-
・translate 翻譯
去年末にはまった「AIテキスト診断」、最近Twitterを本気でやり始めたので試しに分析してみました。

参考メモとして筆者結果をここへ置いておきます。

23504 分析された単語: 確度が非常に高い解析結果

結果

情に厚いタイプであり、また自信のあるタイプです.

哲学的なタイプです: 新しいアイディアに興味をそそられ、進んで受け入れ、探求することを好みます. 感情移入するタイプです: 他人がどう感じるかを意識し、同情するタイプです. また、圧力を受けても冷静なタイプです: 冷静で、予期しない出来事にも効果的に対処します.

組織への帰属を意識して意思決定するタイプです.

生活を楽しむことと伝統の両方にあまりこだわりません. 単なる個人の楽しみよりも大きな目標を伴う行動を優先します. また人が通った道よりもわが道を行くことを大切にします.
うん、これはわりと現実の自分に近いかも。このテキスト診断では今までで一番納得した。

>予期しない出来事にも効果的に対処します.
と仰る箇所だけは、ちょっと微妙です(笑)。

知的好奇心「93%」、そこそこ。
感情起伏が「9%」に苦笑。

今のところTwitterではリーダーシップを発揮できていないようです。Twitterなどでリーダーになるつもりも、さらさらありませんが。
ただサンバーストチャートのビッグファイブでは相変わらず「Opennes」が最も高く93%でした。

kbig5.png

他の文章で調べた時と傾向は一致しているから、これがデフォルト(有事が無い時の、フラットな状態)の自分ということになるのかな。

【追加】
それにしても他の文章より圧倒でエモーショナル/感情表現の数値が低いのが気になった。内心はむしろブログよりも揺れているのに謎。

翌日、少しネガティブなことも書いてしまったので再テストしてみたが、あまり変わらなかった。

気分的にはものすごく落ち込んでいるのにですよ。

もしかしたら、感情が揺れるほど逆に冷静に見えててしまう……タイプなのだろうか?
だからテンパっていることに気付かれず援助を受けづらいのか(苦笑)。
関連記事

吉野 圭-Yoshino Kei
Posted by吉野 圭-Yoshino Kei


気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com

 カウントは2014年頃から、お休み期間もあり