神秘・占星術

    封印であり、護符でもある。「正反対」とはどういうことか?(ネイタル補足)

    前記事で自分のネイタル・アスペクトについて「封印」などと書いたのだけど、私自身が封印されているのではなく逆に「守護されている」という解釈もできます。世界的に最もオーソドックスな意味、「護符」としての解釈です。

    (余談ながら、自然界に存在する星型を「悪魔」と呼ぶのはカルト教祖とおバカさんだけ、という話はそろそろ浸透してきましたか? 最近は陰謀論も教祖の正体が露呈して廃れてきたよね)

    おかげ様で私は平和な人生を過ごしてきました。
    トランジットの象意もことごとくスルーしていく。頭の上に巨大な雨避けがあるように。
    サターンリターン(土星回帰)についてお話をしたかったのですが、私自身は何事も無かったので自分の体験を述べることができないのは残念です。

    もちろん私は、『運命を回避するために宗教へ入れ』と主張する元占い師さんの言うように、特別な団体の神様を信じている者ではありません。
    アルコールや麻薬に依存して人生が捻じ曲がったということも一度もありません。
    自分のネイタルを読めば、これはむしろネイタルが正しく実行されている状態である、ただそれだけだと言えるでしょう。

    ※参考になるかもしれない解説: 私のサビアンシンボルだけを読むと凄まじい運命が待っているかのように思えますが、このシンボルを上下の護符となるアスペクトが封印して守護している感じです。(ネイタルを読むには惑星だけの象意ではなくアスペクトが重要ということの証。アスペクトは人生の動力を表すのだろう)→公開版、シンボル参照

    それにしても護符が強力過ぎて、「箱入り」が長過ぎるようには思います。
    ずっと空調の完備された室内で過ごしているような人生。
    この点も、嵐の中に飛び込んだ彼の人生とは正反対です。


    正反対だから悪人になるか?


    「正反対」の意味について、もう一点。

    「純粋の反対」だからといって私が今、悪を体現するために生まれてきているわけではないので誤解なさらないように。笑

    こう書くと混乱するでしょうが、「純粋」は善良と完全にイコールというわけではありません。
    「純粋さ」とは、ただ嘘をつかずごまかさずに、本心のまま生きられる資質を持つというだけのことだと思います。
    (むろん純粋な人はたいてい無欲なので悪と結び付く可能性は低くなります。でも100%絶対ではない。たとえばグランド・トライン持ちだからといって絶対に犯罪者にならないというわけではない)

    逆に言えば、今の私が傷を負って疑い深くなったとは言っても、本心は変わりません。アスペクトに関わらず性根は同じ。
    つまり今も特に悪事を行うつもりはないということです。

    前も書いたようにネイタルのホロスコープから本性の「善悪」だけは読み取れないのです。
    そもそも地上の基準での「善悪」が、真実「善悪」なのかどうかも不明ですが。
    仮に地上の基準で「他人に危害を加える者が悪人」と単純な設定をしたとしても、この設定ですら判別はつきません。
    まるでマイナンバーが伏せられた住民票のように、ホロスコープでも善悪だけは伏せられ閲覧できない仕組みになっているような気がします。

    だから、自分の心に耳を澄ますことが肝心になってきます。

    自分が地上において善悪どちらへ傾きやすいかは、実はご自身が最も知っているのではないでしょうか。
    強大なエネルギーを持って生まれている方は特にコントロールが必要です。


    私が善良な人間かどうか?


    おまけの話。

    「アスペクトに関わらず性根は同じ。つまり今も特に悪事を行うつもりはないということです。」
    などと書いた箇所、まるで自分が善良な人間だと言っているように響いたかもしれないですね。
    だとすればお恥ずかしい。

    何度も書いてきた通り、私は自分で自分を善良な人間だと思ったことは一度もありません。
    それどころか、「善良な人間を目指そう」とさえ思ったこともないという。本当に。

    親や教師から与えられた教訓は無視することが多々ありました。
    他人から押し付けられた倫理観など、ほぼ無視です。

    ただ本心の赴くままに生きて語るといつの間にか他人から
    「説教臭い」
    「道徳教師」
    との謗り?を受けてウザがられ――笑、いや、認められるだけのことです。

    ご存知でしょうが私は聖人などではありませんし、聖人を目指すつもりも一切ありません。
    (当たり前。凡人ゆえ無理です)
    だけどたぶん本性から悪事をはたらこうという発想の無いタイプだったのでしょう。
    出来る限りいつまでも、そのような自分に正直ではありたいと思っています。

    関連記事

    2015年~カウント: