-
・translate 翻譯
七夕なのに相変わらずの雑談で申し訳ないけど、こちら面白かった。

信長さんにアドバイスしたい……、2019年頃の日本人は史上最低だから自分の扱いを知らないほうがいいですよ。
怒らないための方法はただ一つだけ。自分に関する創作やネット記事を見ないことです。

https://kokodakenobekkan-2018.tumblr.com/post/186090494791/%E4%B8%80%E6%98%94%E5%89%8D%E3%81%AB%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%8C%E3%81%A1%E3%81%AA%E4%BF%A1%E9%95%B7%E3%81%AB%E4%BC%9A%E3%81%86%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E7%89%A9%E3%81%A0%E3%81%A8%E6%80%9D%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%82%89%E5%88%A5%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%AB%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%9F%E6%BC%AB%E7%94%BB

ここの箇所には共鳴して笑った。
信長 未来人からいつも聞いてんだけどよ 2019年での俺の扱いってどう?
2019年の女子 いっ… 女体化やら人外やら色々あり過ぎて言い辛ぇ……!
信長が自分についての後世の扱いを知ったら、大虐殺が始まるだろうなと想像している。極秘のプライベート手紙まで暴露されているし。

信長が現代で民を大虐殺するほどの権力が持てなかったとしたら、人が大勢集まる場所で、せめて通り魔的に大量殺人を犯すのではと思う。
「現代日本人ども全員殺してやる!!」と日本刀を振りかざし渋谷・新宿あたりで斬りまくるか。もっと大量の焼き討ちを狙って爆弾テロを目論むか。

まあね……、必ずそうなるであろう信長さんの気持ちも私は分からないではない。
現代日本人の死者に対する侮辱は人道を史上最高に踏みにじっている。
独裁気質を持つ信長や秀吉、曹操のようなタイプなら大量殺人は必至だ。

過去の誰かの心を抱きながら現代を眺めているのが私で良かったね、日本人の皆さん。笑

ここまで徹底的に侮辱され、人格を踏みにじられても私は渋谷・新宿で大量殺人しようとは思わない。信長や曹操とは違うので。


(以下、少し釣りに当たるかもしれない話)
いつだかネット住民が、諸葛亮の現代日本での酷い扱いを眺めて呟いていた、
「歴史人物中、孔明の扱いが一番酷い。孔明もまさか未来で自分が萌え系幼女として表現されるとは思わなかったに違いない。うっかり有名になんかなるもんじゃないと思った」
激しく同意したな。

でも私は自分で言うのも何だが超人的に許容範囲が広いようで、人として最大侮辱に当たる性的なもの、たとえばBLや萌え系女子化は腹が立たないんだ。
(まともに見たことがないせいでもあるが)

単にオモチャとして弄ぶくらいのことに怒っても仕方ないと思う。

ただ理屈に合わない歴史捏造は絶対に許せない。
特に、政治的な目的で行われるものは。

孔子学院の者たちと在野の工作員たちによる、明らかに嘘でしかない悪口を捏造して意図的に貶めようとする行為には激しい怒りを覚える。
しかもその完全なる嘘を「史実」と称している点、罪深い。

さらに何故そんな嘘をつくのかと言うと、自分たち(K産党)と同じように民を虐殺した歴史人物(曹操)を英雄視して崇拝するため。相対的に敵対した者(諸葛亮)の評価を落とし、虐殺を正当化しようとしている。
日本でそのような捏造話をばらまいているのは、最終的に日本の占領と破壊・虐殺が目的である
だから単なる侮辱としてスルーできなかった。

歴史人物を侮辱し、死体を弄んでオモチャにするような「人でなし」の現代日本人。
それでも他国に占領され虐殺されるのを黙って眺めるわけにはいかないと思っている。

本当の悪魔で犯罪者なのはあの唯物思想を持つ人々だ。

「俺が天下に背こうとも、天下の人間が俺に背くことは許さん!」
いかにもK産主義者らしい台詞。
……こんな強がりは死の恐怖を和らげるに何の役にも立たなかったことだろう。
唯物思想の信奉者である彼らにとって形而上は存在せず、したがって「天も存在しない」ことになっているのだろうが、そんなお題目を唱えたところで有るものは消えない。
関連記事

吉野 圭-Yoshino Kei
Posted by吉野 圭-Yoshino Kei


気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com

 カウントは2014年頃から、お休み期間もあり