~について(基本的な考え方)

    【拡散希望】正義・正論破壊はアチラ側の言い分だよ、という話。と『キングダム』の真実

    歴史ブログで記事を書きましたので、お知らせです。

    ↓歴史ジャンルに常駐している方は、掲示板・ブログ・SNS等々でこちらの記事をどうか拡散してください。
    『近年、始皇帝の「善人化」キャンペーンが行われているのは何故なのか?』

    あなたや、あなたのご家族の命に関わる非常に大切な話です。
    このまま『キングダム』や『蒼天航路』などの虐殺礼賛エンターテイメントを鵜呑みにして尻尾を振っていると、あなた自身が奴隷になる未来が待っています。
    それは残念ながら、もう一年単位での近未来です。

    おそらくこんな小さな声が世間に届くよりも先に戦争が起きるでしょうが、その後もどうかこの話を覚えていてください。
    侵略されてしまった後はフィクションなどではなく、暴力による直接的な洗脳が始まるでしょう。
    日本人の精神は凌辱されるはずです。
    しかしどんな暴力にさらされても、「虐殺が正義だなんて。そんなの嘘だ」という真実を心の片隅にでも住まわせてください。

    心が重要です。
    表向きどんな態度をしていても、心のなかの真実“至誠”を失わなければ救いはあります。
    (今の大陸の人たちの多くは、そうしているのです。彼らの表向きの態度・発言は脅されてのこと。もちろん本気で国に従っている人々もいますが)


    正義・正論破壊の洗脳に気を付けて


    それで、何よりも大事なのは
    「正義・正論破壊、善悪反転の工作」
    に対抗することです。

    上の記事でも『時の地平線』にちらっと触れていますが、今の日本のマンガはほとんどあの「正義正論破壊、善悪反転」思想に侵されていますね。

    私はよくフィクションを信じた人々から石を投げられるので、日本のコミックもやばいなとつくづく感じています。
    この体験について書いた記事。→『「道徳」という免疫側に立ち続けることが私の役割でありテーマのようです 』


    マンガやアニメしか観ていないとこういう思想を心から信じ、正論を攻撃して破壊するカルト信者になってしまう場合があるようです。
    これは決してマンガやアニメを馬鹿にして言うわけではなく(私は日本のマンガの芸術性を世界一と思っています。素晴らしい作品がたくさんある)、何であっても「それだけ」にのめり込むな、ということを言いたいのです。

    思想本やセミナーは典型的。
    何でも「その狭いコンテンツだけ」にのめり込む人は必ず暴力的となって、そのうち教祖の命令で“自分の思想に従わない敵”を殺すロボットとなります。

    だから何でもいいので、必ず他ジャンルの世界に触れてください。
    たとえばマンガ・アニメが好きな人は、文学の世界に触れることです。背景にある膨大な近代思想を知らなければ、いずれ虐殺ロボットになります。

    SNSはもっとやばい。AIが自動的に好みを学んで同じような話ばかり流すシステムでは、洗脳が避けられません。
    YouTubeも同じ。
    どうかそういったエコーチェンバー(狭い箱)のなかに篭もらないで、他のジャンルも眺めてくださいね。

    コツは“広く浅く”世界に触れることです。「反対意見も聞かなければならない」という話は嘘。180度の対極にある反対意見に触れていると敵対心からエコーチェンバーと洗脳が増幅してしまうという研究結果があります。

    関連記事

    2015年~カウント: