-
・translate 翻譯
昨夜少し見かけた番組、『そんなコト考えた事なかったクイズ トリニクって何の肉!?』

番組タイトルは「トリニクって何の肉か」という問題に答えられない平成生まれが多かったことから。

平成生まれが“常識的知識”を持っていないことをネタにして嘲笑する番組で、どうなのかと始め思っていた。
我々だって教養のない世代、昔の人たちが「常識」と思っていたことをほとんど知らなかった(たとえば三国志人物の名を一度も聴いたことがないなど)ので、若い人たちを笑えないだろう。

たとえば
「何枕は縁起が悪いと言われている?」
との問題。
正解は「北枕」なのだけど、こんなことは親世代が言わなければ伝わるわけがない。
「自分の子供が、北枕が縁起が悪いということを知らなくてショックだった」
などの投稿をしている人は、親として自分が教えなかったことを恥じるべきだ。
しかも本家インド仏教や世界的な常識に照らせば間違っているという。
(そもそもだけど、日本の葬儀は儒教と仏教が混ざっている。たとえば位牌は儒教から。そんなことも知らない日本人が多数。平成生まれだけを笑えない)

でも、さすがに
「太陽はどちらから昇る?」
という地球規模の基礎問題に答えられなかった平成生まれがわりとたくさんいたことは驚いた。
しかも高学歴の子たちが答えられないという現状。
伝統とは違って地球の話なので、親が教えなくても空を眺めていれば分かるだろ。東西南北を知っているなら。
「太陽はどちらから昇るのか」、これは貧困国の、全く教育を受けていない人がぎりぎり答えられるか答えられないかというレベルの問題と思う。
日本人の高学歴の子が、「太陽は西から昇る」「左から昇る」という回答をしている様子は外国人が見たら衝撃だろうな。
これは……映像で流してしまって良かったのか。世界の人が目撃したら恥どころではないよ。

なるほど、ここまで知性が落ちているならフィクションを鵜呑みにするはずだよね。知識がなくても普通は分かることが、分からない。思考できない。
 ※フィクションを鵜呑みにするホラーな人々の例: 「私は詐欺の鴨になります!」と叫ぶ知恵袋ユーザー占い師全員の評価を下げる、ベテラン占い師人治を法治と呼ぶK党ライター 他多数
この人たちは「ドラゴンボール」も現実にあると思っているし、進撃の巨人の「巨人」も実在すると信じているらしい。怖い。

もちろん平成生まれでも知性と教養のある子はいる。ツイッター以外のネット活動をしている平成生まれは、常識のある子が多い印象。
また昭和生まれにも馬鹿は大勢いる。
(ちなみに上の「フィクション鵜呑み」にしている人たちは主に昭和生まれだと思う)
だから一括りにはできないのだけど、団塊世代あたりから、日本人の知性と教養が全体に落ち続けていることは否定できない。

ここのブログでも、悪口のネタになりそうな記事や簡単な内容の記事はとても閲覧数が高いのに、少し社会問題に関わる話だったり難しい話だったりするとほとんど閲覧がないという。
そんな行動を眺めていても全体の知性が落ちているな、ということは感覚として分かる。
このように受け取り手の知性がないものだから、メディアはどんどん下劣で知性を失っていくという悪循環を起こしているのは仕方がないことか。

私は知識ばかり詰め込むのは良くないと考えている者だけど、やはり思考の手がかりとなる最低限の教養は必要だ。
日本人のイジメや暴力が年々酷くなっていくのは、その最低限の教養すらないからだろう。

今のまま教養が落ち続けて行けば日本に未来はないな。

こんな国で語り続けることは、虚空に向かって独り大声を張り上げているようなもの。
無意味、絶望だ。

(私は今のところ、小人数にだけメッセージが届けばいいと思っているので構わないが)


【番組その後】
上の問題の後に、
「王貞治を平成生まれが知らなかった」
ことで最大の悲鳴が上がっていたのでバカバカしくなりテレビを見るのをやめた。
有名な野球選手とか、それこそ世代によって知らない人が多くなるのは当たり前でしょう。まして野球など今は流行らないし。
そんな狭い世界限定の常識で驚くよりも、世界規模の「太陽が昇る方角」などの問題を答えられないことに悲鳴を上げるべきだ。
何が大事で大事ではないか、そんなことさえ分からない大人たちも教養が欠如しているように多う。
関連記事

吉野 圭-Yoshino Kei
Posted by吉野 圭-Yoshino Kei


気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com