自分の過去を封印したくなること

2020年9月19日

少しずつメール返信しています。
遅いなと思われている方がいたら申し訳ありません。
一つ、公開にて少し触れることをお許しください。
自分と似たネイタルホロスコープを持つ方の「前世記憶らしき」お話を読み、涙が出てきました……。
それは、はっきりとは分からないものの大量殺戮に関わるようなイメージ。
おそらく、それ故に今世では能力を封印されているのだろうということが私には感じられました。
――「封印」と言うか、実際には今世へ持って来ないようにすることもあると思います。
自分も同じだから分かるのです。
深い部分の傷に触れられた想いがし、いたたまれない。
戦争などで淡々と冷静に指示を出しているかのように見える者も、魂は傷を負っています。
たとえば現代で、遥か遠くの外国に無人飛行で爆撃することを職務としているアメリカ軍兵士は、現場で戦う兵士よりもはるかに深く心を病むといいます。
原爆を開発した科学者たちも同様だったでしょう。
罪の意識とかけ離れた職場で仕事をすることがなおさら、人間の精神(あるいは魂)を追い込むのです。
そのように、個人的な感情では抵抗できない傷を負った者は、過去を封印したくなるのだと思います。