我傍的、ここだけの話

吉野圭のプライベートブログです。『我傍』裏話や前世、軽めの話+占星術
 メニュー・新着

-

“赤壁”前の空気感。いよいよ佳境を迎えます

redcliff2.gif

ここではあまりキナ臭い話をしないように心がけているのですが、どうにも目が逸らせない世界情勢となってきたようです。

下、別館にて本日更新。現在の現実展開メモです。
アイキャッチ画像はレッドクリフから。使い回してすみません。(私はせめて画像くらい使い回してもバチが当たらない気がしますが)

https://shoku1800.tokyo/2020/12/post-2376/

なんとなく今は赤壁戦前の空気感に似ているため、あの画像をアイキャッチとしました。

「赤壁前」と考えているのは私だけだと思っていたのですが、偶然にも同じ考えの人がいたらしくて嬉しかった(上記事で最後のほうにてリンク)。

今は実際、「我らが統領」が一時的に敗北して追いつめられ、全土(全自由世界)の民が絶望しかかっている状況です。でも何度も言いますが、必ず自由の風は吹くと思います。

なにしろ私がこの時代にいて祈っていますから!

それもあるけど(笑)、もっと大きい力として風への大シフトチェンジがもう目前ですから。

占星術をやる者としてはこの壮大な天のシナリオと、今の世界情勢を結び付けて読むことは避けられませんね。

※以下、検閲を避けるために一部名称を隠語とします

星が示した通りに現実が展開されていく


大手メディアは一切報道していないのですが、YouTubeなどを観る方はご存知でしょう。

まさに事前に占星術で読んだ通り、Bは強力な外国勢力によって支援を受け(まさかあれほど稚拙で露骨な支援とは思いませんでしたが!)偽装された勝利を獲得し、栄光に酔いしれています。しかし寅さんも負けずに踏みとどまり密かに攻撃準備を進めているようです。

占星術での予測:





 

--以下、年末までに武力行使は無かったためカット--

規模が大きいから、ソフトランディングは難しいのではないかと私は見ています。

仮にピンポイントで害虫たちだけを叩き潰すことができたとしても、統率する政府を失うので大陸は一気に崩壊する。そうなれば、これも不吉なことに占星術の予測が当たって“大洪水”が起きることになるでしょう。

日本のように伝統に基づき、神がかりな権威を持つ天皇のような存在がいれば、洪水を短期間で鎮めることができるのでしょうが。

今の大陸にそのような指導者はいますか?

 

日本人も準備が必要


大風が吹く。

それとともに洪水への心構えが必要です。

今さら言っても遅いのかもしれませんが、日本は自由主義陣営にとって重要な戦略の穴となっています。防衛手段がほとんど講じられていないからです。

地理的に近いから巻き込まれる、というだけではなく明確な攻撃対象・占領地となる可能性もあり。他人事として眺めることは不可能になるでしょう。

一般人の我々はせめて食料を備蓄するなり、個人としてできる範囲の備えが必要です。

そして義を信じて自らの心の声へ耳を傾け、正しい道へ従うようにしましょう。嘘や不正を許しては地獄へまっしぐらです。
関連記事
My profile

Author : 吉野 圭

→プロフィール・お奨め記事

【お願い】
当ブログの記事を気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)

記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

検索フォーム

Translate,翻譯

過去ログ v Co リバース

管理者 別サイト

現在位置

トップ > 現代世間話 > “赤壁”前の空気感。いよいよ佳境を迎えます

このブログはPG12です。→保護者の方へ

メモ帳

【別窓で開く】