我傍的、ここだけの話

吉野圭のプライベートブログです。自作品『我傍に立つ』裏話と世間雑記、占星術メモ
 メニュー・新着

-

『歴史と人』 有名な名を利用される不幸と、利用する人々の罪について

71163f387ad84c7247a73b461afb0353_s.jpg

前回、当ブログを引用して漫画を描いてくださった方が、再び漫画を描いてくださいました。当ブログと別館に“触発された”とのことです。

最近キナ臭くなっている私のブログからリンクして良いのかどうか迷いましたが、多くの方に読んでいただきたいのでご紹介致します。鋭い視点で本質を正確に表現してくださった漫画だと思います。

作者:ななしのあいき さん #ぷちいばしょさがし
『歴史と人・改変されるもの』
『歴史と人・神格化のこと』
『歴史と人・人としての本質』

なんという正確さで歴史改変と人物神格化の罪を表現してくださっているのだろう……。

私は読んでいて心の痛い箇所を撫でられたように感じ、目に涙が浮かびました。
特に『歴史と人・改変されるもの』でがんじがらめになっている人物の絵を見た時にうるっと来てしまった。
ありがとうございます。深く感謝致します。

当ブログの参考にしてくださった記事はおそらくこちらなど。
 『ファッショに利用されてメンタルダメージ。今さら使命に気付いたという話』(要パス記事)
記事内のリンク先は本当に険悪なので気を付けてください。大陸から閲覧している人はクリックしないように

別館の自分の記事を読み返すとかなり激しく切れていますね。
みっともない。
あの件を知った時は本当に怒り心頭で気持ちの収まりがつかず、思わず汚い言葉も使って記事を書いてしまいました。

……しかし、彼はまだ他の祭り上げられている人々に比べれば救われているほうだと思います。
今は称賛だけでも悪口だけでもなく、人間として史実をきちんと眺める方がいるからです。(政治的な悪意を持って誹謗中傷している工作員たちは多くて、その目的が「独裁・殺戮のため」であることが本当に許せないですが)

【公平な視点で眺める人々の例】別館へのリンク。しつこいが大陸から来た人はクリック禁
 『ファンそして本人を勇気づける、かもしれないネット書き込み(正しい人間の褒め方)』
 『彼は現代中国人(若い世代)にはどう思われているか?』

現在の私についても、能力など関係なく“人間としての部分”を見て認めてくださる方がいる。好きだと仰ってくださる方も。
地上に生まれてこれほど幸福なことはないと思っています。
(私の個性はたぶん癖が強いので、好き以上に「嫌いで嫌いで仕方がない」と言う人も多いと思います。が、いずれにしても対等にいじり、人間として仰ってくださることに救われる。有難くてたまらない)

あとは別館で書いている人物の現代日本における知名度の低さにも救われていますね。
現代芸能人やユーチューバーにすら圧倒的に敵いません。ほぼ無名人に同等。引きのなさはアクセス解析で自覚済み。
だから、今の私は何かに守られているかのように無事です。

むしろ『歴史と人・人としての本質』で描かれたように、一般人がネット上で拡散され一夜にして祭り上げられる可能性があることが恐ろしい。
“祭り上げ”られる可能性は誰にでもあるのです。
他人事と思って好き放題に誰かの人格を踏みにじっていると、次の犠牲者はあなたであることも。

ななしのあいきさんが漫画で描かれているように、この地獄世界を解消するには誰に対しても対等な人として眺めることではないかと思います。
そして善い行いをした人は崇拝ではなく対等な目線で評価する。自分もいずれ同じことをするために。
悪い行いをした人も当然に崇めてはならず、公平に批判し、自分は決して同じことをしないように心がける。
皆がこのような態度でいれば歴史人物も報われるでしょうし、現代一般で誰かが不当に祭り上げられることもなくなるでしょう。


〔追記〕繰り返しになりますが、人間として自然な尊敬心を持つことは構わないと思います。「同じ人間」との対等な目線を持ったうえでの評価なら。個人の自然な差異まで認めない、結果の平等を求める不自然な圧力はなおさら危険。
関連記事:神は死にません。「神」とは何か、このブログにおける用語定義
関連記事
My profile

Author : 吉野 圭

勤め人。趣味は読書、占星術。
一見様はこちらへ。
→プロフィール・お奨め記事

【お願い】
当ブログの記事を気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)

記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

検索フォーム

Translate,翻譯

過去ログ v Co リバース

管理者 別サイト

現在位置

トップ > ご感想・メッセージへの返信 > 『歴史と人』 有名な名を利用される不幸と、利用する人々の罪について

このブログはPG12です。→保護者の方へ