する番組で、どうなのかと始め思っていた。我々だって教養のない世代、昔の人たちが「常識」と思っていたことをほとんど知らなかった(たとえば三国志人物の名を一度も聴いたこと...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com