“マスクやめろ”デマよりも、“マスクが無いなら煮沸すればいいじゃない”のほうがマシ

吉野 圭

気分が滅入るけど少しだけこの件、追記しておきますか…。

「マスクやめろ」デマ


本日も新型ウィルスの件でデマが拡散されて騒がしい日本ネット界。

なかでも酷いなと思ったのは
「マスクやめろ!
マスクなんかしても何の意味もない!!」
と叫び続けている自称“医療専門家”たちです。

「マスクするとかえって感染しやすくなるからマスク棄てろ!」
などと明らかな嘘をばらまいている人もいて、これこそ酷いデマだと思いました。

何かの団体の圧力があるのか、テレビに出る専門家たちも次第に「マスクは推奨しない」などと言い始めました。
元国立感染症研究所研究員の岡田晴恵さんはこの流れに抗するように、
「マスクを推奨しないという話も出回っていますが……マスクは、しないよりもしたほうが一定の感染予防効果があります」
と小さな声で仰っていました。

私も色々と調べて前回の記事『ウィルスへの対処法は防衛の基本を守ること』で書いた通り、飛沫感染で広がるコロナウィルスの場合にはマスクで感染予防の効果はあるようです。
もちろんマスクだけで完璧に予防できるウィルスなどはどこにも存在せず、必ず手洗い等と併せて行うべきですが。

できる手段は全て使うことで防衛の効果が上がる


防衛の基礎として、組み合わせて効果が上がるものはカットせず使うべきだと言えます。

たとえば
 手洗いで70%
 マスクで30%
ウィルス感染を防げるとします。
(この数字は実際のデータではなく、話を単純化するための仮のものです)

マスクで防げる感染率が30%だけしかないので、「マスクだけで完璧に防げる」と言うことは誤りですが、だからといって「マスクやめろ!」と言うのは非合理。頭がおかしいでしょう。
何故ならマスクをしないことによって30%のリスクを負うということになるからです。

「マスクか手洗いのどちらかしか選択できない」
という状況なら手洗いを選ぶのが当然ですが。
どちらも選べる状況だとしたら、わざわざ30%のリスクを負うべきだと主張する意味が分かりません

マスクを過信し過ぎて手洗いしない人が多く出ている状況ならば、「マスクだけを過信するな」と言えば済むことです。

「マスクやめろ」と叫べば叫ぶほど怪しい


この「マスクやめろ!」の流れ、いったい何でしょうね?
不可解です。

東アジア全体にマスクが不足しており、数日前から日本でも売り切れ状態。
私の近所のドラックストアでも日本語・中国語で「マスク売り切れ」の張り紙が出ています。
これでは医療従事者など本当に必要な人たちへ届かない。だから無駄遣いしないで欲しいと言うなら分かります。

でもね、「マスクすると感染するからやめろ!」という嘘をつくのは駄目でしょう。

例によって「マスクやめろ」と騒いでいる人達がleft系の人々であることが気になります。
(Hatenaが「マスクやめろ」記事をトップでピックアップ、絶賛推奨しています^^)
まるで日本人の感染者を増やしたいがための策略で叫んでいるかのようです。

日本人に敵意を持っているあの人たちが
「マスクやめろ!」
と必死で叫んでいる現実を見れば、やはりマスクにはかなりの感染予防効果があるのだろうと分かってしまいますね。


「マスクが無いなら煮沸すれば?」使い捨ては駄目ですが


それにしても、マスクが売り切れで買えないという状況は現実にあります。
どうするか。

この難局を乗り切るため、中国の人たちは使用済みマスクを煮沸して繰り返し使っているとか……。

「煮沸する」という方法は危険だと批判されていますが、今回流行しているコロナウィルスは高温(80℃以上)に弱く、煮沸すれば壊れてしまうのは確かでしょう。
界面活性剤やアルコールでも壊れますから、煮沸+石鹸洗いまたはアルコール消毒を組み合わせればかなり効果が高いと思います。

ただ、一般のサージカルマスク(使い捨てマスク)は洗ってはいけません。
型崩れして隙間が多くできるようになるからです。
そもそも使い捨てマスクは高音で溶けることもあるそうです。と言うことは煮沸もアイロンも駄目ですね!

【重要】こちらの記事もご参照ください。低い温度の湯では無意味です。
『新型コロナ補足 「ウイルスはお湯で死ぬ」「日光で死ぬ」デマに注意』

お奨めは、「洗って繰り返し使える」布製マスク。
これを石鹸で手洗い・煮沸して使うこと。

たとえばこんな商品があります。
高性能フィルター付きの洗えるマスク:
高性能マスク

※こんな時にアフィリエイトしたくないので、上はただの画像です。商品名を検索して調べてください。

このマスクもいずれ品切れになると思います。お早目に。
関連記事
気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト


管理用 anriy3@gmail.com