2023年08月の記事は見つかりませんでした。

投稿画像

続きを読む

『トリリオンゲーム』面白いです。現代版だからハッタリ設定も無責任に楽しめた

最近は三国時代を眺め過ぎて疲れているため、せめて現代ドラマなどを観て気を紛らせるようにしています。息抜きでドラマ感想の雑談を書いておきます。『トリリオンゲーム』の爽快感に脱帽今季では『トリリオンゲーム』が一番面白いかな。またしてもどこかフィクションの『三国志』を思わせる設定だったので苦笑しましたが。避けるつもりだったのに『三国志』の影響を発見してしまうとは、難儀な環境だな…と思いました。“ハッタリか...

投稿画像

続きを読む

I am GOD'S CHILD… “腐敗した世界”への憎悪が反転思想の源です

前回私が「反転思想」と名付けた、いわゆる“悪魔崇拝”を含む思想について続きです。前記事では【あなたを危険なカルトへ導く反転思想の目印】として具体的な言葉を挙げておきましたが、この思想の最大の特徴は今の世を・腐敗した世界と定義することでしょう。そして、この腐敗した世界において・我々は何者かに支配されていると考える。(世界の全てを憎んでいるが、世界からは逃れられないため「我々は囚われ支配されている」と歪...

投稿画像

続きを読む

「恥を知らない」人ほど魂レベルが低い。成長するほど恥を知る(反転思想に注意)

〔8/23画像修正、読みやすさのため改稿〕最近私はスピリチュアルからも興味が離れ、あまり見ていなかったのですが。先日たまたまYouTubeのスピリチュアル界隈を覗く機会があって、このジャンルの動画が膨大に増えていることに驚きました。なかには詐欺へ誘導する悪質なものもあるようです。そこまで悪質ではないとしても、ほとんどの動画に矛盾がありました。もともと科学で裏付けることができない未知のジャンル。「どうせ誰も本...

投稿画像

続きを読む

祝・劉備役にディーン・フジオカ氏(パリピ孔明)、それとお誕生日おめでとうございます

朝、旧Twitter(X)のトレンドで「劉備」が急上昇していたので何事かと思いました。現代のSNSで1800年前の人物名が普通にトレンド入りする状況……脳が混乱する。何かまた歴史捏造の話題でなければいいがと恐る恐るクリックしたところ、このような話題でした。ライブドアニュースより【中国語を披露】ディーン・フジオカ、「パリピ孔明」で劉備役 「なかなかのムチャブリでした(笑)」https://news.livedoor.com/article/detail/248...

投稿画像

続きを読む

勝負は時の運、「死力を尽くす」は敗けを考えていない言葉

メモです。(tumblrでメモしようと思いましたがサービス終了の兆しがあるため、こちらで)今日上司が言った言葉が啓示のように響き、これは書き留めねばと思いました。“敗けることは考えていません”て言う奴ってさあ、その時点で敗けてんだよ。だってもう敗けることを頭に思い浮かべながら語ってるから。表面的に繕っても言葉の端々に出るんだよな。あれは敗けたときの言い訳を考えてる奴の言い分。勝負する気もないの、初めから。...

投稿画像

続きを読む

「美男美女は魂が劣っている」の嘘。魂は容姿をどのように選ぶか(私の体験談あり)

少し世間話とスピリチュアル雑談です。〔8/17 回りくどく読みづらかった箇所を修正〕反ルッキズムが吹き荒れる昨今。お笑い芸人たちが容姿を武器に笑いを取ることを禁じられ、お愛想で美形を褒めても怒られる。窮屈な時代となりました。私自身は人の“美醜”というものに無関心なほうですが、今の言論統制は気味が悪いなと思います。多くの人たちは美醜に関心があるはずなのに、その気持ちを強制的に押さえつけられている。美醜を口...

投稿画像

続きを読む

振り返れば「ほのぼの」でまとまる人生でした。人生の結末は心向きが決める

このたびの電子書籍化不具合のおかげで、『僕前』という自分の私小説を何度も読み直すことになってしまいました。修正作業のためじっくり読み直すこと三回。書籍化した後のチェックも含めれば計五回くらい……。本当に疲れてしまいましたが、何度も読み直すことであの当時へ心が戻ったのは良かったと思います。こんな作業の機会でもなければ自分の書いた小説を読み返すことはないので、貴重な体験だったと言えます。(と、前向きに考...

投稿画像

続きを読む

転生後、同時代でシンクロする相手の存在は何を表しているのか?【ご質問回答】

では地上の世俗脳からチャンネルを切り替えて(前記事で話したこと)、久しぶりにスピリチュアルの話を書きます。7/28にD様からいただいたメールへの回答です。小説ご感想先にメール冒頭、筆者の小説へのご感想から。吉野様の著書、『我傍に立つ』拝読させていただきました。今の時代で言えば、活躍した政治家が引退して落ち着いてから現役時代の回顧録を書いたみたいな印象を受けました。これはブログ記事を読んでいたからそう感...

投稿画像

続きを読む

地上からスピリット界へチャンネルを切り替えるには、気合が必要

呟きのような短い記事です。筆者の現状について。ここのところ架空史だった小説の“実名化”のため、曖昧だった記憶に名を与え、細かい知識で肉付けするという作業を続けてきました。そのせいもあり意識が現実方向――地上の具体的な事象へ傾いてしまい、当ブログで扱ってきたスピリチュアルや占いといった曖昧な世界への興味が薄れてしまった感があります。肉体・物質で固められて身動きしづらいこの地上(形而下)と、自由自在なイメ...