-
・translate 翻譯
12/19の記事

名付けで「コウメイ」を使う人たち

先日「孔明という名前(字)の意味」という記事を上げて知ったのだけど、この名前について、お子様の名付けの参考で検索されている方が多いらしい。

何か他の意味があって付けるのではなく、三国志好きの方が諸葛亮をイメージして「孔明」と付けるのだとか。
昔から意外と多いそうだ。

このことについて、私は「不謹慎」とか「図々しい」などとは思わない。まさかそんなことを思うわけがない。
個人的には全然かまわないと思うのだけど、あくまでも自分だったらと考えると、お子様が可哀想かな……という気がする。

自分だったら嫌だな。歴史人物の名を付けられるのは最も嫌で、アニメのほうがマシと思う。
特に「孔明」だけは絶対に嫌だ。

――と、私が言うというね、笑。申し訳ない。
(良きにつけ悪しきにつけ、今のイメージが苦手なのです。だから実は関わりたくないと思っている。今は関わることが宿命と思っていて、諦めの境地で記事を書いている)

質問板を拝見してみた。
 ⇒主人は三国志が好きで、子供にこうめいという名前を付けたがっています。
 ⇒えっ?名前が「孔明」・・・?

「名前負けするよ」などとアドバイスされているが、元の名主がそれほどでもないし、構わないのでは?笑

むしろ逆に今は、ネガティブなほうのイメージが強いことを知っておくべき。
上の質問板でも何人か回答者に紛れ込んでいるが、サヨクの工作員が諸葛亮のネガティブキャンペーンを行っているから、これからこの名を子供に付けようと思っている方は考え直したほうがいいかもしれない。ネットで大量の悪口を見かけて傷付く可能性大。現実にサヨからの攻撃を受けることもあるかもしれない。
 参考: 曹操を評価し、諸葛孔明の虚像を暴く? ドヤ顔でマニアが語る逆説の、嘘と真実


それでも「孔明」で名付けたいなら、「コウメイ」と読ませるのではなく、和読みで
「よしあき」
「ひろあき」
が可愛いし、大人になってからもスマートに思われるのでは。
日本で音読みの名はとにかく、「え?」と聞き返されることが多いから言い直すのもわずらわしいですよ。仕事に支障が出る。私も経験者なので言っています。

うちの従兄が音読みの名なのだが、名刺交換するたびやはり「え?」と聞き返され、そのたび言い直し
「中国人じゃないですよ」
と笑いながら説明していて大変そうだった。
(国籍問題や差別など、そういう話ではなく純粋に不便なだけだが)

これからは国際化の時代だし、シンプルにその国らしい名で付けたほうが生きやすいのではないか? と個人的には思う。


豆知識

実は、中国では実在人物の名を我が子に付けるのは絶対タブー。
一般の人がその時代の政治家や、過去の著名な人物の名を付けると処刑(死刑)にさえなる。現代中国はどうだか知らないが、過去にそういう歴史があるので避けるのが普通かと思う。
「有名人の名を我が子にそのまま付ける」という習慣があるのはたぶん、日本だけ。
どこかの動物園が猿の子にイギリス王女の「シャーロット」と付けて批判殺到したことがありましたっけ。イギリス王室が許可したので通ったが、普通の国では不謹慎と思うことなので発想さえしないはず。

猿に有名人の名を付けてもおとがめなし、という緩い日本文化が私は好きだが、これからは外国文化も意識したほうがいいかもしれない。
関連記事

吉野 圭-Yoshino Kei
Posted by吉野 圭-Yoshino Kei


気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com