-
・translate 翻譯
上野・東京国立博物館で行われる『三国志展』について、昨夜はあのように書きましたが、楽しみにしている方もいらっしゃると思います。

主催者は危険な相手だけど、趣味として展示物を楽しんでくるぶんには危険はないと思いますのでどうぞ皆様行かれてください。

ただしカードでチケットを買うのはやめたほうがいいかもしれません。
チケット会社は日本企業ですが、たとえば先般の7ペイ事件などのように個人情報がC国へ流出する可能性もあります。
万が一を考え、個人情報はなるべく紐づけしないほうがいいですよ。
それだけ気を付けてください。


せっかくの機会です。
1800年を経て初めて展示される当時の文物。
もしかしたらこんなことは二度とないかもしれません。
今後C国と戦争になる可能性もあるし、C国に核ミサイルが落ちて全て消失する可能性もあります

だからこの稀有な機会に立ち会ってください。
趣味は趣味として、おもうぞんぶん楽しまれることを願います。
そして展示物は全て写真撮影できるらしいので、ぜひ撮影して私にも見せていただけるとありがたいです。

私は、純粋に趣味として楽しめる皆さんを羨ましく思います……。
※筆者は一度たりとも三国志を趣味として楽しんだ経験がありません

熱狂的に好きなジャンルがあるって幸せなことですよね。
皆さんにとって大切な趣味世界だからこそ、汚い政治などで踏み荒らされて欲しくないと思っています。

皆さんの目には「K産主義がどうの」と言う私のほうが「趣味世界を政治で汚している」ように見え、私のことを憎んでいるでしょう。
でもどうか現代で起きていることから目を逸らさないでください。歴史だけではなく現代ニュースも見て。

たとえば、#香港加油 #シックスフォー など。
(三国志展主催者たちは、この事件について「無かった」「誰も死ななかった」「デモ隊は暴徒化した」という嘘の話をばらまき歴史捏造しています。三国志・蜀に対して行われている歴史捏造と同じです)

誰が嘘つきなのか。
誰が「趣味世界を政治で踏み荒らしている張本人」なのか。
心を研ぎ澄ましてしっかり観察してください。

うるさいことばかり言う人を憎みバカにし、真実から目を逸らしていると、いずれ本当にあなた方の大切な物語世界は消え去ってしまいます。
関連記事

吉野 圭-Yoshino Kei
Posted by吉野 圭-Yoshino Kei


気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com

 カウントは2014年頃から、お休み期間もあり