-
・translate 翻譯
過去記事、少し改稿しています。

要パスワードの前記事では次の文章を追記しました。検索対象にしたくないため用語を伏せます。
【追記】勘違いする人が多いので書いておく。「恩義を返す」と言っても*国の日本侵略を手引きするという意味ではない。
私は現在の*国に恩義は一切無い、むしろ怨みしか無い。残虐な方法でたくさんの民を殺し続けてきた悪魔の国は滅ぶべきだ。
******国は必ず滅ぶ。でも問題は崩壊後、世界中の憎しみを集めている**人へ攻撃が向かい民族浄化が始まる可能性が高い。
「**主義の悪事=**文化」と説いている勢力がある。あの人々は東アジアに民族浄化の嵐を起こし永久滅亡させるつもりらしい。**文化も完全に滅ぼされる。
かつて古代**から文化を受け継いだ日本も他人事ではない。日本民族が虐殺対象になる可能性もあるし、そうならなくても大陸における民族紛争の煽りを受けて国家崩壊するのは確実だろう。
今、最悪の未来を防ぐため声を上げなければならないと思っている。

次。
占星術の軽めの記事も改稿。

→『双子座と水瓶座の違いとは? (亮の星座、よかミカンの誤り) 』
こちらの記事で中国語サイトから引用した「水瓶座の解釈」、翻訳無しでは不親切だったなと思って日本語訳を掲載しました。
ベースはグーグル翻訳ですが、日本語として意味の通じないところは修正。
私も現代中国語の翻訳に自信ありませんので、間違いがあったらすみません。

水瓶座の解釈と日本語訳、ここにも転載しておきます。
水瓶座的人古靈精怪,他們總是有著許多的奇思妙想。有的時候只是覺得他們是小聰明而已,他們相處久了,就會發現,其實他們也是有著大智慧的!也只有長期和他們在一起的人,才會發覺的他們的聰明伶俐!他們心靈手巧,有著天馬行空的想法,不會因為什麼事情而影響了自己的判斷,也因此,有的時候他們總是料事如神,像諸葛亮一樣!水瓶座她們第六感很強,而且有著很強的直覺,只要有人騙自己,水瓶座第一時間就能察覺到一點小事都逃不過水瓶座的法眼,料事如神,內心強悍,很會保護自己,而且,非常精明,從隻言片語之中就能推測出事情的真相,誰也騙不過水瓶座,他們也容不得別人欺騙。水瓶座人的精明也不僅僅在洞察人心上,甚至有的時候對於身邊的人在想什麼,也是一猜便知。水瓶座善於思考,有很強的邏輯分析能力,很有偵探的天賦,她們能夠理智的用大腦進行分析,當她們需要判斷時很相信自己的直覺,但對於她們來說這並不是空穴來風,這都是經過她們縝密的分析和思考的。她們高冷的外表再加上超強的直覺,總是讓人又愛又怕!

訳:
水瓶座の人々は非常に奇想天外で、いつも気まぐれがたくさんあります。
時々頭が良く見えますが、長い間一緒にいれば、素晴らしい知恵も持っていることに気づくでしょう! 彼らと長い間一緒にいた人だけが彼らの賢さを見つけるでしょう!
彼らは独創的で、自信を持っており、何事も自分の判断に影響を与えません。第六感を持ち、直感が強いです。
時々、彼らは諸葛亮のように先々を見通してまるで神の如しです! 少しの小さな事を見逃さずに他人の嘘を見抜きます。彼らの神のような目から逃れることは不可能です。
内面は強情で細心、言葉から問題の真実を推測することができます。水瓶座に嘘をつくことはできません。
水瓶座の知識はただ心にあるのではなく、周囲の人々が何を考えているかを察する時さえあります。
彼らは思考が得意であり、強力な論理分析能力を持ち、探偵することに非常に才能があります。分析するために脳を合理的に使用できます。
判断する必要があるとき、彼らは直感を信じますが、これは根拠がありません。それらはすべて、慎重な分析を通じて検討されます。
彼らのクールな外観と超直観が相まって、人々は常に愛と畏れを抱きます!
上の記事にも書いているが、これは水瓶座の解釈としてちょっと褒め過ぎなところはある。理想形とは言えるが。
こうなりたいよね現実に……。
(何か落ち込む。自分に対する評価、占いや診断も、褒めていただけるのは有難いのだが現実遠く及ばないと落ち込みませんか? 私だけ?)

それにしても改めて見返すと凄い適当な訳だな(笑)。

基本的にグーグル翻訳から大きく離れないように書いたのだけど、
>水瓶座人的精明也不僅僅在洞察人心上
これの意味がよく分からなかった。
修正訳があればお教えください。

ところでこのサイトは始め中国と思っていたが、台湾のもの?
簡体字がなければ台湾だと、単純に考えるのは正しいだろうか。
関連記事

吉野 圭-Yoshino Kei
Posted by吉野 圭-Yoshino Kei


気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com

 カウントは2014年頃から、お休み期間もあり