不可解なイメージを観てから、前世を裏付けるまでの経緯 目次

『我傍に立つ』後書きを、こちらにも転載することにしました。

目次
1.退行催眠で見た「前世イメージ」と、当初の考え
2.記録と向き合う。「現実調査」の過程
3.付属的考察・当該人物と自分との共通項

上記は小説『僕が見つけた前世』で物語化したことの、リアル版と言えます。
ただし細かいことは小説のほうに書いています。

【公開版】
「どうして私はこの結論に至ったか」という理由について、公開用に一般的な話を書きました。
・前世記憶は脳による作り変えなのかどうか、続き。自分の場合