-
・translate 翻譯
今さらながらツイッターで次元の低い人たちと絡んでしまって参っています。
今、あえてスルーしないようにしているため、この低次元な人たちと付き合うことになり疲れるわけです。

昨晩だったか、ツイートで
「クソ頭が悪い」
という文を表示してしまったがこれはコメントしてきた者の文を引用した箇所です。
汚い言葉のリプを飛ばして来る者がいたため、見せるためにわざと引用したもの。

私は普段こういう言葉を使うタイプではありません、もちろん。
サイドバーの埋め込み窓だと相手の引用が見えないから驚いた人がいただろうな。

やはり窓だけだと色々と弊害があるようです。
トップ(固定ツイートではなく窓表示の)に更新情報を置き続けることも難しいし。

そんなわけで、度々方針変更して申し訳ありませんが、サイドバーからツイート埋め込みを撤去致します。
別館記事の更新お知らせは、これまで通りここに来られる方が興味を持ちそうな話のみリンクします。

昨日の更新記事はこちら。もしご興味あればどうぞ。
(大陸からの閲覧は危険。クリックしないようにしてください)




なお、『永遠4』とはこちらのこと。
この巻の『水の底の楽園』という話で、主人公の革命グループメンバーたちはニックネームで呼び合っています。
「水」というワードにも色々と思い出すものがありますね。

今の自分とは何ら関係ないのですが、遠く眺める場面として共通項がある気がします。
(前世の自分に起こった出来事は、何故か遠く離れた場所で現実化して私は観察者となるらしい)
だからこれほど彼らに惹かれるのかもしれない。

上の小説は目も当てられない悲劇的結末でした。
しかし対応する未来の時代は、過去よりもう少し曖昧にぼやけるようです。
だからソフトランディングを期待してしまう。
関連記事

吉野 圭-Yoshino Kei
Posted by吉野 圭-Yoshino Kei


気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com

 カウントは2014年頃から、お休み期間もあり