-
・translate 翻譯
前記事で少し触れた史実について、kawauso氏がこう書いていた。

はじめての三国志 『ええっ! 成功事例もあった孔明の女物の衣服を送る計略』
https://hajimete-sangokushi.com/2017/12/17/%e5%ad%94%e6%98%8e%e8%a8%88%e7%95%a5/

より。()と……は当ブログ筆者による。
孔明衰えたるかな……という計略があります。それが他でもない、(司馬懿へ女物の衣服・装飾を送るという計略)。もちろん、冷静な司馬懿がそんな挑発に乗るはずがなく……
智謀の塊のような孔明でさえ、焦りを隠せず成功する筈もない子供騙しの計略を行うのかと、悲しくなったものです。
仰る通りだと思う。
何より痛いのは、「智謀の塊のような孔明」はフィクション、「子供騙しの計略を行った」ほうが史実というところ。

(どうでもいいけど、フィクション小説を書く人は史実が増えてくる後半にこういったキャラチェンジの不具合が起きることを考えなかったのか? いくらなんでもこのキャラ変は読者が戸惑うだろうに)

しかし実際の戦争は、子供騙しみたいなことの繰り返し。表は。
その代わり裏が大事で、物理的な準備(軍事力を整える。兵站を整え管理する)を徹底する。
現実の長期戦はそちらの物理的な力の差※で決まる。
奇計だけで勝敗が決定することは、単発戦でない限りあり得ない。

※追記 ここは誤解する人が多いと思うので書いておくと、「物理的な力の差」には見える物理と見えない物理とがある。「見える物理」は兵器・兵員・兵糧など現に保有するものとして数値化できる軍事力。「見えない物理」には様々あるが、たとえばこちらの名に怯み敵が陣地を放棄する・地元住民がこちらへ援助する等々。天気も後者に含まれる。要するに可変ながらほぼ確実な状況の力。こちらは見えづらいが、軍事においては「物理」として計算されるべきもの。(ただし可変ゆえ、楽観的過ぎる計算をしてはいけない)

なのでリスクが無い場合、表向きには子供騙しの挑発でも何でも「試しにやってみる」のが正しいと思う。
何故ならメッセージが伝聞されることで冷静な本人が動かなくても周りが動くことがある。
冷静な本人を刺激すると言うよりは
“世論扇動”
のほうを狙う。
司馬懿の評判が悪くなり騒ぎになれば動かざるを得なくなる、という可能性を試す。

現代で言えばツイッターで相手国トップの悪口を言うようなもの。 
トランプ氏に計算があるのかどうか分からないが、ツイッターで相手国リーダーを批判するのは、本人よりも世論を刺激して操作する目的だとすれば正しい。
ただし、核ミサイルを持つ相手を挑発するのは絶対の絶対にダメだと思うが!

――と、つらつら書いていて気付く。
上記事の後半にちゃんと
孔明の計略は本人よりも敵軍の兵士に作用する
と書かれていた。
よくお分かりで。

以下の話も納得。
孔明曰、
「司馬懿は最初から出撃するつもりはない。わざと怒ってみせて自軍の士気を鼓舞しただけだ……
将軍とは戦地では君命も受けない自由裁量が認められているのに、君命だから出撃できんとは猿芝居もよい所だ」


全く同意見(?)だね。 


 で、ここまで色々分かっているkawauso氏だからこそ、こちら>>『孔明は劉禅を傀儡にして蜀を創った独裁者だった』という誤りはおかしい。
関連記事

吉野 圭-Yoshino Kei
Posted by吉野 圭-Yoshino Kei


気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com