プライベート

    「蛍の光」原曲を聴きながら想う。北欧メロディが懐かしいのは自分だけ?

    年末31日まで目一杯仕事です。なのであまり長文の記事は書けず、翻訳も進まなくて申し訳ないです。

    息抜きにYouTubeでこんな曲を聴いていました。
    去り行く平成に相応しい、かもしれない。



    「ほーたーるの、ひーかーり、まぁどーのゆーきー(蛍の光、窓の雪)……」
    などと頭の中で歌ってしまうのはどうにも抵抗できない。日本人だな自分。笑
    純粋に歌詞なしのメロディでも既に美しいというのに。

    しかしこの曲もそうだけど、『アメージンググレース』など北欧のメロディを懐かしく感じるのはどうしてだろう?
    私だけ?
    それとも皆さんも同じ? 

    日本人として幼い頃から聞かされてきたからだろうか。
    または遠い過去世と関連があるのか。
    未だこれだけ謎が解けません。


    おまけ。スコットランドの歌詞について

    日本タイトル『蛍の光』は古くから伝わるスコットランド民謡。
    日本の歌詞も良いが、私はこの原曲の歌詞(ロバート・バーンズ作)のほうへ共鳴する。
    旧友は忘れていくものなのだろうか、
    古き昔も心から消え果てるものなのだろうか。

    コーラス:
    友よ、古き昔のために、
    親愛のこの一杯を飲み干そうではないか。

    我らは互いに杯を手にし、いままさに、
    古き昔のため、親愛のこの一杯を飲まんとしている。
    (コーラス)

    我ら二人は丘を駈け、可憐な雛菊を折ったものだ。
    だが古き昔より時は去り、我らはよろめくばかりの
    距離を隔て彷徨っていた。

    (コーラス)

    我ら二人は日がら瀬に遊んだものだ。
    だが古き昔より二人を隔てた荒海は広かった。

    (コーラス)

    いまここに、我が親友の手がある。
    いまここに、我らは手をとる。
    いま我らは、良き友情の杯を飲み干すのだ。
    古き昔のために。
    (コーラス)

    Wikipediaより
    関連記事

    2015年~カウント: