神秘・占星術

    最近見た虹と、「天意」の話

    今月の大雨の最中、東京近郊だけ一瞬晴れたことがあった。
    ちょうど仕事終わりの夕方で、西の雲間から光が差しており、「虹が出たらいいなあ」と思い空を見ながら家路についた。
    東側の空が開けた場所に出た際、虹のたもと(下側の一部)だけ表れていることに気付いた。

    「ああ、もっと全体に半円となった虹が見たい」
    そう願って立ち止まり空を見上げていると、見る見る虹がはっきりとしてきて、目の前に架かる巨大な七色橋となった。
    a0006_002399.jpg※イメージ画像

    この時の率直な感想。
    「マジか」。笑

    偶然なのかなと思い、虹が消えてきた頃に試しにもう一度願ってみた。
    「もう一度、虹が見たい」
    するとまた虹が濃くはっきりとなっていき、頭上で丸くつながった。
    感動で全身鳥肌が立った。
    ……どうやらマジで神様に願いが通じているらしい……。


    それからしばらく経ったある日。
    相方が風邪をひいているのに外出したいと我がままを言うので、冗談で
    「神様。このおバカさんが外出したいと我がままを言って聞きません。どうか雨を降らせてください」
    と言ったら30分後に雨が降ってきた。
    相方は「お前のせいで雨が降った!」と本気でご立腹だった。
    (天気予報では翌日の夜から雨のはずだった。早まったのはお前のせいだ、と怒られた)
    何か最近こんなふうに天が自分の願ったことを実現してくれることが多い気がする。
    これは私が天気を念力で左右しているという勘違いの自慢話ではないので(笑)、念のため。
    しかしこういう出来事で「天意」を感じなかったら、さすがにバカかもしれないと最近は思うになった。
    あの虹事件や雨事件はたぶん、
    「お前を見捨てていないよ。まだ見ているよ」
    という高次霊からのメッセージなのではないかと受け取っておく。


    以上、プライベート談でした。


    先日のレスでも少し「天意」が話題となりました。
    色々なことがごちゃ混ぜとなっており、「天意」が何であるのかよく分かっていない方が多いようです。
    天気を動かすような「天意」とは、地上に近い位置にいる高次霊たちの仕業。
    地上の我々はただ「神様」と呼んでいますが、神にも色々な段階があり、我々に影響を与えるのは地上を卒業した後の先輩たち「高次霊」です。「究極の神」の使い、西洋的に言えば「天使」ということになるでしょう。
    彼ら高次霊たちは「天使」として表れる場合は善意の存在であり、その地に生きる人類にとって善いと思う側に味方します。
    その際、
    「君たちを応援しているよ」
    という証拠に虹を見せることもありますし、逆にそちら側に有利であれば雨を降らせることもあります。(もちろん、風を吹かせることもあるでしょう)

    人間感覚では、ただ見た目の晴れがましさから
    「晴れていれば吉」
    とだけ考えるのですが、高次霊たちはそこまで単純なメッセージばかり送るわけではありません。

    人間が「天、神」と呼ぶところの高次霊たちは、人間の感覚に近いので、時に名映画監督のような演出・支援をほどこします。
    究極の存在である真の意味の「神」はこのような人助けをしません。ごちゃ混ぜにしてはいけません。
    そもそも究極の神が、人類の一民族の戦争など手助けするわけがないのです。
    たとえばジャンヌ・ダルクのもとに表れた天使は、フランスに属する高次霊です。
    他に昔から聖書で描かれた「神々」も同じく民族に属する高次霊と思われます。
    より本当の「神」に近い存在は地上の善悪がなく、地上から見れば残酷で、悪魔(悪魔は存在しないが、人類にとって害ある行いをする者のこと)さえ召喚して地上をかき乱すことがあると思われます。
    ただ言えることは、善良な高次霊たちはその時代・地域において最も正当と思われる集団に味方するということです。
    決して人間の言う「正義」とイコールではないので注意してください。

    以下略
    関連記事

    2015年~カウント: