2023年02月の記事は見つかりませんでした。

投稿画像

続きを読む

今世で学ぶべきだったこと、タイムリミット間近で気付く

昨年冬至のテーマ「アイデンティティを取り戻す」へ無意識に従っていたのか、ここ半月ほどは“基本”を学び直していました。東洋古典思想も学び直しが必要、その前に三国時代をもっと詳しく客観的に振り返らねば――これはやや義務感――と焦るものの。やはり人類が壊れかけている今、喫緊(きっきん)で読み解かねばならないと感じるのはこの不気味な現代の背景で蠢(うごめ)く思想=プログラムです。それでどうやら現代に直結すると分...

投稿画像

続きを読む

日常こそ最強。『夕暮れに、手をつなぐ』などで癒されていること

前記事を振り返り。「精神ダメージで壊れそう。壊れてしまったら申し訳ない」などと書いて、これまた読者様に心配されるな……と反省しました。あれは占星術で“冥王星のASC通過=アイデンティティの危機”という象意があるため、あくまでも未来予測として書いただけです。今のところ全然大丈夫ですのでどうかご心配なく。最近あまりにもひどい狂気の嘘つきが多くて、精神が参っているのは確か。でも私は以前も書いた通りガラスハート...

投稿画像

続きを読む

2023年 冥王星の水瓶座入り。水瓶ワードを盗まれ踏みにじられるアイデンティティ

一昨日2月18日は「冥王星の日」でした。天文学上では太陽系の惑星から降格され存在を“BAN(削除)”された冥王星ですが、占星術ではまだ普通に話題にされているようで良かったなと思います。一国の都合で占星術における大きな象意が消されたらたまらない。さて。すでに各所で話題となっていることと思いますが2023年の春分図(その一年を占うための基礎となる占星図。春分日時を占う)も凄いことになっています。〔さくっとホロスコ...

投稿画像

続きを読む

『よみがえる古代思想』プラトンの目指した政治術とは

〔旧読書ブログからの移動記事です〕よみがえる古代思想―「哲学と政治」講義1 (講談社学術文庫) 文庫 – 2012/10/11佐々木 毅 (著)より引用と感想。引用文  アテナイの有名な政治家のペリクレス、ペルシャ戦争の英雄テミストクレスなどは、プラトンによれば、どうにもならない迎合屋になります。アテナイのもっとも誇りとする政治家たちを、プラトンはそれこそぼろくそに批判するわけです。彼らは人々に一時的な快楽を与えるこ...

投稿画像

続きを読む

上戸彩さん「キャラを受け入れる」の言葉が辛かった

さっき女優の上戸彩さんがテレビ番組で話しているのを見かけました。例によって家族が観ているテレビの画面をちらっと観ただけなので、番組タイトルなどは分かりません。お子さんが二人いて、マナーなどを厳しくしつけているとか。自分より遥かに年下と思っていた子がしっかりしたお母さんとなり、子育てを語る姿はなかなか衝撃的なものがあります。いまだに『金八先生』や『あずみ』の頃の彼女が忘れられない年寄りなもので。すみ...

投稿画像

続きを読む

警告はぜんぶ妄想!? 犯罪隠蔽のための「ガスライティング」という手法について

(話を分かりやすくするため大幅に推敲。以下はある種の犯罪に対する告発・警告を、「陰謀論」「デマデマ」「精神病者のたわごと」とレッテル貼りして潰す手法が横行していることについて…)知識のない方々・情報弱者の方々はどのような警告でも、「電波の妄想」「陰謀論」といった安易なレッテル貼りを信じて無視しがちです。気球だって民間会社の観測目的だと信じているのでしょう。人間は自分が安穏としていられる話に飛びつき...