-
・translate 翻譯
「遠隔視」とはツイッター検索のことですが。笑
行く勇気がないので他力本願です。

 ⇒#三国志展 on Twitter

曹操マンセー展(主催者は曹操崇拝を日本へ浸透させたい)なのに、ツイッターでは曹操ファンからの声がほとんど寄せられていないという現実。唯一、左の代表KINGだけ。残念でしたK党の皆さん。
(そのうち工作員たちの「曹操マンセー」で溢れると思うけどね。渡邉義浩も今日、洗脳講座を開いたらしい)

ファンの皆さんはリアルな展示物よりもグッズに殺到している。
相変わらず光輝人気が圧倒だなあ。それと皆さん、人形劇もお好きなようで。

どちらかと言えば皆さん、こちらのほうに興奮するのでしょう? 私も好きな漫画家の生原稿だったら興奮しているから、分かりますよ。



豊富なグッズ。こんなグッズだらけの展示会、見たことない。
いいなあ、ファンだったら楽しいだろうな。



検索中いちばん熱くて目立っていたのはこの方、


……ちょっと引いた。笑
いや、冗談です。有難いんじゃないでしょうか、孔明は。

とりあえず、今もオーソドックスなファンが多いみたいで安心した。
一般人としての感覚で、私はちょっと引くけどね。(ごめん)
主催者のバックにはK産党よりもコーエーの偉大なる力を感じた。笑
数々の恨みはあるが今は応援している。頑張れ、コーエー。皆が楽しむ文化を守ってくれ。


個人的に、さすがにこういうリアルなのはキツイ……。


あと(現代一般人の感覚として言えば)周りが全員ファンだろうから、やはり場違い感が半端ないだろう。
特にファンというわけではないミュージシャンのライブ会場に紛れ込んだ時のような気分になりそう。

そんなわけでしばらくは、ツイッター等の写真で楽しむことにしておく。
関連記事

吉野 圭-Yoshino Kei
Posted by吉野 圭-Yoshino Kei


気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com

 カウントは2014年頃から、お休み期間もあり