-
・translate 翻譯
2018/11/23筆。
知恵袋の質問へ勝手に答えるシリーズ。

疲れるので今は彼についてのネット記事を見るのをやめているのですが、前に見かけた質問でこれくらいはOKかなと思うものを引用していきます。
あの暴力的な悪口サイトのなかでも、比較的に穏やかなものだけ引用しますので孔明ファンの方はご安心を。
ただ関連質問は辿らないほうが精神衛生に良いと思います。笑

質問:
ID非公開さん 2017/12/3000:47:20

諸葛孔明って現代でいうどれくらい頭がいいですか?

ベストアンサーの回答:
sig********さん 2017/12/3000:54:11

本人がいないのに比べようがないですが、基準はなんですかね?
例えばですが軍師として優秀だから5教科全て得意というわけでもないと思います。
あくまで戦術と戦略を考えたり、人が考えなかったことを思いつけた人です。
では今の人達が孔明なみの戦略を練れませんか?
むしろ更に高等な戦略を練れます。
何故なら彼を始め優秀な軍師たちの知識を得ているからです。

先に書いた通りあなたの言う頭がいいのはどのことに関してなのかにもよると思いますし、
本人がいない以上それを証明はできません。
ただし過去との人とした場合、非凡な才能と考える力と観察眼と判断力が図抜けていたのは間違いありません。
ベストアンサーへ。
まあまあ^^;
落ち着いて。

そんな切れ気味に答えることでもないでしょうに。

>軍師として優秀だから5教科全て得意というわけでもないと思います。
>あくまで戦術と戦略を考えたり、人が考えなかったことを思いつけた人です。

ま、そうだよね。
ただ何と言えばいいのか、極端な才能だけに偏った「天才」というわけではないので、偏差値の高い「優等生」タイプだと思ったほうが正しいですよ。
だからやろうと思えば5教科バランス良くできたと思う。
「これを勉強しろ」
と命令されたなら了解!と言って、たいてい何でも平均以上にはこなせたはずです。

現代国語は間違いなく得意で、偏差値で言うと全国ランクに余裕で入れたのでは。
社会科教科も得意でしょう。たぶん、一切勉強しなくても一夜漬けだけで平均点が取れます。真面目に予習復習すれば全国一位も視野に入ります。
文系だから数学は苦手と考えられますが、それでも必要と考えて塾などに通えば、高得点が狙えたと思います。

資格試験で言うと、合格率10%くらいの試験だったら独学だけでも取れます。
2%や3%、つまり大昔の司法試験だったらさすがに専門学校へ通う必要があるでしょうが、金と時間があれば取れるのではないでしょうか。


質問者、
>その時代の常識に比べてどれくらいか?ということです。

うん、そういう趣旨の質問だよね。分かりますよ。

>その当時の字が書ける人々の平均レベルに比べてどれくらいかです。
>どれくらいかというのは、現代の例えば大学でもいいので教えてください

それはBAも答えているけど難しい基準……。
「平均」がものすごく低いからな。
ただ諸葛亮の場合、文字が読めて学を修めた識者の中で、比較的に能力が高いほうだったということになります。

と言うことは、障害さえなければ、現代日本の大学だと東大には普通に入れた能力なのでしょう。
障害とは――たとえば当ブログ筆者のように、貧困家庭出身で学費を払うことができなかったり、「頭イイ」と呼ばれるのが恐怖というトラウマがあって成績落とす操作をするなどというネガティブな精神状況に囚われること。そういうことが一切なく、何も考えずに普通に勉強していれば軽く東大へは入れたと思います。

アメリカのハーバード大はちょっと難しいかな? コミュケーション能力が低く愛想が良くないので面接で落ちそう。それでも、絶対無理というわけでもない気がする。
(でも諸葛亮には、そんな大学へ行くモチベーションがないですねえ。地位を得て金儲けしたいという気持ちがない)

ただし、東大などその国の上位大学に入ってしまえば、大学内では平均的な学生ではないでしょうか。
特にガツガツとヤル気のあるタイプではないので、そこそこ平均点を取れたならいいと思って大人しく過ごすでしょう。
なにしろ目立つのが大嫌いな性格ですから、論文などで目立ってしまうのはもってのほかです。
ディベートも苦手だから議論を吹っかけられても逃げ回っていて、ゼミなどにも出席しないようになると思います。
学校が終わったら家へ直行して一人読書をしているでしょうね。
とにかく、おうちで読書が一番幸せというタイプ。
まあでも、東大だったらそういう変わり者がたくさんいそうで、同類たちにシンパシィを覚えて安心できたかもしれません。いいなあ東大生は幸せそう。


以上、異次元の回答でした。笑
なんでこんなことが分かるの?と思われた一見さんは、当ブログ他記事を漁ってください。
私はこの記事をほとんど自己投影して語っているのですが、諸葛亮の史実からもかけ離れた回答ではないと思います。


ちなみに、(期待されないように書いておくと)
今現在の私は学もなく、何ら専門的な学習をしていないので平均的な知識・能力しかありません。東大卒の人には圧倒で負けますね。
IQも、幼い頃は周囲をざわつかせ、母親が呼び出されて「大切に育てるように」と耳元で囁かれた値だったそうですが今となっては平均値です。
※子供の頃のIQ値は親にも本人にも知らされないので数値は分かりません
(大人になってからのIQテストの結果は偽装で、様々あるテストの方式によっても値が異なり信ぴょう性に欠けるとされます。その数値に仕事能力などは表れないため、現代では無意味と考えるのが常識です)

時代ごとに「優秀な人」とは、その時代において専門的な学習を修め、実務を真剣にやってきたという歴史を持つ人のことです。
だからたとえば霊言などで過去の人に知識を求めるのは間違っているはずです。

【関連記事】 某宗教団体の「霊言」はあり得ないと断言します
関連記事

吉野 圭-Yoshino Kei
Posted by吉野 圭-Yoshino Kei


気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com