ツイッターAI分析、しばらく続けたら驚くべき結果が…

吉野 圭-Yoshino Kei

昨夜の記事(ツイッター埋め込み)カットしたので罪滅ぼしに情報提供。

ツイッターを始めてからしばらく経ちまして、色々と議論を挑まれ対抗したり、感情も出したりしました。
もしかしたら例のAIテキスト分析で結果が変わっているかな…? と思い、やってみたところ。

32815 分析された単語: 確度が非常に高い解析結果
結果

情に厚いタイプであり、また自信のあるタイプです.

哲学的なタイプです: 新しいアイディアに興味をそそられ、進んで受け入れ、探求することを好みます. 感情移入するタイプです: 他人がどう感じるかを意識し、同情するタイプです. また、自己主張が強いタイプです: 遠慮なく発言し、その場をリードする傾向があります。また、集団を統率できます.

組織への帰属を意識して意思決定するタイプです.

生活を楽しむことと伝統の両方にあまりこだわりません. 単なる個人の楽しみよりも大きな目標を伴う行動を優先します. また人が通った道よりもわが道を行くことを大切にします.
ブログ記事(平均)とほぼ同じ!
凄いねAI。ツイッターも長く続ければ精度が増していくのかもしれない。

ちなみに⇒諸葛亮の文章、結果はこちら

ところで前回と比べると「冷静さ」が評価から無くなったのですが、そのわり感情起伏は今回「7%」と減っている(笑)。何故……。

自分用メモで詳細データも残しておこう。面白い。
ビッグファイブ - 個性
*% = 百分位数
知的好奇心 94% 
外向性 72%
誠実性 66%
協調性 61%
感情起伏 7%

欲求
*% = 百分位数
仕組 97%
好奇心 96%
安定性 94%
自由主義 77%
理想 74%


価値
*% = 百分位数
自己超越 53%
変化許容性 38%
自己増進 29%
現状維持 7%
快楽主義 3%

サンバーストチャートはうまく画像を切り取れなかったため一部データのみ。今回から日本語表記になって分かりやすい。
「知的好奇心(Openness)」内訳: 
大胆性 97% 
芸術的関心度 95% 
情動性 18%
独創力 90%
思考力 100%

「感情起伏(Emotional)」内訳:
激情的 3%
心配性 27%
利己的 7%
自意識過剰 8%
ストレス耐性 4%

他に面白かったデータ:
注意深さ 18% ←笑
忠実さ 79% ←今回は高め
友好性 70% ←意外

【追記】余談。
前も思ったが上評価文の日本語表現、酷くないかな? 「他人がどう感じるかを意識し、同情する」とは、まるで他人の目を意識して同情した振りを装っているかのような失礼な表現。たぶんそういう意味ではないのだろうが。(相手がどう感じているかを意識している、の意だろう)
「自己主張が強い」については、全くそんなことはないと思っていたのだが、今回初めて政治的なTwitterをやってみて「確かにそうだ」と思った(笑)。間違ったことは間違っていると断固言う。明らかな自分の誤りに気付けば謝るが、それまで自分の主張は曲げない。引いたら皆のためにならないと思うので。
前世もこんな感じだったのだろう…と気付いた。それは周りが引くな。スマン。
関連記事

管理用 anriy3@gmail.com