-
・translate 翻譯
数日前、某掲示板にてこのブログが
「共産党嫌い代表 (笑…確かに)」
として書き込みされていたようです。
と言っても、それほど険悪な感じの掲示板ではありません。住人の皆さまには冷静に観察していただき、ありがたく思います。
むしろ政治思想ブログではない、このような雑談場をウォッチしていただき誠に申し訳ない……。エンタメ異次元な記事ばかりでお恥ずかしい限りです。

該当の掲示板は、右派によって荒らされたら申し訳ないのでここにリンクを貼るのは控えます。

代わりに経緯まとめ:
ツイッターで、「共産主義はナチスと対極」というツイートを上げていた若い子が気になり、「対極ではない。(共産主義は世界中で)ナチスと同一視されているが、ナチス以上に虐殺している」という事例を投稿して見せたところ反発が止まらなくなった。
どうしても「社会主義の正しさ」を私に納得させたい彼は、共産党員(たぶん日本共産党)の集まる掲示板へ私のツイートを投稿。「どうしたらコイツを納得させられるか?」と相談。
大人な住人の皆さまは冷静に当ブログを観察、意見を書き込んでらっしゃった。有難く思ったので、私も返信としてその掲示板へ自分の考えを書いてみた。

以下は自分の書き込みです。
保存するため上げるもの。

※掲示板より私の書き込みだけ転載。個人のアカウント名は伏せます。また、グーグルからのペナルティを避けるため国名なども伏せます。「共産」を伏せるのはさすがに面倒だから、そのままに。
l***くん、こんなところに貼っていたんですね。
どうしようもない子だな。自分の頭で考えろ・広い分野を勉強しろと言ったでしょう。

それと何故、そこまで相手に自説を押し付け組み伏せたいのだろうか? その態度こそがまさに暴力だと言っているのに。



掲示板の住民の皆さまへ。ご面倒をおかけして誠に申し訳ありません…。

私のプライベートブログは「スピリチュアル」や「占星術」ジャンルであり、読者様のためエンターテイメントに踏みとどまっている場です。
あの場で政治思想を突き詰めて論じるつもりもありませんので、ここにいらっしゃる方々のお眼鏡にかなう内容ではないと思います。お目汚し、すみませんでした。

なお私は日本の政治政党である「日本共産党」を絶対否定する者ではありませんので誤解なきよう願います。
l***くんは何か勘違いしているようですが。

ただ、l***くんの
「自分たちだけは他の共産主義者とは違う」
「自分たちだけは暴力をふるうことは絶対にない」
との考えはとても危険だと感じましたので、どうか「マルクス主義は絶対正義ではない」こと、そもそも絶対正義などこの世に存在しないことを彼に教えていただけませんでしょうか?

かつて学生運動からテロ活動家となり暴力をふるってきた左翼の先輩方も、彼と同じように「自分たちの信じる思想は正義」と信じていたのだということ。
彼らも相手を納得させ組み伏せるためにリンチ殺害に至ったのだ、という経緯。
今のC国共産党も「自分たちこそ正義」と信じて虐殺していること。
それら皆様が記憶している歴史事実を教えてあげてください。

武闘派・穏健派の違いはありながらも共産主義(社会主義)は全て地続きであり、「完全に別物」と切り分けることは不可能です。
だからこそ社会主義などを学ぶ際は徹底して注意し、狭い世界に閉じ籠もらずに広い世界も同時進行に学ぶことが必要です。

l***くんはまだ他の世界や人類歴史のことを知らないと感じました。知識として持つのかもしれませんが深い理解はない。
いきなり社会主義を学ぶには早過ぎると思われます。
皆様のお力でどうかご指導お願い致します。



少しだけ掲示板を眺めての返信です。

>「共産主義思想はシステム上民衆を虐殺する」というようなことを述べていますので、それをベトナムやキューバの例を挙げるだけではなく、何故ソ連などは民衆を虐殺したのか、

その必要はありません。ある程度は存じておりますし、知ったところで無意味です。私は今後、社会主義国家を打ち立てる予定がないからです。

私はl***くんのようなタイプの子がいずれ極左へ走り、テロや虐殺に身を染めることを心配するので多少大げさに述べているところはあります。
ただマルクス主義、社会主義、共産主義等々を看板に掲げて虐殺した者(現に中国は今も虐殺している)は世界中にたくさんいます。
賢明な人は虐殺の道に堕ちないのかもしれませんが、現に賢明な人間は地上にとても数少ないと言えます。
だから、社会主義思想を手にした者のほとんど――9割9分は簡単に暴力と虐殺の道に堕ちる。
そのような脆弱性を持つ思想だということは歴史事実が証明しています。
ですから一般大衆が簡単に手にすべき思想ではないし、ましてl***くんのような高校生がマルクスを学び鵜呑みにするのはもってのほか、危険極まると言っています。

>コゲを食べたら癌になるから絶対に食べない

仰る通り、私は医療に近い頭で話をしています。
あるいは軍事です。
(軍事は可能な限りリスクを避けます。全滅のリスクがある道は絶対に通りません)

現に9割以上の人間がガンになったコゲを、「ガンにならなかった少数の事例もあるから」というだけの理由で、危険を冒してまでわざわざ食べる必要があるのか? 理解に苦しみます。他の安全な食物のほうが遥かに良いのではないかと。

>もう少しマイノリティは保護されるべきという路線もいいかもしれません。政党助成金を受け取っていないこともプラスに働くかも。

マイノリティ保護はそもそも社会主義思想、共産主義の専売特許ではないでしょう。
本来のリベラル(自由主義・多様性重視)は共産主義とは無縁、と言うより正反対でしたよね。かつて共産主義の人たちは、我々リベラルの悪口を言う側だったと思います。

参考
https://twitter.com/shinhori1/status/1102859764168503296
(ちなみに私はこのツイートで定義された、古い意味でのリベラリストに近い者と言えます。堀江氏とはまた全然違いますが)


共産主義者が「リベラル」を名乗る日本の現状が特殊過ぎて、若い子には不可解な社会になっていますよね。
日本共産党も、リベラルを貫きたいなら共産主義をやめるべきと思います。それは名前を変えるだけではなく、根本から共産思想を脱するという意味になりますが。

本当に公平で正しい社会を実現したいなら、共産主義ではなくてもできます。
と言うより私は社会主義・共産主義という見かけ上の平等では、真に公平な社会の実現は不可能と思っています。
歴史上これだけ惨憺たる失敗を積み重ねてきた社会主義・共産主義に未だぶら下がる必要はなく、新たな道を探るべきではと考えます。

……と言うのは個人の見解なので皆様はどうかお気になさらず。^^
C共の工作員のように、デマをばらまくなど謀略をせずに健全な議論をされるなら結構なことです。
日本は民主主義の国ですから、何の主義を選ぶかは国民が投票にて選択することでしょう。


L**さん

>彼を共産党好きにするのは、ここの管理人をネトウヨにするのと同じくらい難しいかもしれません。棲み分けか無干渉を勝ち取れたら、大勝利でしょう

仰る通りです。お互い無干渉でいきましょう。
私はネトウヨにも絶対なれませんし(笑)、完全なる反左翼でもありません。人道主義、貧困救済、LGBT賛同、弱者の味方ですからネトウヨからは「デュープス」と呼ばれがちです。
ただ私は共産主義以外の道で公平な社会の実現を目指していくつもりです。

今のところ自分の主義としてはっきり言えるのは、特にC国共産党が嫌いということですかね。
チベ**やウ***の人々への虐殺。国民に対する人権侵害、言論弾圧。香港の人々への非人道的な行い……。
私は彼らをとうてい許すことができません。
日本でC共に協力する工作をしている極左たちもです。

ここへいらっしゃる方々がどうか、あのような非人道的な極左の行いを支持・支援しませんように。
できることなら阻止する活動をしてくださいますように。

そしてl***くんのような若者には、共産主義だけではなく他の広い世界も学ぶようご指導いただけるよう願います。

お付き合いありがとうございました。

【捕捉】夜中に一気に書き込んだため、表現が正確ではないところがあり申し訳ないです。
一点だけ捕捉、「LGBT賛同」とはLGBTを認め支援する政策に賛同するという意味。性的マイノリティは賛同するもなにも始めから存在するものです。
関連記事

吉野 圭-Yoshino Kei
Posted by吉野 圭-Yoshino Kei


気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com

 カウントは2014年頃から、お休み期間もあり