輪廻転生など神秘(形而上・スピリチュアル)の真理が地獄化を食い止める

吉野 圭-Yoshino Kei

Twitterで世情をウォッチし怒涛の数ヶ月が過ぎました……。ブログの更新が滞って申し訳ない。
結局、私ごときが呟いても意味がない(本質的な話は誰も関心を持たないどころか邪魔であるらしい)ので、そろそろ撤退します。
自分の場で自分にしかできない話を続けたほうが、最終的にはお役に立てる気がしました。

信じがたい暴力が平然と行われている絶望的な世の中を眺めるにつけ、やはり神秘の話は大事だなという想いを強めています。

あの世の話は地上ではもちろん実行力を持ちません。でも地上に善悪の感覚を取り戻させるのは形而上(けいじじょう)、つまり目には見えない世界の話=現代語では「スピリチュアル的な話」です。
武力や戦略と比べれば時間はかかりますが、最終的に地上の人々を救うのは真理しかないと言えます。

輪廻転生という話一つを取っても、もし地上で多くの人がこの真理を受け入れたならかなりの暴力が減るはずです。
何故なら、“他人に暴力をふるった者は来世で報いを受ける”という現実を知ればたいてい恐れて行わないようになるからです。(それでも行う者は措いておき。全体の数が減るということ)

また、もしも来世があると知ったら、年寄りたちが政治をおろそかにしなくなるでしょう。
各国トップに居座る年寄りたちは「自分はもうすぐ死ぬから」という考えで、地上がどれほど汚れても殺戮が増えても関係がないと思っています。どうせもうすぐ去る場所がどうなろうと我が身は痛くも痒くもないからです。そういう年寄りたちは当然に自分の子供さえ愛していませんので、子供や孫が苦しもうと知ったことではないと思っている。まして国民がどれほど苦しんでも露ほどの罪悪感も覚えないのです。
そんな年寄りたちは生きている間に精一杯の欲を貪ろうと思っていますので、地上を汚しに汚して、悪い政策ばかりを残して世を去ります。
「立つ鳥、跡を濁しまくり」
なのです。濁せば濁すほど良いと思って勝ち誇った顔をしている。
このようなことが近代に入って代々続いている。結果、世界はどんどん汚れ悲惨な状況が増して行っています。

この状況を食い止めなければなりません。
いくらサイコパス独裁者や悪魔主義を打倒してもきりがない。
形而上を蘇らせなければ根本的解決にはならず、地上はマイナス(地獄)のほうへ延々と堕ちていくいっぽうです。

私は無力ですが、この地上の片隅で見聞きしたスピリチュアル的な話を地道にコツコツと拡散していきましょう。
露の一滴がやがて大河となるように。
“Be Water!(水になれ)”
これも「水革命」の一環――水龍もしくは水瓶座の時代の、「悪を圧し流す洪水」となるよう願いを籠めて。

皆様もどうかお力を貸してください。
関連記事

管理用 anriy3@gmail.com