【質問】何がきっかけで読書好きになったのですか?

【質問】
何がきっかけで読書好きになったのですか? 読書好きとなったきっかけの本を教えてください! 私も本好きになりたいから、その本を読んでみたいです! ※

【回答】
記憶にございません。笑
物心ついた時にはすでに読書好きでした。

※同じような質問は過去に何件もいただきました。ここでは皆様のご質問をまとめて表現しています。 以下は雑談。

〔目次〕
そう言えば、「読書好きになったきっかけの本」が思い出せない
物心ついた時からの「読書好き」は不思議ですか?
もし、読書好きになった原因が過去世にあるのだとすれば
まとめ。読書好きになるきっかけなんて、何でもいいんです

そう言えば、「読書好きになったきっかけの本」が思い出せない

最近、『戦う書店ガール』というドラマを家族が観ています。本のタイトルが耳に入って来ると私もつい釣られて画面を見てしまいます。

このドラマの中で主人公が「最も好きだ」と言っていたのが、ミヒャエル・エンデの『はてしない物語』。
私も子供の頃にとても好きだった本なので嬉しく思います。あの赤い布張りの装丁、児童書のわりにずしっと手に重かった分厚さが懐かしいですね。

しかし、ドラマの主人公が
「『はてしない物語』で人生が変わった。何度も読み返している」
と言っていて、自分はそれほどではなかったなと思いました。
また読んでみたいなと思う本ではありますが、傍に置いて何度も読み返すということもなかったのです。

“一番好きな本は何ですか”
“人生を変えた本は何ですか”
と聞かれると私は答えに詰まります。
たぶん、あまりにたくさんの本を読んで様々なことを感じてきたせいで、「これ」という一冊を答えるのが難しいのだと思います。
もちろん凄いと思った本を挙げることはできます。最高度に衝撃を受けたのはヘッセ『デミアン』、共感したのはスティーブンキング『スタンド・バイ・ミー』等。
それら読書体験を述べることは可能ながら、その本が「人生を変えた」かどうかと聞かれると難しい。
まして、
「本好きになったきっかけ」
としての本などありません。
何故なら、何かの本と出会ったことをきっかけとして読書好きとなったわけではないからです。

読書好きで有名なタレントの又吉なども、太宰治の『人間失格』と出会ったことをきっかけとして読書好きになった、と公言していますね。
もしかしたら、読書好きの皆さんにそのような本があるのでしょうか。
本を好きになるきっかけとしての本を持たない私は、やはりおかしいのでしょうか?

物心ついた時からの「読書好き」は不思議ですか?

私は物心ついた頃からどういう理由か分からず、読書が好きでした。
「本が好き」と言うよりは、「読書が好き」なのです。本を読むという行為そのものが。

目で文字を追うという行為が好きなのであって、その内容はだいたい何でも良い。もちろん良質な物語を読むことができたなら幸福ですが、退屈な内容であっても文章であれば延々と目で追うことができます。その行為が心地良いのです。

このような感覚は、同じ本好きと自称する人たちに語ってもなかなか理解してもらえないので孤独感があります。
読書家と自称している人たちのなかには、「他人よりも難しそうな本を読んで自己アピールしたい」「他人に勝ちたい。勝ったような気に浸りたい」というだけで無理をして本を読んでいる人も存在します。こういう方々にはまず絶対に理解されません。
ミステリ好きなど、あるジャンルのファンの方々にも理解されないことが多いです。一つのジャンルの本にこだわり、他ジャンルは一切受け付けないと言う読書家はわりと多いように思います。たとえばミステリ好きには純文学など退屈(に見えるらしい)本は敵視され、害悪であるかのように憎まれています。ジャンルにこだわっているということはつまり、内容重視ということでしょう。

私はジャンルにこだわらず読みます。文字であれば本当に何でも良いです。(ある種の女性作家の小説など、生理的に受け付けないものはたまにある)
同じような嗜好の人はどこかにいるでしょうか。
辞書や六法全書でも延々と眺めている人がいたら、少しは孤独が癒されるのですが。

もし、読書好きになった原因が過去世にあるのだとすれば

ところで自分のこの趣味はいったい何が原因で身に付いたのか。
親の教育? 確かに親の教育は重要のようです。親から「読み聞かせ」をしてもらった子は読書好きになると言われているらしい。
ただ私は幼い頃、親などから「読み聞かせ」をしてもらった記憶は一切ありません。家庭が悲惨な状態だったので、大人たちの誰も子供に「読み聞かせ」をする余裕などなかったというのが現実。

だから思い当たるのは、やはり過去生しかなくなってしまうのです。

しかし一つ前の過去生でも「読書好きになったきっかけ」は思い出せません。良い家柄なので書物の教育は一通り受けたでしょうが、読書を推奨されたり押し付けられた記憶などないのです。
前世でも物心ついた時から読書という行為が好きだったように思います。

思い当たる記憶があるのは、そのさらに前です。
虐待を受け孤独だった頃、書庫へ逃げ込み延々と書物の文字を見つめて過ごしていた……。あの時がきっかけなのではないかと考えています。

つまり私は辛い人生を耐え抜くため書物へ逃げ込んだ。
だから文字を見つめていられるなら何でも良く、文字を目で追うだけで心が落ち着くようになったのでしょう。

そんなわけで、私が読書好きになった本当の「きっかけ」は少々悲惨で哀しいものです。

まとめ。読書好きになるきっかけなんて、何でもいいんです

この話で何を伝えたいかと言うと、読書好きになる「きっかけ」なんて何でも良いのだ、ということです。
「面白い本と出会ったから」
でも良いし、
「好きな人が読書を薦めてくれたから」
でも良いと思います。
私のように哀しいきっかけは経験してもらいたくありませんが。

そして誰もが幾つになっても、子供の頃に勉強が嫌いであっても本好きになる可能性はあります。なにしろ私が読書好きとなったギリシャ時代では始め文盲で、先生に文字を教わり初めて読めるようになったのですから。

それとこれが一番大事。
子供を本好きにしたかったら、本を読むことを強制しないでください。

私が強く思うのは、読書は趣味であるべきだということです。
いったい、いつから読書は「良いこと」になり、大人が子供に強制するものになったのでしょうか?

今、ほとんど本を読む人がいなくなってしまった時代にこんなことを言うと出版業界から怒られそうですが、読書は好きな人が行うべき行為。
「他人に勝ちたいから」とか「頭が良さそうに見られたいから」という卑しい目的で行うものではありません。

これからの読書はマニアックな趣味となり、心底から読書に耽溺する同類が増えることを期待します。