我傍的、ここだけの話

吉野圭のプライベートブログです。自作品『我傍に立つ』裏話と世間雑記、占星術メモ
 メニュー・新着

-

偉業を成す人が特殊アスペクト持ちとは限らない(中村哲さんのホロスコープ)

占星術の話です。メールでいただいたご質問の回答、遅くなりました。Q.中村哲さんのホロスコープ を見てみたのですが、あんなに偉大なことをした方なのに素人ではやっぱり読めないなぁと思うくらい、特殊アスペクトのないものでした。あのような方の特殊さはどこで読み取れるのでしょうか?そうですね、確かにあれほどの偉業を成した方にしては一見シンプルにも見えますね。中村哲さんのネイタル(出生)ホロスコープ:(C)さくっ...
-

お奨めドラマ『琅琊榜』第6話まで視聴。そろそろ「策士」礼賛、やめません?

今、公園やパチンコ店のほかにレンタルDVD(BD)店へ客が殺到していることが問題となっているそうです。自粛で家に篭もるため映画を大量レンタルする人が多いのだとか。レンタル品はウイルスが付いている確率が高いのだが、あまりの混雑ぶりに店員の消毒作業が追い付かずにそのまま貸し出すしかないそう。たぶんレンタル用の袋も危険。感染拡大必至です。あの、皆さん。今はネットで映画・ドラマを観る時代ですよ?いまどきのテレ...
-

なぜ、パーティをやめなければならないのか? 民主主義を見直して自由を守ろう

別館で記事を書きました。現代世俗話。“このまま皆が我がまま放題の生活を続けたら、民主主義が敗北して世界が反転するけどいいの?”というお話。ストレスを感じやすい方は読まないようにしてください。※大陸から閲覧している人はクリック注意『民主主義が敗北する日~“SARS-CoV2”という共産兵器の最終目的』以下はこのブログ用に書く本心です。民主を愛するが故に「民主主義が敗北する日が来るかもしれない」とは、実はかなり以前...
-

悪の存在も計画されている? 「必要悪」について私が考えること〔追記あり〕

前記事『未来は計画通りか~』に関連する話。メールでいただいたご質問です。そのままの引用はまずいと思ったので、質問文を私の言葉で要約させていただきます。Q. 悪いことを行う人間の存在や、国家など巨悪の存在も予め計画されていたシナリオなのですか? だとすればそれは「必要悪」ということ?A. 「必要悪」なんてものは無いと思います。だから私は戦っています。ただこの「戦い」そのものがシナリオに組み込まれていたか...
-

未来は計画通りか、選択の余地はあるのか? 運命 VS 自由意志まとめ

年始の占星術予測がいつもより厳しめだったのと、予言の話も書いたので気になっている方が多いのでは。「未来は予め神の計画で決定しているのか、それとも人間に選択の余地は残っているのか!?」と。 運命 VS 自由意志論争。私も長年考えてきたテーマです。何度か記事で書いたこともあったと思います。運命タグを付けた記事で小出しに書いていますので漁ってみてください。当記事ではまとめとして、今現在の考えを書いておきま...
-

2020年大予言「湖北で疫病、東方から救世主が」 伯温先生、本当ですか?〔追記あり〕

昨夜も別館でUPしたのだけど『“看中国”ビジョンタイムズ』のツイッター・FBトップ画像に例の人物が使われており、とても嬉しく思いました。日本のファンは少ない……だろうからアピール力が弱い気がしますが、「東洋文化復興のシンボル」として使っていただけることに感謝しています。こちらにも画像を掲げておきましょう。(よほど嬉しかったらしい、自分。笑)VTフェイスブックより昨夜私が書いた記事: 蜀同盟:『コウメイが伝統...
-

STAY HOME! おうちで本を読もう~読みやすい電子書籍の無料本5選 (電子書籍デビューのすすめ) 

緊急事態宣言が全国に出されることになりました(4/17)。不要不急の外出をやめるよう呼びかけられています。そんななか、「自宅で読む本を買うため、書店へ大勢の人たちが殺到している」というニュースを見かけました。目次本屋に殺到…? 今はダメです!スマホ・パソコンが使える人は電子書籍を試して!お奨め電子書籍アプリお奨めの電子本5選(大きな括りで) ←こちらが本のリスト本屋に殺到…? 今はダメです!今、飲食店な...
-

やっと『正史』翻訳再開しました。それと、歌うま雀尊くんの話

更新が止まっていた『三国志 正史』の翻訳、ようやく再開しました。翻訳UP・正史『先主伝(劉備伝)』5 呂布に本拠を奪われ、妻子を捕虜にとられる・正史『武帝紀(曹操)』3 クーデターを断る お待たせしたわりにほんの少しだけの更新で、申し訳ないです。本当に遅々として進みませんね……。そもそもこの辺りは私のイメージが及ばない時期なので、筆が進まず。フィクション三国志をご存知の方のほうがイメージ浮かびやすいで...
-

『琅琊榜』 美しい情景のドラマだが、「先生」「策士」等々のワードで心を刺激される〔追記あり〕

皆さん外出自粛でお暇ではないでしょうか。私も引き籠もっています。と言うより私の場合、ブログ更新と読書の休日スタイルはいつも通りで変わらないのですが。笑散歩に出ないぶん家で過ごす時間が多くなったことは確かです。お奨め中華ドラマ今日は家族が奨めるので、『琅琊榜(ろうやぼう)』という中華ドラマの冒頭を観てみました。GYAOで1、2話があと3日ほど無料らしい。お暇だったら皆さんも観てみては? 古代中華の世界観...
My profile

Author : 吉野 圭

勤め人。趣味は読書、占星術。
一見様はこちらへ。
→プロフィール・お奨め記事

【お願い】
当ブログの記事を気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)

記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

検索フォーム

Translate,翻譯

過去ログ v Co リバース

管理者 別サイト

現在位置

トップ > 2020年04月

このブログはPG12です。→保護者の方へ