我傍的、ここだけの話


Archive2019年09月 1/1

ご来訪の方へ

創作裏話とプライベート、世間話のブログです。+占星術。最新記事:この記事の次からが最新です。最新リスト表示はサイドの「MENU」を押してください。よく読まれるタグ: 占星術 前世 要パス記事三国志カテゴリはこちらへ移動しています。ぜひお越しください。 移動の理由と、これからのこと〔ご案内〕このブログのパスワード記事は小説内容に触れるため、下の二冊どちらかを最後までお読みいただいた方でなければ閲覧できま...

  •  -
  •  -

蜀同盟、まとめて更新報告。余談で「アテン」など歴史話

『蜀同盟』更新中。興味をお持ちの方は少ないと思いますが、一応ご報告しておきます。ウザいだろうからまとめて。中国大陸から閲覧されている方はクリックしないでください。最新の投稿。拡散希望です。 ⇒諸葛亮は偉大なK産リーダー? 柿沼陽平『劉備と諸葛亮 カネ勘定の三国志』絶賛レビューあと、文句を言いつつ結局あれから『三国志展』へ行ったのです。レポートはこちら。 ⇒「三国志展」に三国時代の息吹は無いが、人形劇...

  •  -
  •  -

鳥居の奥から、黒アゲハが飛来する神秘… とエンジェルナンバー444

虫とスピリチュアルが苦手な方は、ごめんなさい。この記事を見ないよう避けてください。ゾロ目ふたたびここのところ数字のゾロ目を見ることが増えた。〔この記事だけ読んでいる方のために解説〕こういったゾロ目の数字は「エンジェルナンバー」と呼ばれ、高次霊たちからのメッセージだとされる。神秘分野ではメッセージ性のあるシンボルを「オラクル(神託)」と呼ぶ。エンジェルナンバーも神託の一種。私の経験上、オーディエンス...

  •  -
  •  -

ご心配いただいている件と、「実名化」返信

今、記録的な暴風雨が日本を襲っています。自治体からの情報をチェックしつつ避難準備をしてください。大丈夫な地域の方のみ、このブログをお読みください。私の住む地域では今のところ避難勧告が出ていないので書くべきことを書いていきます。先日お返事した『我傍に立つ』実名化についてです。「夢のよう」というお言葉を忘れずにその後いただいたS様返信より。ブログを拝見しました。「了解致しました、死ぬまでに『我傍に立つ...

  •  -
  •  -

マイヤースと「引き寄せ」のことなど(返信)

T様、いつもご来訪感謝です。そしてメッセージありがとうございます。『蜀同盟』とどちらのブログで返信するか迷いましたが、スピリチュアル話なのでこちらにて。蜀同盟、かっこいいです。サイトの色使いのグラデーションといい、ラブバードの羽のアイコンといい、一体感を漂わせ、これが現代の戦なんだなと実感します。(あ、でも羽の扇子は嫌いなんじゃ?w)蜀同盟のサイトから出ているオーラが、旧日本や旧中国の精神を凝縮し...

  •  -
  •  -

ギフテッドについて

始めこちらで書いた記事ですが、Hatena向きの話題かなと思ったので移動しました。すみません。 ⇒ギフテッドの苦悩が初めて光を浴びた。今の時代に生まれた君たちへ...

  •  -
  •  -

【占星術で見る善悪】悪事をする者は未熟とは限らない。ゼロ地点と双極の話

占星術に関する回答です。少し前にメールでいただいたテーマですが、ダークな話なので躊躇して書くのが遅くなりました。すみません。ある殺人犯のネイタルホロスコープテーマ引用。青地箇所は筆者による加筆。ちなみに「先生」は筆者のことで、一般的な敬称としての「さん」の意味:不意にネットで見てしまったそちらのニュースのせいで、先週久しぶりに精神的にズドーーンと落ちました。あまり詳しくは書きたくありませんが、北九...

  •  -
  •  -

新ツイッターアカウントについて

別館でお知らせした通り、三国志ジャンルの話を呟くためのツイッターアカウントを開設しました。twitter.com特にこちらのブログの更新通知などはせず、占星術に関しても呟かない予定です。政治話をメインにツイートしていきますのでなるべくフォローしないほうが良いと思います。もしフォローされる場合は細心のご注意を。ツイッターをやりながら、まさかの「フォローしないでください」と言うという。笑我ながらおかしなことを言...

  •  -
  •  -

ご意見ありがとうございました。『我傍』実名化について

S様、ご意見ありがとうございました。とてもはっきりとした力強いお言葉に感動し震えています……。この先の自分の目標を曖昧にしてはいけないので、一部を伏せたうえで公開させていただきます。(送信時に公開のご了解をいただいていますが、もし公開がご不快だったり、「やっぱり非公開へ変更して欲しい」と思われましたらご連絡ください)『我傍に立つ』を現実名で書くべきか、について。小説の一ファンとしての正直な気持ちは、...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com

 カウントは2014年頃から、お休み期間もあり