ヘッセのホロスコープ

占い館からここに来られている方がどれだけいらっしゃるか分からないのですが、たまには占星術の話など。

(読書館で書いた記事。当ブログへ移動)
⇒『占星術的、ヘッセへの誘い』

私が好きになる人は何故かアセンダント射手座が多いようです。
「この人、好きだなあ」と思う方は後から調べるとたいてい射手座です。

何故だろう、あのサッパリした性格に惹かれるのか。
誰に対しても同じ態度で接する公平さが良い。
世間的な地位や名誉にこだわらず物欲が低いところも、水瓶座の自分とはフィーリングが合う。

「少年のような」と表現するのは陳腐だが、大人ではあり得ないほどのピュアな正義感、明確でぶれない意志には惚れ惚れします。(人として)

劉備のアセンダントは当然ながら分からないけど、五行で「辛」なので射手座要素が強いはず。もしかしたらアセン射手座ではないか? と想像します。

しかし射手座の人の「絶対に負けない」という強情さ、闘争心の強さには本当に勘弁して欲しいと思うことがあります。

ヘッセもその不撓不屈の精神※により歴史に残っているわけですが、周りの人たちはさぞ大変だっただろうと思います。

※ヘッセはあの独裁者にさえ噛みついています

あと、ヘッセのホロスコープにはやはりYODが散見されます。
上サイトのホロスコープだと分かりづらいけど、冥王星×金星×木星のYOD、そしてオーブを広めに採るとMC×天王星×土星のYODが目立ちます。

精神のバランスを崩したり身体の病気に罹って未来を断たれたり、等々、「地獄」を味わう人にはやはりYODが表れるのだな。

ヘッセは、それを乗り越えた故の「天才」です。

うーん……。自分はいつYODを乗り越えてその域に行けるやら。
なにせYODが多過ぎる。

(私と同年生まれの人は多重YOD持ちが多いと思うのですが、皆さん今どのような人生を送ってらっしゃるのだろう? 今のところYOD越えをして有名になっているのは、あの人のみですね)