-
・translate 翻譯
職場の人たちと『図書館戦争』という映画の話をしていたところ、60代の男性が「焚書」という言葉を知らなかったので驚いた。
「フンショ、ってなに?」
との発言……。(脱力)

「え、映画でさんざんやっていましたよね。本を燃やすことですよ。現代で言えば中国がやっているようなメディア規制のこと。あの映画、焚書との戦いがメインテーマだったと思ったけど」
と私。
「へー、そうなんだ? それって中国(現・中国)の法律用語か。怖いねぇ、中国は」
と訳知り顔の60代男性。

うんまあ確かに中国の法律用語というか行為だったけど、現・中国ではなくて古代発祥の用語ね(笑)。秦の時代。

なんのこっちゃと思った人は、ウィキペディアへGO ⇒焚書坑儒


図書館戦争 ブルーレイ スタンダード・エディション [Blu-ray]
図書館戦争 ブルーレイ スタンダード・エディション [Blu-ray]
◆ストーリー
あらゆるメディアを取り締まる法律「メディア良化法」が施行され30年が過ぎた日本。 公序良俗を乱す表現を取り締まるために武力も厭わぬ検閲が正当化されていた。 そんな時代でも読書の自由を守るため、検閲に対抗すべく生まれた図書館の自衛組織「図書隊」に笠原郁が入隊する 。…

※この映画の設定には突っ込みどころが多いが、焚書の恐怖を分かりやすく描こうとした努力は素晴らしい。感想はまたの機会に。


ちなみにこの60代男性も四大卒。
私は、知識がない人=バカ、と思っている人間ではないので念のため。
知識がないことは構わない、知識がなくても「やってはいけない」ことを知っている人がいる。そういう人はむしろ真の頭の良さを感じて尊敬する。
しかし多くの日本人は、知識が一切ないだけではなく自分で物を考えることをしないので、漫画や映画で作られた偽物のイメージを鵜呑みにし
「始皇帝かっけー!(カッコイイ) 惚れるわ」
などと言う。
これを、心底恐ろしいバカと呼ぶ。

先日も
「始皇帝や曹操は遠大なる思想を持っていた」
などと仰る年配男性からのメールを受け取り、脱力した。
(曰く、中華人民共和国は始皇帝を再評価して賞賛しているとか。焚書や生き埋めが日常業務の国なんだから当たり前だろう。そんなに始皇帝や曹操に憧れてしまうなら、今すぐ中国へ移住すればいい。自由を奪われて幸せな気持ちになれるだろう)

そもそも新聞を読み、その新聞の社説だかを鵜呑みにしてコピーペーストで喋る人種にはうんざりだ。
政府に容易に洗脳される。政府の宣伝文句を繰り返す「いい子ちゃん」。
何も考えずに生きていて恥ずかしくないのだろうか?

かつて、チャン・イーモウの映画『HERO』を観て、そのまま洗脳されて
「始皇帝かっけー! 萌え萌え~」
との阿呆丸出し感想を書いていた日本人が多く、世界中から不興を買ったことを思い出す。
あの映画を観て、天下統一バンザイ!と叫んだ外国人は日本人だけ。台湾やウイグルの問題は本気で知らないらしい。日本が「併合」されてもバンザイと言いかねない。
『蒼天航路』も同様。あれをフィクションと知らず萌え萌えしている日本人。無知過ぎて、もはや気色が悪い。

日本は小学校から教育を改善すべきだな。
本当に恥晒しだ。

参考映画:
英雄 ~HERO~ Blu-ray
英雄 ~HERO~ Blu-ray

関連記事

吉野 圭-Yoshino Kei
Posted by吉野 圭-Yoshino Kei


気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com

 カウントは2014年頃から、お休み期間もあり