我傍的、ここだけの話

吉野圭のプライベートブログです。自作品『我傍に立つ』裏話と世間雑記、占星術メモ
 メニュー・新着

-

星を買うファン。歴史に自分の名を刻みたいと言う人たちは、何故そう思うのか?

アイドルの名を永遠に残したいと言って、そのアイドル名義で星を買うファンがいるらしい。
微妙な気持ちになるお話……。
アイドル本人は嬉しいのだろうか。

正直に言うけど私だったら嫌だと思う。自分の名が星に刻まれて永久的に残るなどと、想像しただけでゾッとしてしまう。ごめんね。
(まさか買う人はいないだろうが。何かしら好意のお気持ちを抱いている方へ、冷たい感じのことを書いてすみませんの意)

でもよく考えたら名というものは常に他人が残すのだよね。
一瞬、「気持ちわるっ」と思ってしまったことを反省。笑
本当にごめん。

アイドルさんへ、有難いご厚意だ。純粋な応援のお気持ちには感謝しよう。

そもそも自分で「歴史に名を残したい」などと言う人のほうが間違っているのだと思う。

実は私は昔から、「歴史に名を残したい」と言う人たちの気持ちが分からずにいる。
人類のために何か役立つ行跡を残したい、という気持ちは理解するのだけど、だとすれば名なんか残っても残らなくてもどうでもいいのでは。
どちらかと言えば行跡だけ残るのが最もカッコイイ。それは人類として生まれた者の理想。

なので、「歴史に名を刻みたい」と言う人が苦手だ。
「何故、名を残したいと思うのか?」
聞いてみたい。
彼ら彼女らは一度でも自分の胸に「何故」と問うてみたことはあるのだろうか。
きっと「努力するため」だとか「自分にハードルを課すため」等々の答えを返すつもりだろうが。
あるジャンルでトップに立つために努力することは大切だと思う。ただ何でもいいから名を残したいだけという、名誉欲には欠片も共鳴できなくて疲れる。

――などと考えていたとき、テレ東『カラオケ・バトル』でバークレー出のエリート女性が
「私は歴史に名を刻みたいんです!」
と力強く仰っていて思わず大笑い。
うん、なるほど。何故か納得。
多くは語らないが、絶対に話が合いそうにないな。向こうもお断りだろうが。笑

/『カラオケ・バトル』は我が家でちょっとした祭り。
今回も素晴らしい歌声が聴けてありがたい。
堀優衣さんは本当に圧倒でうまいな。早くデビューして。
佐々木麻衣さん、肩の力が抜けていい感じ(痩せて可愛くなったし)。
個人的には小豆澤くんや西岡龍生くんなどの男子にもがんばって欲しいのだが、カラオケ機械は女性声に有利にできているのかな。もう少し、耳障りの良い声にも反応するよう作って欲しい。
関連記事
My profile

Author : 吉野 圭

勤め人。趣味は読書、占星術。
一見様はこちらへ。
→プロフィール・お奨め記事

【お願い】
当ブログの記事を気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)

記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

検索フォーム

Translate,翻譯

過去ログ v Co リバース

管理者 別サイト

現在位置

トップ > ~について(基本的な考え方) > 星を買うファン。歴史に自分の名を刻みたいと言う人たちは、何故そう思うのか?

このブログはPG12です。→保護者の方へ