-
・translate 翻譯
過去記事を読み直していて気付いたことを捕捉しておきます。
少々危険な話にも触れますが、誤読しないでいただきたいのでこの記事では伏字をせずに書くことにします。

かつて私は
「スピリチュアルにも大きく分けて二種あるから一括りにするな。一括りこそ危険」
と書いたことがありました。

このことは繰り返し述べています。
【例】 
バシャールの話
危険なスピリチュアル、「色即是空」の甘い罠

先日私が遭遇した“社会活動家”の高校生が
「我々団体は他の同種団体と違う。一括りにするな」
と怒っていたましたが、なるほどこういう話と混同して思考を捻じ曲げてしまっているのですね。
(実際はあえて混同して答えろと指導・訓練されているのでしょうが。彼らの団体では批判者への回答としてマニュアルが配られているようです。全員がコピーロボットのごとく同じ台詞を繰り返すので分かりやすい)

まず大前提として、私の言う
「スピリチュアルには二種ある。一括りにしては駄目」
などといった話は、そもそも源流が違うという意味です。

全ての分野で、表面ではなく源流を見るべき。
そして源流が違うなら一括りにしてはなりません。

スピリチュアル分野を例に話すと
1.因果律=一般的なインド仏教系、シルバーバーチ
2.引き寄せ=近代西洋哲学からの転化、ナポレオンヒル成功哲学、バシャール
等が源流となります。
この二種は「スピリチュアル」や「悟り」といった表面的には似たような言葉を使うため一般の人は混同してしまうはず。後から参入した団体(引き寄せ)がわざと同じ用語を使っただけなのですが。
しかし源流となる根本思想が違いますので、教義も異なります。
最終的に、その教義を信じる信者の行いが変わることになります。

いっぽうで、一つの思想から争いが生じて派生しただけの分派は根本の源流が同じ
このことは必ず念頭に置かねばなりません。
何故なら「今現在」の見た目がどうであれ、同じ思想をもとにしているからです。根本にある思想が同じなのですから、いつでも即座に原理主義を宣言して他分派と同調したり、元に戻る可能性があります。

(以下、伏せることなくセンシティブな用語を使います)
これは、キリスト教しかり。イスラム教しかり。
日本でテロを起こしたカルト宗教団体しかり。
社会主義・共産主義の小規模団体しかり、です。

特にカルトや共産主義など、過去に暴力事件や虐殺事件を起こしていて、その批判を回避するために新たに作った団体などには注意が必要です。
彼らほど、「自分は他の団体とは違う。一括りにするな!」と声高に主張する者たちはいません。
彼らの先輩方の暴力行為を指摘すると、「奴らと一緒にするな!」と狂ったように怒りだし攻撃してくる態度は傍から見て「全く同じ」なのですが、本人たちは気付いていないようです。
この「他団体と違う。自分たちだけは正義」と分ける特別意識、反省のなさと攻撃性こそが危険でカルトの一歩手前です。(いや、すでに態度も思考もカルトと言えるか)

※念のため。この記事で使う「カルト」という用語は一般俗語の「狂信者」という意味であり、本義「宗教的な儀式」とは無縁です

現代欧米の大きなキリスト教団体は穏健であることが多く、さらに過去の残虐な行いを「仲間の犯した罪」として自覚し反省しているため危険性は低いでしょう。
私も宗教だけで一括りにして他人を差別することはないので、友人知人がキリスト教徒だったとしても「虐殺した人たちと同種」と見て付き合いをやめることはありません。当たり前です。
でもだからと言って、キリスト教が全て完全に安心できる宗教になったと思うことはありません。
現にキリスト教系で今も虐殺を行っている危険な団体は世界中に数多くあるし、大きな団体であっても将来はまた変わるかもしれない。
それは本質が同じ、源流が同じだからです。
根本が同じである分派が「自分たちだけは他と違う」と主張するのはまかり通らない。我々もそんな口先だけの言葉を信じてはならないと言えます。

穏健派の多いキリスト教でさえこう言えるのですから、現に世界中でリンチ虐殺を行っており、平気で嘘をついてばかりいる社会主義・共産主義の組織団体を信じてはなりません。
弱者救済のマニュフェストで飾られた張りぼて看板を鵜呑みにしてついていくなど愚の骨頂。
見かけ上穏健な政党も、源流は他と同じであることをしっかり認識しておかねばならないと言えます。

なお思想や宗教を憎むことも差別につながります。
しかしだからと言って危険性の高い思想宗教を許し、暴力国家の侵略を許して、平穏に生きている人々が虐殺される将来を歓迎するわけにもいかないでしょう。

過剰な憎しみや敵意を持つ必要はありませんが、冷静に危険性を直視して淡々と対処していくべきです。


【おまけ】今日の吉野ツイートより転載。
何でも真実を言わず、注視しなければならない問題を避けただ「明るいほう」ばかり語れと言うことこそ、最悪の悲劇を招く元凶だ。
最後の最後、滅亡まで安穏と暮らしていけたからといって、その後に奴隷となって苦しみ何が「幸福」なのか?
事なかれ主義のポジ信奉者が国も世界も滅ぼす。

こういうことを書くと「引き寄せ上それは良くない」「ネガティブを見るから悪いことを引き寄せるのだ」と批判が来るのだけど、歴史の現実をよく観察したほうがいい。
常に問題から目を逸らし、対処しなかった国家に大悲劇が起きている。
おそらくこの「ネガを見るな」との引き寄せ論こそ陰謀かもな。

悪いことを目論む者は自分たちが見つかると困る。だから見て欲しくない。

「悪を見ると悪を引き寄せるよ」と言って目を逸らさせる。

思うつぼ!

世界の共産主義者は今まさにこの工作に勤しんでいる。
現代中国人を見よ、彼らは目と耳を塞がれ奴隷となっているが自分たちは幸福と思っている。

いっぽう、馬鹿な男子が好む陰謀論(※ここではSNSで拡散されている「香港デモは金融フリーメイソン的な団体の陰謀」について述べています)は真実から目を逸らさせる釣り餌。
小さな餌に釣られて全体本質が見えなくなる。
これも本物の敵の思うつぼ。
関連記事

吉野 圭-Yoshino Kei
Posted by吉野 圭-Yoshino Kei


気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com

 カウントは2014年頃から、お休み期間もあり