我傍的、ここだけの話

吉野圭のプライベートブログです。『我傍』裏話や前世、軽めの話+占星術
 メニュー・新着

-

INTP・フクロウ型「非凡な知性を持った研究家」でした【MBTI結論】

色々整理したくなり、このブログ記事も整頓中です。
たとえば不要になったお知らせ記事などは削除。明らかにジャンル違いな記事は別館へ移動… 等々。

特に誤りが多くて修正の必要性を感じているのは、性格診断系の記事です。
心理学の専門ではないので、いつも暇つぶしに受けた診断をメモ代わりに引用しているだけなのですが、何故かこれらの記事のアクセス数が圧倒で高いという。世間で需要があるらしい。

最もアクセス数が高いのがMBTIの記事。
以前から自分でも疑問に思っていた、INTJというテスト結果はやはり修正の必要性があるようです。

MBTI決定版に巡り合う


今回、良質なサイトに巡り合って結論が出ました。
こちらのサイトは決定版と言って良さそう。心理学の基礎を踏まえ、MBTIに関する世間の迷信を排除した詳細な分析です。私もようやく納得がいきました。

2021/5/29現在 筆者結果:
『yoshi』の性格タイプ/
非凡な知性を持った研究家
フクロウ型
(INTP-メインスキル思考力)
*あなたはフクロウ型の中でも、思考力に特徴を持っているフクロウ型ですので、メインスキルは、『思考力』になりました。

intp3.png
yoshiさんの属しているフクロウ型(INTP)は、多くのIT長者や偉大な学者が属していると推測されるタイプであり、全動物タイプの中でも最も高い知性を持っていると言われている研究者のようなタイプです。…多くの理論や発明が、このフクロウ型の高度な思考力によりもたらされていることは言うまでもないでしょう。…
フクロウ型は天才と言われることが多いかもしれませんが、それと同時に孤独を抱えることになるでしょう。また、コミュニケーション能力が低いことも多いので、他人の気持ちを理解できず空回りをすることも多い欠点を抱えています。

16TEST 精密性格診断テストより ※一部有料 このリンクはアフィリエイトではありません

偶然にも先日の「フクロウ」話と重なったため感動です。
こういう偶然の一致は面白い。シンクロニシティですね。

>天才並みの思考力

はいはい。天才天才。ありがとう。
リハビリで慣れ、笑。慣れつつあるのが我ながら怖いです。何度も書きますが、実際はそれほどでもありません)

>コミュニケーション能力が低い

ここは当たりです。

最も腑に落ちたのは以下の解釈。
INTPの特技は、発生した問題の根本的な原因や矛盾点、および欠陥を素早く特定すること。そして彼らは、これらの問題を解決に導く戦略的で斬新な計画、および最適な解決策を速やかに構築し、それを遂行することができますし、状況に応じて柔軟に変更を加えることもできます。…

彼らは“世界”を理解するために、常に頭の中では独自の理論や枠組みを作り出しています。つまり難解な問いは常に彼らの中に存在していて、それは彼らを語るうえでは欠かすことができないピースなのです。

そんなINTPが愛するのは、アイデアや理論を練り固め、そして昇華させる知的な討論。INTPは他のNTタイプと同じく、常識とされている見方を疑問視し、再考して、独自の答えを出すことを好みます。そのため彼らは、物事を額面通りに受け取ることを非常に嫌悪します。

INTPの性格を理解するために
その通り。
常にずっと何度でも、頭のなかで考えを反芻しています(このため非常にカロリーを消費して疲労します)。
まあ他者から見たらくだらない考えであるらしく、興味を持たれることはありませんが。
思考の結果、生み出した“枠組み”も独自過ぎるのか他人に理解されることはほぼありません。

あとこの欠点は的確過ぎます。
「批判」や「皮肉」に向き合う、理解されないINTP

INTPとは、浮世離れした思想家です。そのため、彼らは多数に迎合もせず、協調もしません。そして彼らはわざと波風を立てるように、立場を問わず、真っ向から異議を申し立てたり、批判をしたりします。

INTPには、誰かを害したり傷つけたりするつもりは一切ありません。彼らは状況を分析し、問題が起きた原因を追及し、改善するよう促しているだけで、他意があることはまずあり得ないのですが、そんなINTPのスタンスに周囲が理解を示すケースは稀です。大抵の場合、INTPは周囲の人々の反感を買うことになるでしょう。

そして周囲がINTPに対して怒りはじめると、INTPは自らが発した言葉に対する周囲の過剰反応にしばしば驚き、周囲の感情的すぎる態度を「浅はかである」や「理性的でない」などと、面と向かって罵倒し始めるでしょう。それによりINTPは破壊的な衝突を招くことがあります。
まさにこの通り……。
現在現状で、いつもやらかしていますよね。

申し訳ない。平謝り。
迷惑かけていることは分かっているのですが、アイディアを提供しないで死ぬのは嫌なので譲れないのです。
常に本当のことを言っているだけで他意はありません。
なのでINTPに対する正しい対応は、彼らの言葉を額面どおりに受け入れることです。彼らの言葉には隠された意図などありませんし、彼らは誰かを傷つけようともしていません。INTPの言葉は、状況に対する正直で正当な評価でしかありませんので、変に勘ぐったり、深読みをしないほうがいいでしょう。
そうしていただけると、非常にありがたいですね。
でも「額面通り」言葉だけを受け取る人はほとんどいない。
勘繰り、深読みされてばかり。
嘘をつくことが苦手過ぎるので、逆に勘繰られてしまうのでしょうか。

最後に衝撃的だった解釈がこれ、
INTPは何よりも公平性と正義を強く信じており、すべての決定は合理的であるべきだし、それでいて人間としての道理に従うべきであると考えています。
ああ……「合理=道理」! 自分以外の文章でこんな言葉を見かけたのは初めて。
義や公平性は人間の道理と等しい・そうでなければ義でも公平でもない、ということを何度も言って来たが、信じてもらえることは稀。
見知らぬ他人に初めて理解してもらった想いです。感謝。

INTJと混同された理由


他サイトでINTJと診断されてしまったのは、こちら「後天的に身に付いた意識の方向」のせいであるようです。
意識の方向は、yoshiさんの意識が主に自分の方向に向いているか、社会の方向に向いているかを意味しています。自分の方向に向いている内向型は創造的、社会の方向に向いている外向型は社交的である傾向にあります。
intp2.png
最初、「判断(J)のほうが若干高い? これだと「INTJ」なのではないか…」と思ったのですが、
何故上記パラメーターとタイプが異なるのか?

上記のパラメータはあくまで傾向でありINFPタイプでもINFJの傾向が出ることがあります。これは本質的に分類されたタイプとは異なり、後天的に育んだ要素であると16TESTでは位置付けています。
なるほど。
そうではないかと思いました。
だから「INTP-INTJ混合型」で仕事によって使い分けている、と自分で感じるのでしょう。実際に使い分けている可能性もあります。

上サイトのINTJ解釈のなかに
合理主義な軍師気質のINTJ

INTJの性格を理解するために
とあって笑ったのですが、もしかしたら私は世間のイメージに自分から寄せて行こうとしていたのかもしれません。
これは今ではなくて、過去のことです。今は世間から受ける評価など皆無なので自然体でいられますが、過去の癖がそのまま残っているのかもしれない。
”狡猾な戦略家”なINTJタイプ…
「安牌」よりも「トリッキーな一手」で勝ちたい

INTJかもしれない兆候
などもそうでしょうか。
「トリッキー」どころか現実は「安牌」タイプですが。ずっと安牌を取りつつも、最後の一手で逆転したいという“憧れ”はあったのかもしれません。憧れと言うか、求められるからそう演じる義務感を持っていたのでしょう。

しかし、自分はINTJの有名人として例に挙がっているカール・マルクスらのタイプでは明らかになく、アインシュタインやユング、孔子(笑)のほうに共鳴します。
同じ「INT」なのでどちらも合理主義ではあるのですが、
「理想を現実で実現する」のではなく「現実のほうを理想に近づける」
(善悪反転、嘘をついてでも事実を歪めて変えようとする)
ということは自分には絶対ない。これをやったらおしまい… それこそマルクスの思想がもたらした地獄の結果になってしまいます。

私は、理想を現実で実現しようとあがくほうですね。当然ながら現実の壁は高くて叶わず苦しむことになるのですが、嘘を唱えて現実を歪めようとするより圧倒で報われるはずです。

この辺りがINTJとPの根本的違いかもしれません。僅かな違いだが、結果が大きく異なります。

ただしINTJの感覚過敏や繊細さで暴走したりするという解釈は共鳴します。きっとNTとして劣等機能が同じなので、弱点も似ているのでしょう。

【上サイトで参考になるページ】INTJとINTPの違いについて

まとめ


以上で結論とし、MBTIの記事は最後とします。

私のベースは「INTP」ということで間違いなさそうです。
過去では職務上、計画立案する必要がある・トリッキーな軍師キャラを求められる 等々で、INTJらしい振る舞いが身に付いたということでしょう。
水瓶座の解釈だと不思議とINTJとP、どちらも当てはまるのですが、Jの「野心がある」ということだけ明らかに水瓶座とは違いますね。

(水瓶座は不動宮のためJではないか?というご意見もおありでしょう。しかし、たぶん星座の三区分はそういう表面ではなくもっと精神的、根本の性質だと思います。たとえば水瓶座の人は工夫好き、発明好きが多いのですが、自分の発想に関しては頑固で譲りません)

余談 標本としてこの結果を掲げる


今またこのような性格診断の記事を上げるのは、相変わらず誹謗中傷されている“彼”の真実を伝えるためです。
最近ますます膨大な貶めの記事が書かれ、歴史捏造学者の書籍までたくさん出版されて、史実と全く違う人物像をばらまかれています。それこそ「INTJ」を悪く解釈したかのような、悪役戦略家のイメージを捏造されている。幼稚園児かと疑ってしまうほど知的レベルの低い者たち。例→久々に恥三を見てまた酷くなっていることを実感しました

私と彼との結びつきを信じる人はほぼいないでしょうが、あの嘘つきたちだけは嫌がらせで今の私と結び付けて悪口に利用する可能性があります(例の嘘つき犯罪者たちは、悪用できるものなら何でも使うので)。だからせめて性格診断などの情報くらいは正確なものを上げておきたいと思う次第です。
本音を言えば、私自身は今それほど自分の性格診断に興味は無いです。さすがにこの年齢ではもう、どんな結果が出ても似たようなものですね。今さら自分の強みを知ったところで役立てる時間がありませんし、笑。
だから全ては未来の人のため。真正な文化を伝えるため。

★少しだけ続きの話。別館を更新した件>>三国志史実キャラクター論、思いがけず筆が乗りました(+デスノートとMBTI)

関連記事
My profile

Author : 吉野 圭

→プロフィール・お奨め記事

【お願い】
当ブログの記事を気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)

記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

検索フォーム

Translate,翻譯

過去ログ v Co リバース

管理者 別サイト

現在位置

トップ > 心理テストや体、脳のことなど > INTP・フクロウ型「非凡な知性を持った研究家」でした【MBTI結論】

このブログはPG12です。→保護者の方へ

メモ帳

【別窓で開く】