-
・translate 翻譯
dd74fe11f230486b001271d1e92ff439_s.jpg

日本はお盆休みに入りました。
皆様、休日をお愉しみでしょうか? 帰省でお疲れかもしれませんね。
さらに「酷暑」という言葉では足りないくらいの暑さが続いています。
どうか熱中症には気を付けてください。

折り畳み扇子という素晴らしい発明


そう言う私はこの間、軽い熱中症になりまして。
これはさすがに対策をしないと死んでしまうと思い、100円ショップで扇子を買って持ち歩くことにしました。

今は100円で扇子が買える時代なんですよ! (皆さん知ってるって。笑)
しかも板には透かし彫りが入っていてわりと高級感があるし、立派に使えます。高い物と比べてしまえばさすがにチープですが、扇ぐには支障ありません。感動してしまいます。
貧乏性な私は高級な扇子を買うともったいなくて持ち歩かなくなってしまうので、日常使いとしてこのくらいの値段の物がちょうどいいなと思いました。

最近は若い女性たちの間でミニ扇風機が流行っていますが、かさばるし、自分が使うのは少し恥ずかしいなという抵抗感もあって買うのはやめておきました。
それになんとなく扇風機より扇子のほうが涼しい気がしてしまいます。
手が運動しているため扇子のほうが損をする気はしますが……何故でしょう。
昔よく言われていたように、扇風機の一定の風より不安定な風のほうが涼しく感じるのか。(揺らぎ効果と言いましたっけ)

そう言えば私は先日、「雅な服装品は苦手」と書きました
だからもちろん間違っても羽の扇は持たないです。当たり前。笑
でも、日本式の扇子は嫌いではありません。
世界最小サイズの折り畳み道具によって涼が取れる。最高です。
このようなミニサイズの便利道具を考えるのは日本人だろうなあ、と思っていたら、やはりそうでした。
 ⇒扇子の歴史
コンパクトな折り畳み扇子は日本から中国・欧州などへ広まったそうで、言わば「改良型逆輸入」ですね。

余談。
ネットを検索すると、またお隣の半島の国が「扇子はうちの国の発明だ!」などと言っていて不快になりますが、もうそういうのやめましょうよ。と思います。
中国で扇が生まれ、日本人がコンパクトに改良して中国へ逆輸入され歓迎された――こういう平和で仲の良い話が私は好きだな。


はてなブログのこと


もう一点、ブログについて。

新ブログ『蜀同盟』で、今回初めて「はてなブログ」サービスを使いました。
ブックマークなどを使うのも初めて。

長年ネットをやっているのに信じられない、です?

私は「はてな」と言えば昔の、2chから流れてきた人たちによる匿名ダイアリー・コメントバトルの印象が強かったので避けていたのです。
口汚い悪口が飛び交う世界を横目で眺めつつ、「こわ…。寄らないでおこう」と思っていました。
その後ブログサービスが始まった後は、脱社畜教などという「会社辞めてブログで金儲けしなければならない」という半ば強制的な布教活動が席巻しました。
いずれにしても私の趣味ではありません。
マイペースに文章を書きたい者としては、「はてな」の空気は何か違うなと思っていたものです。

でも今回、登録してみて驚きました。
ブログユーザーのレベルが高いことに!
数年で変わったのか。それとも以前の私が読まず嫌いだったのか。
皆さん知的好奇心を刺激される高度な文章を書いてらっしゃる。
「読みやすさ」よりも「読みがい重視」といった感じで、長文も多い。教養高いユーザーの読書ブログなどに私はワクワクしています。
一部には金儲け目的のブログもまだありますが、昔ほど悪質ではなくなりつつあるようです。(教祖たちはユーチューブへ流れたのか?) 一般の方が副業として頑張っている程度なら好ましい。

そんなわけで、最近は向こうのブログが楽しくなりつつあります。
ブログを始めた目的は忘れないようにしたいですが、更新していかねばアクセスも減るので、あちらで世間話の割り合いを増やしていくつもりです。

ここのブログもスピリチュアルや、プライベート話を書くために必要なので続けていきますが、おそらく更新頻度が落ちるはず。ごめんなさい。

あちこち中途半端で本当に申し訳ない。
インプットの読書も全く足りていないなと思います。やるべきことが追い付いていません。
このように自ら「やるべきこと」の範囲を広げ過ぎて自分を追い詰めるのが私のパターンなのか……。苦笑
限界が来ないよう気を付け、程々に手を抜くつもりです。ご了解ください。
関連記事

吉野 圭-Yoshino Kei
Posted by吉野 圭-Yoshino Kei


気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com

 カウントは2014年頃から、お休み期間もあり