我傍的、ここだけの話

吉野圭のプライベートブログです。『我傍』裏話や前世、軽めの話+占星術
 メニュー・新着

-

司馬懿はイケメンだったのか? 見た目に弱いと騙される

歴史館、久しぶりに中華の話題で更新しました。

まず『三国志Three Kingdoms』の配信が始まったことのお知らせです。中~上級者さんは巣ごもりの暇つぶしにいいかもしれません。
それから、新しい三国志として人気(?)であるらしい『Secret of Three Kingdoms』ですが、これも明らかなプロパガンダなので注意してくださいという話。

※アクセス増を狙って悪口強めの文で書いています。きつい言葉が苦手な方はクリックされないように
別館記事:san202105.png
韓国の戦略を模倣したのか、三国時代なのにイケメン俳優を使った宮廷ドラマという新種です。
普通のフィクションだったら面白そうだな… と思っていたのですが、露骨な政治プロパガンダだと分かってしまったため気持ち悪い。

しかし「イケメン俳優が出ているから、イケメン目的で観た」という女性も多いよう。(ネット検索で目撃した感想)
またしてもこのプロパガンダ話を史実として鵜呑みにする日本人が増えるのではないかと心配です。

司馬懿のファンが増えることは、虐殺王・曹操の崇拝者が増えるよりは無害だから構いませんが、プロパガンダの内容が悪質過ぎます。日本の侵略まで肯定させるような洗脳は許せない。

どうかこの、自分たちにとって危険な嘘を鵜呑みにしないでいただきたいです。

美形に弱い人たち


それにしても華流ドラマ、政府が英雄化したい人物についてイケメン俳優を使うのは汚いですね。
韓流も同じ戦略をとっていますが、日本人が男女とも“美形”に弱いのを熟知してプロパガンダに使っている。

日本人左翼が曹操について行っている美化戦略と同じです。
つまりプロパガンダに美形を使うのはもともと左翼の十八番。
いわゆる「喜び組」というものですか。

美形を好きになるな、とは言いません。
逆差別で、美人叩きが始まったらそれはそれで恐ろしいものがあります。

要するに美醜どちらにしても容姿に関わらず、人の中身を見てほしいな……と願うだけです。

歴史モノで言えばフィクションの創られたキャラクターではなく、史実を見てほしい。
何が史実で、何が人の本質なのか、ということもまた難しいテーマなのではありますが。
せめて表面だけではなく心を見る努力をしてください。

司馬懿はイケメンだったか


ここでタイトル疑問の回収です。

「司馬懿はイケメンだったのかどうか?」について回答。

はっきり言って、私は知りません。
知るわけがない。笑

記録上で美形という噂も聞いたことがありませんね。
イメージとしてはあまり美形の感じはしませんが、どうだったのでしょうか?

実際、どうでもいいことです。はい。

司馬懿にしても、遠い未来でイケメンだったかどうかを語られるなど気分が悪いことでしょう。失礼しました、仲達さん。

「容姿が良いから好きになりました」
と言うことは、いかに美人さん相手であっても激しく失礼なことです。場合によってはセクハラに該当します。
まして勝手な想像で「美形っぽいから好きです」と言われたら絶望するでしょう。

たとえば私だったら、(…ナルシス発言して申し訳ないですが)現代現実である程度言われ慣れているのでセクハラ発言もスルーできます。
ですが、実際に面と向かって
「性格どうでもいい。あなたの顔だけ好き」
と言われると傷付き落ち込むものです。若いときは特に。美から離れた今なら喜びますけど。

「人間は見た目だ」
と言って良いのは、私のかつての主人や今の上司のように、一瞬で相手の人格本性まで見抜く超能力を持つ人だけ。
そんな能力のない我々は見た目に囚われず、じっくり言動を観察して相手の本質を感じ取るよう心掛けなければなりません。それが結果として、我々自身をプロパガンダから守ることになります。
関連記事
My profile

Author : 吉野 圭

→プロフィール・お奨め記事

【お願い】
当ブログの記事を気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)

記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

検索フォーム

Translate,翻譯

過去ログ v Co リバース

管理者 別サイト

現在位置

トップ > 三国志、歴史|隆中譚 > 司馬懿はイケメンだったのか? 見た目に弱いと騙される

このブログはPG12です。→保護者の方へ

メモ帳

【別窓で開く】