我傍的、ここだけの話

吉野圭のプライベートブログです。『我傍』裏話や前世、軽めの話+占星術
 メニュー・新着

-

記事修正。オバマ氏ネイタルに注意書きと、アインシュタイン脳の誤り

現在まともな記事の更新は控えていますが、修正だけ行っています。

オバマ氏のネイタルホロスコープに注意書き設置


先日触れた「オバマ氏の出生証明書が偽造だったかもしれない」という件。
トランプ氏が2016年の選挙活動中に叫んでい頃は「ただの誹謗中傷だろう…」と思っていたのですが、今般あのウィキリークスから画像が出回りました。ウィキリークスからの情報流出ではさすがに無視できなくなりまして、彼のネイタル・ホロスコープ・チャートに関する記事を修正しました。

記事を丸ごと削除するのもどうかと考え「注意書き」を置くに留めています。

注意書き:
2021/1、ウィキリークスからオバマ氏の出生証明書が偽装だったという情報が流されています。真偽不明ですが、もし事実なら公表に基づく彼のネイタルチャートは誤りという可能性もあります。以下の話は参考までに読んでください。


オバマ氏、ASC水瓶座は誤りだったのか


当ブログではオバマ氏のチャートをかなり参考にしていたので、誤りならばトホホです。まったく大損害。

見抜けなかった私も悪いと思います。
正直言って私はオバマ氏のプライベートな性格についてよく知らず、人生の出来事とのすり合わせもしたことがありませんでした。米国大統領の公表された出生証なのだから正しいだろう、と最初から信じていましたね。
(おそらくプロの占星術師たちも全員同罪でしょう)

私の場合、オバマ氏が自分と同じ惑星ポジション――ASC水瓶座・太陽獅子座・海王星カルミネートだったため積極的に参考にしてしまったということもあります。
米国大統領と自分のホロスコープが一致するなどという偶然は滅多にありませんからとても役立つと思ってしまい。

ただ、実際どうなのでしょうか。
遠目にオバマ氏は水瓶座らしく人道主義に見えていました。容貌も12室の山羊座そのものに見えますし。
※以下数行、再びミスリードしそうなのでカット

つまり、彼のASC水瓶座が誤りとはまだ信じられない。
こう思ってしまうのもメディアの洗脳が抜け切れていないということでしょうか?
(今回メディアの嘘は想像以上に酷いのだと判明しました。私も注視している情報であれば構造が読めるのですが、どうでもいいと思っていて漠然としか見ていない情報は流してしまいます。怖いものです)

仮にオバマ氏の出生が嘘なら、あの惑星ポジションが選ばれたのは何故か


もし仮にオバマ氏の出生証明書が嘘だとすれば、いったい何故あの生年月日時が選ばれたのでしょう?

欧米人は、我々東洋人の想像を遥かに超えて占星術を重視し、活用しています。特に国家のトップ周辺には専業の占星術師がついてアドバイスしているといいます。

そんなプロの占星術師たちは何故、米国大統領となる人にその出生年月日時を与えたのか?

もしかしたらあの惑星ポジションが今後の「風星座時代」に有用となると考え、与えたのかもしれない……。
そのような想像をして身が震えました。
いずれにしても自分はもう少し世間様の役に立つよう頑張らねばと思いました。

なお、私のネイタル・ホロスコープに偽装はありませんので念のため。今の時点で、大統領や首相になる予定がないのだから偽装する意味がない(笑)。

アインシュタインの脳、分析結果で気付いた誤り


もう一つアインシュタインの脳について。
彼の脳が平均と違っていたのはニューロンの発達ではなくグリア細胞……ということが最近の研究で分かってきたそうです。

当記事では手相に関する記事で幾つかニューロンに触れていますので、追記で誤りを訂正しておきました。

追記:
※2021/1追記 「ニューロンを発達させた痕跡があった」とは誤情報で、実際アインシュタインの脳でニューロンは他の人々と変わりなく、唯一の違いは「グリア細胞の多さ」だと分かったそうです。このため当記事での「ニューロン」を「グリア細胞」と言い換えれば正しくなるのかもしれません。参照『天才アインシュタインの「脳」の秘密がわかった!』

たとえばこちらの記事など:

手相と脳の比較。結局、手相で見るべきは「しわの数」?

どうでもいいことかもしれませんが、誤りは正さねば。
いずれにしても手相と脳が関係している、という考えが変わるわけではありません。ニューロンでなければそのグリア細胞が反映されるのかもな、と思います。

思ったより長くなってしまいました


修正箇所だけを報告するつもりが思ったより長くなってしまいました。

今夜はこの辺で。

〔翌朝追記〕念のため、これは「自分スゴイ」と言うための記事ではないです。たまたま重要な修正点が今の時期に重なったというだけ。ホロスコープはともかく、手相が脳の状態を反映しているとするなら、自分はどうしてアインシュタインのようにスペックを活かせないのだろう……と悩むところです。
それなりの高級車に乗っているらしいがスピード出さずに安全運転している、または車庫に入れたままの状態という感じですかね。苦笑
関連記事
My profile

Author : 吉野 圭

→プロフィール・お奨め記事

【お願い】
当ブログの記事を気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)

記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

検索フォーム

Translate,翻譯

過去ログ v Co リバース

管理者 別サイト

現在位置

トップ > お知らせ > 記事修正。オバマ氏ネイタルに注意書きと、アインシュタイン脳の誤り

このブログはPG12です。→保護者の方へ

メモ帳

【別窓で開く】