今さら「中華」にはまっている自分が滑稽(中華BGM紹介)

吉野 圭

jinja.png

ストレスの溜まる世間から少しだけ目を逸らして。
息抜きのBGMでもいかがでしょう。

※画像:https://www.youtube.com/watch?v=N5KhSkwr3vg&feature=youtu.beより引用

中華BGMで癒し


去年から始まった私の「中華BGM」熱が止まりません。

たとえば今宵はこちらを聴いていました。


いや、「中華」と言いながらイラストは神社! 和!!(笑)
UPされた方は台湾人か大陸人か分かりませんが、向こうは日本のアニメ好きが多いため、文化交錯し過ぎてもう無茶苦茶。
でもこういう混沌が大好きです。仲の良いミックスは大歓迎。
差別・分断より遥かにいいではないですか。

去年から私は文章を書く時の作業用BGMでたいていこれら中華圏の曲を聴いています。
特に古琴や二胡の音が好き。
別に「前世記憶を刺激されるから」などという理由ではないと自分では思っているのですが、無意識にはそういうことがあるのかもしれません。

幼い頃は中華が嫌いだったくせに


いつも書いている通り、今世の幼い頃は中華的なものを毛嫌いしていました。
絵本やアニメでも西洋のものを好んで眺めていたと記憶しています。
特に好きだったのは『ギリシャ神話』でした。それと『ムーミン』など北欧系ファンタジー。

私の幼い頃はアニメなども西洋的なものばかりで、東洋系はほとんど無かったせいでもあります。

(同世代に言わせれば人形劇の『三国志』を見ていた人も多いらしいのですが、私は人形が気持ち悪い・怖いと思っていたので何であれ把握する前にテレビの前から逃げ去ったという。小心な子でした。笑)

大人になってからですね、東洋系・特に中華系に触れても大丈夫になってきたのは。

例の記憶を取り戻してこだわりがなくなってから後は、むしろ中華系の文化が好きになってきました。

最近は特に中華音楽への愛が湧いてきました。
年を取ったのでしょうか。
もしかしたら滅びゆく文化への郷愁なのかもしれない……と思ったりもして。
だとすれば悲しいのですが。

どうか「中華文化完全消滅」などということが無いように願います。
過去へしがみついているわけではなく、純粋な気持ちで善き文化が失われることを惜しく思うだけです。

前世だけではなく今世の思い出も乗っている


なお、この郷愁には今世の思い出が上乗せされていることを付け加えておきます。
たとえばこちらの曲を聴くと何故か、十代の頃に通っていた横浜中華街とミナトミライ(MM21)を思い出します。


青い海と観覧車と、薄灰の空に聳えるビル群。
そして『聘珍楼』カフェの窓から眺めた善隣門。

何故だろう、上の曲には全くそんな横浜都市の情景は描かれていないはずですがね。
もしかしたら聘珍楼で流れていたのかもしれない、笑。

来世でもしこれらに似た曲を耳にすることがあれば、横浜の青いビル群を思い出すのかもしれません。
そのためにも遠い未来へ中華文化のエッセンスを残していって欲しいなと思います。

〔この記事は政治的な他意のない雑談です。「いつも、どんな音楽を聴いていますか?」の質問へ答える回答の一つ〕

【関連記事】 ちょうど一年前の記事。この辺りから古典中華への熱が増している。(HKデモよりずっと前であることに注目)
・『三国志 Three Kingdoms「紅塵客棧」YouTube動画の感想』

他、中華街についてなど
・湘南ドライブと、今世の思い出の話
関連記事
前世音楽
気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト


管理用 anriy3@gmail.com